head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

03/04/10

サッカーが好きでよかった。

セレサポが行った募金のニュースが公式にあがっている。

CEREZO OFFICIAL

【10/03/02】「サポーターズコンベンション2010」での募金について【ご報告】

去る2月28日(日)に行いました「サポーターズコンベンション2010」に、たくさんの皆様にお集まりいただき、心より御礼申しあげます。
また、同日たくさんのサポーターの方々に今シーズンの開幕戦で対戦する大宮アルディージャの塚本 泰史選手への募金にご協力いただきましたこと、重ねて御礼申し上げます。
なお、ご寄付の総額113,943円となりましたことをご報告させていただくとともに、弊クラブが責任をもって大宮アルディージャを通じて塚本選手にお渡しさせていただきます。


さっかりんにも塚本泰史選手支援活動のページができていた。こういうのがサクッとできるのがJリーグの、日本のサッカーのいいところだと思う。

Yahoo!にもニュースが出ている。

Yahoo!


<J1大宮>闘病支援基金を設立…骨肉腫と診断の塚本支える

 J1大宮は4日、右大腿(だいたい)骨の骨肉腫と診断されたDF塚本泰史(24)の闘病を支えるため、「アルディージャ後援会 塚本泰史選手支援基金」を設立することを発表した。3月のホーム戦会場で寄付金を受け付け、大宮の選手も協力を呼びかける。基金の一部は同じ病気で苦しむ人のためにも使うという。塚本は「精いっぱいの努力をして、皆さまの前で『ただいま』と言える日を夢見て頑張ります」とコメントした。


もう塚本の「ただいま」を待っているのは大宮サポーターだけではない。セレサポだって、他のチームのサポーターだって、そして同じ病に苦しんでいるたくさんの人達だって、彼がこの病を克服し、NACK5に現れることを待っている。この動きは、こっちでももう少し追っていきたい。

DSC_04530101.jpg


posted by 西中島南方 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/10/10

家長移籍に関してお隣さんがサイコ状態に。

こんにちは、ピン芸人、西中島です。最近精神安定剤をツマミにJ.B.Antenna-G大阪を巡回しております。

お隣さんサポにとって家長というのはウェルタース・オリジナルをあげたいくらい特別な存在だったようで(過去形なのは多くのサポさんが「過去の人」と言ってるから)、ウチへの移籍は我慢ならんようです(ヒマがお有りの方はブログを回られてはいかがかな)例えるとこんな感じかなぁ。


私はガンバ大阪。昔は目立たない子だって言われてたけれど、今はミスコンを総なめしちゃうくらいスゴイんだから、才色兼備って言うのかな?趣味は外国の彼氏を作ること。だいたい略奪愛?みたいな感じかな。最近は中東の子に横取りされちゃう事もあるけれど大丈夫。また他の男見つければいいから。

きっちり本命の男子もおさえてるのが私らしいところ。幼馴染の家長くんって言うんだけど、小さいときから勉強もできてスポーツ万能のエリートなのね。

ただちょっとウチのパパ(あきらって言うんだけど)とすっごく仲が悪くて、最初に一緒に食事した時はさすがの私も緊張しちゃったあ、すごく険悪?なムードでさ。パパに「もう少ししっかりしてもらえないとウチの娘はやれない」とか言われちゃったし。パパ頑固者なのよね。

でも家長君って努力家だから、必死に頑張ったみたい。部署(ポジション)が異動になっても、違う会社(トリニータって言ったっけ?すっごく遠いところにあったから遠距離恋愛大変だった〜)に出向になっても努力してたもん。大怪我しちゃった時は大丈夫?って思ったけど、また本社に戻ってきたの、やっぱり才能ある男子は違うわね〜。

で、最近久しぶりにデートしたんだけど、様子がおかしいのよね。なんか上の空って感じでさ。あ、これは浮気してるなってピンと来た。カンは鋭いほうなのよ。案の定すぐに二股かけてるのが判明。

ところがその相手がわかってビックリ。セレッソ大阪だったの!!

セレッソってさ、私と違って性格ブスって言うの?それが外見にも表れてるって感じ、どこかイケてないのよね。「大阪」って名前が一緒ってだけでもイラッとくる!青と黒?私だけ?みたいな。最近「私モテ期に入ったみたい〜」とか言って見境無く男に声かけててさ。上本君に高橋くん、松井くんに茂庭くん、それに家長くんの先輩の播戸さんまで!年下の清武くんとも付き合ってるってウワサだし、なんかすごく節操無い感じよね。

それにひっかかる家長くんも家長くんだと思ってさ、デートした時に問い詰めたの!そうしたらなんて言ったと思う?

「ガンバのことは大好きだよ。でも今はセレッソといっしょに時間を過ごしたいんだ」だって!!

はあっ!あんた何様!?

私は保険?セレッソみたいな女の保険なわけ?本気で言ってるの!?理解できないんですけど!?みたいな!?

もういい、もう我慢できない!私はガンバよ?あんたにどれだけ手間ひまかけたと思ってんの?パパとそりが合わないとか、そんな理由で乗り換えるとか信じられない!もうブスと一緒に仲良くしてたら?


うーん、我ながら我ながらの出来栄え。

でもさ、サポの気持ちも判るよ。すっごく大事にしていた人と感覚的な距離が遠くなるのって辛いよな。まあ、そういう時もあるよ。酒飲んで屁こいて寝よ。インケツな時はそれに限るわ。
posted by 西中島南方 at 20:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/22/08

ヤナギ再就職オメ!

 セレスレ見たよ。ヤナギの再就職先がサガン鳥栖に決まったみたいだ。自分も今年転職でフラフラだったから、新しい職場が見つかった時の安堵感はなんとなく判るよ。

DSC_303301.jpg


 ヤナギが切られた理由は、多分右サイドバック一筋だった(ちょっと前の言葉を借りるならポリバレントではなかった)ところなんだろうけれど、専門職というのはどこのチームにも需要はある。今度はサイドバック一筋というのを評価されての契約なんじゃなかろうか。切られた理由も雇ってくれた理由も同じというのは面白いね。


 でもこれで来年も元気に右サイドを駆け上がるヤナギが観られるんだね。ユニフォームの色が変わってしまったのは、それは悲しいけれど、好きな選手が元気だと自分も元気になったような気になる不思議。絶対頑張ってね。
posted by 西中島南方 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/13/08

仙台胸張って帰ってこいよ!

お前らは力いっぱいやった。
全力で戦った。

ダラダラと休日を過ごしていた私が
固唾を呑んで見守ってしまったくらい、
素晴らしい情熱と闘志を持って、
常勝軍団とうたわれたチームを
後一歩、あと少しというところまで追い詰めたんだ。
それは恥ではない、むしろ誉れだ。

胸張って仙台に帰れ、
そして来期の昇格に向けて英気を養え。

来期はセレッソも力を入れるはず、新外人のリストアップ、
戦力補強は確実に進んでいる、はず。
だから今年みたいなへまはやらかさない、はず。
ま、とにかく確実に強くなって、お前らの前に立ちふさがってやる。

ただ今日は、この日だけは、胸張って帰って、
疲れを癒せ。あんなゲームばっかりじゃ体がもたないだろ?んじゃな。

DSC_997101.jpg
posted by 西中島南方 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/12/08

まあ、おめでとうくらい言っとくか。

 お隣さん、ACL優勝おめでとうございます。いっそ名前をガンバ・アジアとかにすればいいのに。親会社もアジアにこれだけ拠点あるんだしさ。そうだ!スタジアムも海外に…、モニョモニョ…。


 それにしても酷いのは関西のテレビ。生中継はBSだから仕方が無いとしても、地元のテレビ局の放送が深夜番組優先で開始26:51〜ってなんじゃい。阪神が優勝するよりはるかに難しい仕事をやってのけた連中の努力を無視するのはいい加減にしてやってほしい。サポーターも大阪から400人くらい行ってるってのに、それを楽々スルーは有り得ないぞ、普通に考えて。


 まあ、ものの価値の判らん連中は、この際ほっとくか。オーストラリアは美味いもん無いらしいから、さっさと大阪に帰ってきて、行きつけの店でいい酒でも飲んでろ。モリシが監督になって、シンジがもっと成長した時には、チンチンにしてやんよ!

DSC_628501.jpg
posted by 西中島南方 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/19/08

さよならジョブホッパー。

 私とカレカは、ちょっと似ている。職場をひょいひょい変えてしまう所なんかが似ている。ヘタレなところも似ているかもしれない。そのくせ少しいいことをすると鬼の首をとったように喜ぶところなんかも、恥ずかしいけど似ている。なので私はカレカに対してボッコボコに書くことが出来ない。

 よりにもよって、僅かの間とはいえ在籍していた「古巣」セレッソに対して、彼は弓を引いた。それで満足したのだかどうだか知れないが、もう次の仕事に就くようだ。でも人のことは言えんのだよな、こっちも転職したてだし、でもあまり適応していないし。カレカを悪く書くというのは、回りまわって墓穴を掘るのと同じことなんだよな。ははは。


 でもまあ、僅かの間でも居てくれた人間だから、まあボチボチやってくれればいいかなという感じ。もうあんまり会う事も無かろうが、気負わず普通に頑張っちゃって下さい。お互い仕事が長続きするといいな。そいじゃな。

DSC_108701.jpg


 この写真も貴重なものになるのかね…。ならねーか。
posted by 西中島南方 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

06/24/08

久しぶりにクロちゃんの話でもするか。

 この話いつしようかと思っていたんだけれど、本当は明日書いたほうがいいかもね。でも釘を刺すのなら今日書いたほうが意義があるので、今日書く。例のクロちゃんとこの話。


 少し前、クロちゃんとこの関東支部の人達が浦和の人達に水風船やら何やらを投げて一悶着を起こした。Jリーグは試合の主催者だった浦和に2000万、騒動を起こしたお隣さんに1000万の罰金を加えた。同時に自浄を求められたお隣さんはこういう文言まで出してクロちゃんとこへの制裁を発表した。私の知っているのはこれだけ、多分普通の人と大差ない。

 ここでお隣さんの手際を評価している人がいるけれど、もう少し出来たんではなかろうか、というのが個人的感想。


 それは勿論以前こういう騒動を目の当たりにしているから。少なくとも2年前からクロちゃんところは「そういうことをする集団」だったわけで、そこから何も改善されていなかったんだ(日本平でも何かしてたらしいけれど当事者ではないからこれはパス)お隣さんはこういう重い処分をしなくてはいけなくなるまでクロちゃん達を放っておいた。それはあまりいい事ではないよね。放任するだけしといて、何かあったら強制解散というのは、ある意味浮かばれないし。


 その一方で、当然クロちゃん達も猛省しなくてはいけない。何せ自分達のせいでクラブから1000万もの大金が出て行ってしまったんだから。構成員が何人いるか知らないけれど「カンパして何とかする」レベルのお金ではない。「スタジアムが危険だから」と観客動員が減れば、それもクラブ運営への打撃になる。サポーターはクラブをサポートするのが本懐なのに、クラブに有形無形のダメージを与えた。これは恥ずかしいよ。


 で、注目したいのは。明日クロちゃん達がどこにいて、何をしているか。厳密に出入り禁止を言い渡されたのは東京支部の二人だけで、クロちゃん達は解散こそすれど個々人のレベルではスタジアムへの出入りを規制されていない。つまりスタジアムに来ようと思えば来れる。普通に考えるなら自粛、というところだけれど、もし反省もなくスタジアムに来るとなれば、それはそれで難儀な事だ。


 至ってベタなオチだけれど、何かしら皆が容認出来るまで、クロちゃん達は大人しくしていたほうがいいと思う。サッカーが好きなのは判るけれど、大手をふってスタジアムに来るのなら、こっちの方が近道だからね。


 ところでガッカリしたのは2ちゃんの反応。今までさんざっぱらクロちゃん達の先導にのっていたくせに「いなくなってせいせいした」は無いよ。勿論厳密に言えば当事者ではないんだろうけれど、これはクラブ全体の問題なんだから、他人のふりもないもんだと思う。そういう体質なの、お隣さんて?少なくとも一昨年のダービーまでは一丸になってるなって気がしてたんだけれどね。

IMG_061501.jpg
posted by 西中島南方 at 21:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

03/12/08

サポートは無駄なのか。

 よくしたり顔で

「サポーターなんて所詮自己満足したいだけのマスターベーション野郎だ」

 と言って頂けることがある。その時絡むと必ずあまりいい状態にならないので

「あー、ソッスねー」

 くらいで話を切るようにしている。でも、曲がらないものは曲がらない。そうしてここまで来たんだから。

DSC_668301.jpg


 本当のサポートは決してマスターベーションではないと、私は思っている。さいたまでのアウェーゲームを平常心で戦える人間がどれだけいるか。甲子園に来た阪神以外の球団の選手達は伸び伸びとプレーができているか。はたまたマラソンで沿道にいる人々の声援と小旗がどれだけランナーの励みになっているか。日常生活でも他人の何気ない一言でどれ程救われたり、落ち込んだりするか。サポートとはそういうものの延長線上にある行為だ。だから選手に通じていると信じているし、そういうものでなければいけないと思う。


 今回のホーム開幕戦。多分J2としては不相応なくらいいろいろと仕掛けが用意されている。ゴール裏などではサポーター有志がボードを配るなどするそうだ。チームが私達にかけた期待と果たすべき義務はそれ程に大きくなっているのだと考えている。


 個人的な感情を持ち込んで悪いけれど、今度の開幕戦はマスターベーションではない本物のサポートがしたい。普通の人も巻き込んでしまうような、スタジアムの空気を変えるような、試合の結果さえ変えてしまえるような、それ程のサポートがしたい。それを見せつけてやろうじゃないか。
posted by 西中島南方 at 00:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

02/21/08

ウサギ年に悪い奴はいないって知ってるかい?

 ブログリニューアル早々お隣さんの選手を褒めることになろうとはおもわなんだ。ただあれだけの目にあって、それでもつとめて明るく振舞っているあの安田という男は、多分いいやつだ。まだ体が痛いってのにこれだけのことを書けるのは、そういない。

 エントリを読んでウサギ年と知って納得がいった。ウサギ年は変わり者だけどいい人が多いのだ。私とか娘とか。

DSC_061701.jpg


 それから、ウサギ年は運が強いから、多分ケガは大丈夫だ。そういうことにしておけ、そうなってくれ。なんか少年漫画みたいなフレーズだけれど、ウチが倒すまでは倒れずにいてほしいと切に願っているぞ。あと今晩は満月だから、ウサギが綺麗に見えるピョン!
posted by 西中島南方 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/08/07

原点。

 天皇杯の初戦、大抵下部リーグのチームと当るのだけれど、その度に考えてしまうことがある。それは、本当に今のチームが愛せているか、愛情表現がちゃんと出来ているか、ということ。

DSC_437201.jpg


 昨日のホンダロック戦でも、2年前のホンダFC戦でも、私個人の主観で言うなら、そしてこと応援という一側面だけに限定するなら、正直完敗だった。

 勿論失うものなど何も無い強さ、失うものを守りたくなる弱さというのはある。サポーターにもなんとなく力が入らず上の空というところが出てしまう、それは仕方が無いのかもしれないけれど、何とか出来るなら何とかしたい。

 最初ホンダロックの応援団がSBアウェー側に陣取った時、彼を見て私は笑っていた。

DSC_4348001.jpg


 そう、赤くて3倍早くて、その上コールリーダーまでしている少佐。

DSC_4348002.jpg


 イロモノにも限度があって、彼は明らかにスレスレだった。そんなユーモラスさを、つい笑ってしまったのだ。

 彼以外にも珍客はいた。

DSC_4552003.jpg


 ところどころにゴレンジャーがいるのがお分かりいただけるだろうか?彼らもまたスレスレだ。

 それでもホンダロックの応援団は彼らに乗せられるかのように、声援を送り続けていた。スレスレでも認められていたようだし、それどころかリード役として存在しているかのようだった。

 それは多分彼らのユーモラスな風体の中に、熱いサポーターとしての魂があったからなのだと思う。もしそうでなければ、こんなに一所懸命に応援したりしないだろう。

DSC_4634001.jpg


 私は彼らに詫びたい、彼らこそサポーターの見本だから。どんなになっても、どんな姿でも、チームを愛する強い意志を示し続ける、それこそが本当のサポーターだと思うから。


 もう水曜には天王山、札幌戦が待っている。その時は彼らのように、明るく、熱く、激しく、チームを盛り上げなければいけない。チーム、フロント、サポーター、三位一体出なければ、札幌は倒せないはずだから。
posted by 西中島南方 at 10:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。