head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

05/31/06

はてさてドイツ戦。

 勝てた試合かもしれないし、負けていたかもしれない、なんとも言えない試合でしたが、負傷者が出た事を除けば、満足出来る試合でしたよ。というのも、この試合における日本代表の最重要ミッションが、相手より1点でも多くとることではなく、ワールドカップ本大会に出場する「本気モード」の強豪国相手に、どこが通用して、どこが通用しなかったかを確認することだったからです。


 まず、通用したところ。早いリズムでのパス回し。ドイツの守備が高い位置まで上がっているのにズブいという状態だったのも手伝ってはいましたが、ワンタッチのパスを繋げると、このレベルでも後手を踏む。これが判っただけで自信になる。サイドに流れて相手をつり出してから中の選手に、という形もいいチャンスを作れてた。

 それから不安視されていたFW陣が案外いけていたのも、大きな収穫。高原は勿論良かったんですが、柳沢の親和性というか、そういう部分が良く出ていたように思います。どのタイプのFWと組んでも相手の長所を引き出せる、改めてその稀有な能力を確認できました。

 大黒だって二度有った決定機を決めきれなかったものの、少なくとも裏への飛び出し、一瞬の瞬発力が有効なのは掴めました。二つ目、中田英の折り返しを流し込もうとして相手DFに潰されたシーンはレフェリーによればPKかもしれないですしね。玉田に関しては、まあ次(マルタ戦)に期待という事で。


 反面フィジカル勝負になるとキツイなというのは、もうどうしようもないですね。私が宮本を批難すると必ずガンバサポから反応があるんであんまり書かないようにしているんですが、やはり何か書きたくなる出来でした。もし中澤が好調ならカバーも出来るんでしょうが、単純な1対1の競り合いは辛い。

 まあだからといって空中戦に強いDFばかりを並べろなんて事は言いません。宮本にしたって求められているものは別の部分、チームをまとめる能力や試合の流れを読む力だったりするわけですから。中田英だって、ああやってがなるのは宮本が「打てば響く」存在だからなわけですし。今のチームは宮本のチームですよ。


 そして最後に、何よりまだまだと感じたのは、チームも外野も「善戦」で満足しているところ。書き始めと矛盾するかもしれませんが、2点リードを追いつかれのドローなんですから、浮かれるより前に、まず何がいけなかったのかを検証するのが先でしょう。そして次に負傷者の穴をどう埋めるかを考える。「いい試合だったよね」と言うのは、それからでしょう。三都主がコンフェデのブラジル戦を振り返って「(同点に追いつかれて)慌てるセレソンを見れて面白かった」なんて言っていましたけれど、「面白い」なんて言えるのはリードしてからじゃないですか。


 次のマルタ戦は、いわば勝利する為のメンタリティーを確立する試合。ドイツ戦とは毛色が違う試合です。この試合は必ず勝って、心身ともに万全の体制で本戦に臨んで頂きたいです。


 


posted by 西中島南方 at 23:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予想より悪い。

 ドイツが一軍半の選手を起用するという話が有ったのと、夜中なのにディレイ中継だった事に脱力してしまって、ドイツ戦はまだ観てません。今日の夜には記事を書けるかな。


 ところでその代表なんですが、不動の右サイドだった加地がドイツ戦で負傷退場。田中誠も怪我が思わしくなく茂庭が緊急召集と、今になってかなりバタバタしていますね。田中誠の代役は過去の実績や経験から松田しかいないように感じるのですが、チーム力の維持よりジーコの意地の方が大事なんでしょうか?いや、そんな事は無いでしょう。チームの和を考えての茂庭召集だと思いましょう。きっとそうだ。

 しかし今回の件で今の代表の編成に欠点が有る事がはっきりしましたね。

 攻撃的なプレーヤーには複数のポジションがこなせる選手がたくさんいます。例えば中田英なら、トップ下とボランチ、小野ならそれプラス左サイドが出来る。柳沢もイタリアでは右サイドだったと聞きます。

 その反面守備陣は融通の利く選手が少ないんですね。中田浩と福西くらい。福西はボランチだろうがリベロだろうがセンターフォワードだろうが出来ますが、今のチーム事情を考えると中田とのダブルボランチを解消するわけにはいかない。

 そうなってくると3バックの中央は宮本しかいない。万一の事が有ると代替がいないというのは、かなりアンバランスです。


 その原因はユーティリティープレーヤーよりもスペシャリストを重用するジーコの考え方です。一つのポジションに二人ずつ、という考え方自体そんなに悪い事だとは思わないんですが、今回は出目が悪すぎました。


 もし加地までダメと言うのなら、追加召集する選手はレッズの山田のような、複数のポジションがこなせるプレーヤーがいいと思います。何が起こるか判らないワールドカップ、不測の事態に備える事も大事ですよ。


 
posted by 西中島南方 at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/15/06

勝手にB代表を作ってみた。

 どこのブログも代表決定の話題なんで、わたしゃわたしなりの記事を…。


 選ばれた選手達は、これから「国家、国民の代表」というとんでもないプレッシャーの中、闘いに向わなくてはいけない。それは大変なものだと思う。私がそんな立場ならトンズラこくだろうね。

 でも、もう一方で、彼等と匹敵、若しくは凌駕する実力を持ちながら、チーム編成や監督の考えから、代表に選ばれなかった選手も数多くいるわけです。若い選手なら「次の大会には絶対…。」と、それを糧にする事が出来るかも知れませんが、今が絶頂期の選手達はどうでしょうか…。


 という気持ちも込めつつ、選ばれなかった選手達で勝手に「日本B代表」を組んでみました。

GK(3)

曽ケ端 準(鹿島)
櫛野 亮(千葉)
下田 崇(広島)


DF(5)

岩政 大樹(鹿島)
田中 マルクス闘莉王(浦和)
箕輪 義信(川崎)
茂庭 照幸(F東京)
松田 直樹(横浜FM)


MF(10)

長谷部 誠(浦和)
小林 大悟(大宮)
阿部 勇樹(千葉)
佐藤 勇人(千葉)
坂本 將貴(千葉)
今野 泰幸(F東京)
田中 隼磨(横浜FM)
鈴木 慎吾(新潟)
藤本 淳吾(清水)
松井 大輔(仏 ル・マン)


FW(5)

永井 雄一郎(浦和)
我那覇 和樹(川崎)
佐藤 寿人(広島)
大久保 嘉人(西 マジョルカ)
平山 相太(蘭 ヘラクレス)


 サイドバックの人材は枯渇しているんで3バックで固定、一芸の有る人、可能性の有る人、見ていて楽しいプレーをしてくれる人優先で選びました。スタメンはこんな感じかな。

Field-B-japan.gif


 しかしDFは情熱的な選手が多いなぁ。カードはたくさん出るでしょうね。

 このチーム、どう思います?「このチームの方が強いぜ」という方はドシドシ異論反論をぶつけて下さいな。


 
posted by 西中島南方 at 21:28 | Comment(3) | TrackBack(2) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/10/06

うろ覚えのブルガリア戦。

 同じ温度で熱せられた鉄は、上手く打てば強い鋼になる。強い鋼は強い刀になり、侍の力を存分に引き出す。

 だがもし、鉄の温度がバラバラならどうなるか。いくら打っても強い鋼にはならない。見栄えがする刀になったとしても、ちょっとした衝撃にも耐えられない脆い鈍になるだけだ。


 今の代表は、ひょっとしたらそんな風に作られた鈍刀なのかもしれない。中澤から強いボディコンタクトを抜けばどうなるか、川口からコンセントレーションを抜けばどういうことになるか。

 しかしそんなプレーを、私は単純に否定する事は出来ない。四年に一度のワールドカップ、その直前に怪我をすれば今までの苦労が水の泡になる。ひょっとしたら最初で最後の晴れ舞台になる、そういう選手も少なくないだろう。弛んでいるとか、怠けているとか、そういうものとは異質の気持ちが、彼等を萎縮させたのだと思う。本戦ではきっとそれなりにやってくれるだろう。そうしてもらわなくては困る。

060509maki.JPG


 その一方で、当落線上の選手は必死にアピールしていた。こちらは純粋に喜んでいいところだと思う。巻の"ラボーナもどき"は多分たまたまだったろうけれど、強いゴールへの意思が生んだプレー。玉田も昨日はよくボールに絡んでいた。寿人は
寿人でらしい飛び出しを見せていたし、長谷部もいいシュートを一本放っている。もし仮に「何か」が起きても、層はそれなりに厚い(けしてどんぐりの背比べと言う無かれ)。

060509sato.JPG


 長居で観戦された方たちには悪いかもしれないけれど、この凡戦は多分に予想されたものだった。多分次の試合もこんな感じだろう。きっちりと本戦に調子を合わせてくれるならそれでいい。どの試合もムチを振るっていたら、肝心の直線に入る、その前の4コーナーで刺されてしまう。今は別に「ちゃんとサッカーをする」必要は無い。本戦があれなら呆然とするだろうけれど、とりあえず信じよう。


 ところで…。
posted by 西中島南方 at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

02/13/06

今さらながらアメリカ戦。

 得失点シーンのダイジェスト映像しか観ていないから、たいしたことは言えないのだけれど、失点の映像をみていて大体何がどうなって負けたのか察しがついた。

1ク点目01.JPG


 ボールをもらった3番(ダニバント)は小野が見ているのだけれど、とりあえず様子見という感じで、そんなに激しく行っている訳ではない。

1ク点目02.JPG


 ボールホルダーにこれだけの時間と空間を与えれば、たとえバックラインといえども何かしら仕掛ける事が出来る。


 これは別に小野が悪いわけではない。3-6-1の2列目というポジションがしなくてはいけない仕事と、小野ができる仕事が全く別だっただけ。シェフがウェイターをするようなものなんだと思う。「使う」選手が「使われる」位置にいて仕事ができるだろうか。


 ところで3-6-1といえば去年のセレッソやガンバがとっていたシステム。

Field-2005.gif


 西澤、森島、古橋のセレッソと大黒、アラウージョ、フェルナンジーニョのガンバ、性格の違うメンツではあるけれど、豊富な運動量とボールキープ力を持っている事が共通点になっている。この二つを欠くと後ろのプレーヤーはかなり厳しい。前線とバックラインが間延びして攻撃にも守備にも苦しくなる。丁度アメリカ戦の前半のように。

Field-2006-02-11-st.gif


 久保、小野、小笠原の3枚に運動量を要求するのはどうだろう?もし3-6-1に固執するならメンバーを代えたほうがいい。別にセレッソから誰か呼べとは、もう言わないから。

 今の代表メンバーでも3-6-1にマッチするプレーヤーは沢山いる。大黒、柳沢、巻、佐藤寿人。動きの質、量ともに申し分ない。3-6-1はサイドが脆いという人がいるけれど、2列目のチェイシングがしっかりしていれば、ある程度カバーできると思う。そんなに大きな穴とは感じない。


 久保の色をもっと強く出したいなら3-5-2なり4-4-2がいい。一瞬の爆発力を最大限に引き出すなら、それなりのバックアップがいる。少なくとも今の1トップでは良さが生きない。


 とにかく酷評が続くアメリカ戦ではあるけれど、失敗もまた貴重な経験。ドイツでそれが生かせるのなら、それはそれでいい。もちろんそういうフィードバックが出来るなら、というのが前提だけれど。


 
posted by 西中島南方 at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/16/05

アンゴラ戦はハンデ戦?

 なにか久しぶりに代表のエントリーを書く気がする。自分のところのチームから誰も選ばれていないからだろうか。


 「とりあえず」テレビ中継は見ると思う。でも多分退屈だと感じるだろうな。

 小笠原や加地や茂庭が怪我していても強行召集。来たところで怪我しているから何も出来ない。それでも追加召集しない。素人目にも「?」と写る。これほど今まで試せなかったプレーヤーを招集するチャンスはないと言うのに。

 センターバック、サイドバック、サイドハーフ。もう少し層が厚ければなと感じる所が有るのだから、こういう機会に試すのは悪い事じゃない。別にセレッソから誰か選べとは言わない、失敗してもテストマッチだしまだ許せる。でも、こんなところで消極的になっている姿勢は、あまり甘受できない。


 ところでこの試合、いつハンディキャップマッチになったのだろう。

ハンデ戦.jpg


 何度数えても10人なんだけれど…。視力裸眼で0.01だと数を数えるのも難しい。



posted by 西中島南方 at 12:47 | Comment(2) | TrackBack(1) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/13/05

東欧遠征まとめ。

 最近の代表の国内戦はどうも興業的な色が濃くなって、ショーを見ているような感覚に襲われる事がある。そこにいるのは調整不足のまま乗り込んできた欧州組と、彼ら有名選手見たさに足を運んだ「観客」だけ。そこに熱い熱気をほとばしらせる「サポーター」の姿は少ない。試合の内容も、そんなぬるま湯のような空気に流されてしまうのか、あまり良いとはいえない。

 ただアウェーの地で行われる試合は、例え相手が格落ちであっても、観客が少なくても、そして協会に落ちてくるお金が少なくても、価値があるものだと思っている。結果としては物足りないというか、消化不良の二試合であったけれど、それなりに収穫はあったと思う。


 中盤では松井が「黄金の中盤」にひけをとらない働きをした。彼の動きは他のどのMFよりも独特で、アクセントとしてだけでなくスターターとしても十二分に働けるということをアピールした。サイドに流れる動きやちょっとしたリズムの「転調」で相手を切り裂く姿を見ていると、アテネ世代も捨てたものではないと思わせた。

 また中田、中村を中心とした今までの中盤もかなり成熟してきている。攻撃もさることながら守備においても献身的な動きを見せた。今回の二試合は共にダイヤモンド型を採用していたが、今の中盤であるならばどのタイプの組み合わせでもある程度機能するだろう。ラトビア戦で見せたほころびを修正すべくバックラインと密にコミュニケーションをとる中田の姿を見て、少し安心した自分がいた。


 「通用しない」のが確認できた。というのもやや悪い表現かも知れないが、収穫には違いない。4バックにすると、やはり両サイドのバランスが悪い。特に三都主のところを狙われると辛い。ウクライナ戦では相手の攻撃の基点が右サイドバックだった事も有って、それがより顕著に現れた。では4バックの左サイドは誰が適任なのか、と聞かれてもなかなか答えに窮するのだけれど、やはり左から崩されると怖い。


 嘉人は、この2試合で「不合格」の烙印を押されてしまったのだろうか。ラトビア戦はともかく、ロスタイムに放り込まれたウクライナ戦は評価のしようが無い。せめて45分は見られないものなのだろうか。他のFW陣と比べて、あまりにも時間が短すぎた。


 最後に今回一番の収穫を。やはり「審判」に触れずにはいられないだろう。あからさまに悪意の有った(日本人なら普通にそう感じられるだろう)ウクライナ戦の審判でも、主審は主審であり、ピッチ上での裁定は絶対なのだ。中田浩二の退場、箕輪のPK等は「不可抗力」と言えなくも無いが、頭の片隅にでも審判の傾向を置いていれば、もう少し前の段階で悲劇を防げたかも知れない。そういう試合がW杯でも有るという可能性は、02年の韓国の「怪」進撃で証明済みなわけだから、そこまでケアが出来るチームを06年までに仕上げていってほしい。



posted by 西中島南方 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/12/05

本当にラストだよ!!

 オールスターは見てないです、丁度娘の運動会だったので。終わって帰宅したのが丁度後半開始直後だったのですが、「森島に代わって…」というアナウンスを聞いてテレビ消しました。絶対後半から出てくると思っていたのに…。


 ラトビア戦は、しっかり見ました。最後の方は見たくなかったですが。見たかったモリシが見れなくて、見たくないお粗末な失点シーンだけ見てしまうのは日頃の行いが悪いからなのか?どうなんだ?

 もしロスタイムの中田浩二のバックパスが無かったら、なんて仮定はしない方がいいかなというのが個人的感想。もし精神状態、肉体の疲労度、メンバーが同じなら何度やっても中田浩二は同じパスをするでしょう(それにしても中田浩二は時々凄い事するなぁ)。

 改善しなければいけないのはメンタリティなんだと思いますよ。あの時に冷静さを保つようお互いが意思疎通していれば、せめてそれが率先して出来るプレーヤーが守備陣の中にいれば、ボールホルダーはしっかりキープ、周りは少なくとも二つパスコースを作る為に動く、なんてごく基本的な事が出来ないなんて状況にはならなかった。そういう意味では宮本の存在は大きいのかな。


 攻撃に関しては嘉人に期待していたのですが、空回りしていましたね。飛び出しで一つ良い所が有りましたけれど(結局ハンドの判定になりましたが)それ以外はちょっと辛いシーンが多かった。

 例えば入ってきた時のシチュエーションを考えれば、嘉人に与えられた役割は運動量の落ちた中盤のカバーとドリブル突破や飛び出しによる相手守備陣の撹乱、押し下げだったはずで、もう少し下がってみたり、サイドでポイントを作ったり、プレスに参加してもよかった。でも結果を求めるあまり前に前に行ってしまい、ボールを貰う機会が激減した。共に遠征に参加している松井が中盤に新しいバリエーションを加えたのとは対照的でした。


 それだけに、今日のウクライナ戦には期待しています。ラトビアよりも格上だけに、もう少し押し込まれる時間が増えるでしょうが、それはつまり相手の背後にスペースが生まれる可能性が有るという事。嘉人も心に期すものが有るでしょうし、このままで終わってほしくないですからね。


追記

 あと個人的には解説と実況にももう少し頑張ってほしいですね。お義父さん(サッカーはあまり興味なし)が「ウワーとかばっかりで全然様子がわからんがな」と申しておりました。



posted by 西中島南方 at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

06/23/05

コンフェデ総括。

 本当は決勝戦の後に総括したかったけれど、これだけ沢山の収穫が有ったわけだし、脳が完全に眠ってしまう前にまとめましょう。あと湯浅さんの記事読むと当てられちゃうし、早いうちがいい。


 まず最初の収穫は福西、中田英、小笠原、中村というチームの核が固定された事。W杯アジア最終予選の時に偶発的に生まれたこの中盤、正直な話最初は機能するのかどうか疑問だった。予選突破しても、まだ半信半疑。

 でもコンフェデの3試合でかなり洗練されてきた。何より良かったのは3-6-1でも4-4-2でもこの核さえしっかりしていればアレンジがきくのが判った事。またこの四人のコンディションや消耗度に合わせて遠藤、中田浩を投入したり、それぞれの位置関係を変化させても破綻しなかった。イラン戦での4-4-2とギリシャ戦、ブラジル戦の4-4-2では格段に違っていた。


 それから加地のプレーが試合をする度に良くなっていた。ジーコの見る目がいいのか、育成方法がいいのか、本人が何か掴んだのか…。理由は判らないけれど、以前は攻撃の時はお世辞にもいい動きをしていたとは思えなかった右サイドが、今や代表に無くてはならないものになっている。


 セレサポとしては嫌なんだけれど、大黒も評価しないわけにはいかない。有言実行でブラジル戦でもゴールしたし。次のダービーはどうやって止めようか頭が痛い。

 いつもちょっと緊張感の無いインタビューの受け答えをしているけれど、よくよく聞くと相手GKの様子をしっかり見て次のプレーを決めている。そういう冷静なFWってしばらくぶりな気がする。そういう選手がもう一人いれば日本の得点力はグッと上がるのにな。

 玉田のプレーは批難されるレベルではないけれど、やはり落ち着きに欠けるし、鈴木は今スランプ状態。高原と久保は怪我の具合によるだろうし、こういう時に代表でゴールが有れば、迷わず大久保を推せるのだけれど、ジーコのファミリーの中にまだ嘉人が残っているかどうか。



 最後が一番の収穫だと思うのだけれど、ミスを次のプレー、次の試合にキチンとフィードバックしていた。

 例えばメキシコ戦の同点にされたゴールは相手に対する寄せの甘さが原因の一つだった。でもギリシャ戦ではそういうところがきっちり修正されていたし、ブラジル戦ではスペースに入り込んだ中村が逆にいいミドルシュートを決めている。

 そういう微調整が瞬時に、少なくとも次の試合では出来ているというのは、有り難い進歩だと思う。ユースを観ていて腹が立ったのがこのフィードバックの無さだった。本当は逆だろうという感じだけれど。



 残念な点と言えばサイドの選手層が相変わらず薄い事(ブラジルに勝ってたらどうなってたんだろう)と、中澤にこの貴重な3試合を体験してもらえなかった事。中澤は怪我だったから仕方ないし、加地の出来を見たら代えられないのも判るけれど、三都主はどうにかならなかったかな。


 以上、総括でございました。御清聴感謝。



posted by 西中島南方 at 13:00 | Comment(2) | TrackBack(3) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

06/22/05

ビデオ見るの辛いわ。

 さすがに夜中3時20分からの中継を生で見るとフラフラになりそうだったので、ビデオ予約→早寝→早起き→ビデオを朝に見る。という線でいく事にしていました。延長PKまで行ったら6時まで延長と有りましたが、さすがにそれは無かろうと5時半頃に目を覚まして、うつらうつらしながらテレビをつけてみました。



半泣きの大熊監督が映ってました。



だいたい察しがついたのでもう少し寝る事にしました。



 今チラッとネットをうろついていたんですが、かなり荒れてますね。だいたい決勝点を後半47分にとられるってだけでもかなり頭に来るでしょうよ。


 さらに追い討ちをかけたのは、バックパスをカットされたのが失点の起点だったということ、これはかばいようが無い。

 そもそも大熊監督は後半の最後の方は延長戦狙いだったわけで(ソースはこちら、森本を延長頭から使う予定だったそうです)途中交代の兵頭にもその意図は伝わっていたはず(伝わっていなければチームとして論外)ロスタイムは当然セーフティーファーストで行くべきだった。もちろんセーフティーである事とバックパスの多用はイコールではありませんよ。


 何かこの大会でユース年代の評価がガクッと落ちてしまいましたね。ウチの苔口はもちろん梶山なんかも本当はいい選手なんですよ。株が上がったのって水野と前田と家長ぐらいなんじゃあ…。

 
 ともかく協会は一勝も上げられなかった原因を冷静に分析し、二の轍を踏まぬよう最大限の努力をしなければいけないでしょう。「たまたま選手の調子が悪かった」とか、そんなレベルの話じゃ無いように思えるんですが。ゲームの細かいところはまた夜に確認してみます。



posted by 西中島南方 at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(2) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。