head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

04/06/10

代表戦なんか観たくないし。

昔はよかった。って解雇主義的なんだけれど、今はホントにそんな感じ。

代表の試合があるって言えば一週間前くらいからワクワクしてた。モリシやアキや神田さんやヨシトが代表に呼ばれたと聞いたら、とても栄誉なことだ、頑張ってほしいって気になってた。

でもドイツW杯の前後くらいからだと思うけれど、代表に対する興味がスコンと抜け落ちてしまった。それはもう見事なくらいで、100年の恋も冷めるような、酷い有様だ。今では香川や乾が、自身の調子が悪いにも関わらず呼ばれたりしたら「何してくれるねん、怪我したらどないすんねん」と感じるまでになったし、例えガンバの選手であっても「あいつ調子悪いんじゃなかったっけ?体大丈夫かな?」と思うまでになった。


それは特段自分にだけ起こったレアケースでは無いようで、Jクラブを応援しているサポーターの中には、少なからず「今の代表にウチのクラブの選手を呼んでもらっても嬉しくない」という層が存在している。そしてオレも含めたそういう層の人間は、別に「代表よりクラブの方が好きだから」なんてシンプルな理由でそうなったのでは無い、多分。


出来るだけ簡潔に言うなら、今の代表は本当の意味で代表ではない。代表ってのはその国の選手、スタッフ、協会が最大限に努力して、苦心して、これ以上無いという「強さ」「良さ」をもっているチーム、だと勝手に解釈しているんだけれど、今のチームがそうかって聞かれたら、それは多分「NO」だ。ちょっとサッカーを知っている人間なら選手選考やチーム作りに対して疑問を持ったり、代表戦に不甲斐なさを感じたことがあると思う。そうした悲しい現実が、代表という価値を少しずつ下げていっている。

サッカーを単なるメディアコンテンツの一つと考える人達にすれば、有名な選手、人気のある存在がピッチに立って、広告料を稼いでくれれば問題はないのだろう。だけど、そんな価値基準で動いているチームが強いわけが無い。サッカーに興味を持っている層、これから持ってくれるかも知れない(もしくは知れなかった)層に感動や自尊心を与えられるわけが無い。皮肉なことだけれど、人気重視、内容軽視が続く限り、代表人気ってのは下がり続けるだろうし、内容に至っては目も当てられない状態になるだろう。上辺だけを取り繕った存在が、いかに軽薄でみっともないかは、よく知っている。


この流れはワールドカップ予選敗退規模のショックがあって、協会がメディアとの関係を見直すまで続くんじゃないか。日本サッカーがもう一度強い代表、魅力ある代表、誇らしく世界に示せる代表を作るためにどうしたらいいのかを真摯に考え、それを第一として動き出すまで、時間がかかると踏んでいる。それは何ヶ月とか、一、二年というスパンではなく、五年、十年という作業になるだろう。世界と日本の位置関係が白日になるワールドカップがその尺で動いているうちは、仕方が無い。


誤解がないように言うならば、現場の人間は現場の人間としてのベストを尽くしていると信じている。誰も好き好んでつまらないサッカーをしたいわけじゃないだろうし、香川のように海外でプレーがしたい、その為に代表で結果を残したいという選手もいるだろうし。ただ人材のミスマッチが存在する限り、集団はいつになっても良化したりしない。

そんなチームの試合を観ることは、サッカーが好きで好きでたまらない、という人間にとっては、とても苦痛なことだ。これも皮肉だけれど、好きだからこそ、観たくないって想いは強いんじゃないかな。


DSC_07300101.jpg


posted by 西中島南方 at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

06/07/09

おめでとう!早くして!

うい、こんなゆるい気持ちで最終予選を観たのはコレが始めてのような感じです。

日本に対する愛国心が無くなったのも理由なんですが、昔の代表に対する報道って、サッカーが本当に好きな人、愛する人の目線で番組作ってくれてたじゃないですか。でも今は違う、視聴率をとる為のコンテンツの一つになっちゃってる。だからなんか感情が入らないんですよね。

でもこれが日本サッカーにとって良い事であるのに何ら変わりはない、それはめでたい。


そうだ、岡ちゃん。無事一つ目のミッションをクリア出来たんだから、クラブチームをくびるのは止めて、早くウチのシンジを帰して下さいな。困ってんのよ、これが。

DSC_838601.jpg
posted by 西中島南方 at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

02/12/09

芽吹かないね。

昨日仕事が早く終わったので近くのスーパーに寄ると、もう菜の花が並んでいました。私は好物なんですが、他に食べてくれるのが家内しかいなくて一把食べるのも一苦労だったりね。朝食でオムレツ、昼食でパスタにして食べましたよ。

DSC_46130101.jpg


夜は久しぶりに代表を観た。オージーの高さに日本のスピードを合わせるのは間違ってないと思うけれど、運動量が少なく感じたのは私だけ?観ていてワクワク感が少なかったな。

例えばいい感じでクロスを入れる体勢になっても、中に入るのは一人だし(特に後半。ばててたんだろうけれど)落としを狙うやつもいないし。ドリブルで仕掛けるのも少ないような…。パスアンドゴーが無いからよく囲まれちゃうし。特に中村あたりは狙われていたね。

勝てた試合、勝てた試合と言うけれど、スコアレスは妥当な結果だったんじゃなかろうか…。点をとるんだったらもっと動かなきゃ!

DSC_46280101.jpg
posted by 西中島南方 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

02/04/09

シンジのゴール見たかった…。

 シンジが華麗に(多分)フィンランドゴールを奪っていた頃、私はとある部屋で何故か人の写真の鼻毛を消していた。作業をしていた時はそんなビッグニュースが起こっているなんて知らなかったから何も思わなかったけれど、今知って猛烈に切ない気持ちに襲われている。

 わかるか!鼻毛のせいでシンジのゴールを見損ねたんだ!

 頭髪でもひげでもなく鼻毛!は!な!げ!

 くわ〜。へこむわぁ…。昨日家内の作った恵方巻食べたばっかしなのになー…。

DSC_431601.jpg
posted by 西中島南方 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/15/08

ウズベク戦。

ええい、他の代表はいいほかの代表は!

香川を映せ香川を!

ようし、いいぞ!ヒャハー!

ニッポンバンザーイ!


うわっ!

ドンガラコンガラ…(アパートの階段を転げ落ちる音)


 とまあ、冗談は程々に。酸素は欠乏してないですから、酸素は。

 普通に観てたけれど、少し浮いてたね。折角いい動きしていても周りとあわなかったりね。ニアに飛び出しから胸トラップ、シュートって流れは良かったんだけれど。

 でもまあ少しずついい感じに馴染んできてるし、このまま経験値を貯めてもらいましょう。香川の未来の為に、セレッソの未来の為に。
posted by 西中島南方 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/11/08

プロだから。

 日本五輪代表が負けた。世界との実力差、アウェイの空気、不慣れなピッチ、負けた原因は沢山有る。でもそれを言ってはいけない、みんなプロなんだから。求められるのは自己保身ではなく、ただ勝利のみなんだから。

 香川にとってはとても辛い体験になったと思う。自分に与えられた仕事がまるで仕事が出来なかった。深い荒れた芝といつもと違う相手のリーチに最後まで順応出来なかった。タフなスケジュールもプレーのキレを奪ってしまった。でも、例え19歳だとしても、彼もプロのである以上、それを自ら言ってしまうのは無しだ。

 今はただ前を向き、次のチャンスを掴み、成功する為に全力を尽くす事。それがトレーニングなのか、適度な休養なのかは判らないけれど。


 いくら頑張っても結果が全てというのは、正直厳しいと思う。でもそれで生きていくと決めたのなら、この現実を受け止めないといけない。いつもは飲み屋でクダ巻いてるサラリーマンのおっさんでも、しょっぱい技術しか持ち合わせていないWeb屋でも、心を削って文を綴っているエッセイストでも、多かれ少なかれこの現実を受け入れているんだもの。


 過度に批判非難をする連中は放っておけばいい、実力がつけは黙ってしまうような連中さ。胸張って帰ってこいよ。まだしなくちゃいけないミッションは山積みなんだ。

DSC_718001.jpg
posted by 西中島南方 at 00:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/25/08

ドゥンビアが出ても嬉しかった件。

 香川が出るかもしれんということで、久しぶりに代表戦をセッセと観ておりましたよ。久しぶりなんで少し客観的に観ることが出来たんですが、代表戦を盛り上げよう(=視聴率とろう)というテレビの涙ぐましい努力がそこかしこに見られて別の意味で面白かったなと。

 それでも香川が出てくると嬉しいもので、しかも岡田監督が示唆していたサイドバックではなく、キチンと前目で出られたということで、それもまた良かった。ボールはあまり回ってきませんでしたが、一度嘉人にいいクロスを上げられた、デビュー戦はこんな感じでいいのではないでしょうか。あんまり呼ばれてこっちが大変になるのもあれだし、もう少しフィジカルができて、チームが上にあがってからで十分でしょ。


 あと、これは自分でもビックリしたんですが、ドゥンビアが出てきた時も、本当に素直に「おし!頑張れよ!」という気持ちになった。ゴリや江添が手を焼いたスピードを見せ付けたれと。J2でもすごいヤツはすごいぞというのを見て欲しかったのかな。だから終了間際のバー直撃も、もし決まっていたら多分喜んでましたよ。

DSC_272701.jpg


 J1はJ1で厳しいリーグです。ただJ2も牧歌的な下部リーグというわけではないんです。例えばウチなんか今年上がれなかったら香川と古橋、それからあと何人かは出ていってしまうかもしれない、財政的にも厳しいものになるでしょう、あと何年かは這いずり回る日々になることは間違いないです。そういう状態なんです。

 他にもそういうチームはゴロゴロあって、その全てが昇格できるわけではない。そういうギリギリのところで、胃を痛めるような思いをして、選手もカツカツのローテーションで踏ん張ってるリーグなわけです。そういうところから香川やドゥンビアが出てきてくれたのは、これは奇跡に近いもので、だから二人が出てきた時、素直に二人とも同じように喜べたのです。厳しい条件の中、よくぞ育ってくれたと。


 そういう意味ではJ2他クラブは全てライバルでありながら、また全てが同志であるわけです。福岡の話をすれば、やっぱり暗いし、どうにかならんのかと考えることもあるんです。広島を見れば、コノヤロウと思う反面、寿人があれだけ頑張っているんだからなかなか追いつけんわなとも思う。勿論、文章読んでいただければ判ることですが、J1に対するルサンチマンは多分にあります。ただここにいるおかげでいろんな事を勉強させてもらっているなと感じることも多々あります。昨日の二人を観ていて、改めてそれを痛感させられた次第です。
posted by 西中島南方 at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

03/27/08

他サポが香川香川とうるさい。

セレッソ大阪(400)@カレカに花を咲かせましょう

288 :U-名無しさん :2008/03/27(木) 20:43:04 ID:+uNMGMNl0
香川くるよ〜〜〜


289 :U-名無しさん :2008/03/27(木) 20:43:25 ID:L916zi2yO
香川くるぞ


290 :U-名無しさん :2008/03/27(木) 20:43:28 ID:BDXa7Zku0
香川キタ――(゚∀゚)――!!


291 :U-名無しさん :2008/03/27(木) 20:43:37 ID:3ecG6Udz0
しんちゃん キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!



292 :U-名無しさん :2008/03/27(木) 20:43:57 ID:vye/r3Le0
シンジキタ━(゚∀・)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(_゚_)━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!!
以下試合後のセレスレ
posted by 西中島南方 at 23:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

02/24/08

なでしこオメ!毎日放送ダメ!

 なでしこジャパン東アジア選手権全勝優勝おめでとう!

 ということで完勝した中国戦なのですが、まだ観ていません、というか観られません。TBS系列は夜中0時50分から録画放送という事で期待していたんですが、ここは関西サッカー弾圧の地、なのでその録画中継も無しですわ。発作かー!

 仕方が無いのでエンコ職人さんが作った動画をニコ動で観ています。これ生放送だったらもっと興奮したんだろうなぁ…。くやちい。

posted by 西中島南方 at 23:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/08/06

U-21中国戦雑感。

 所用で90分間しっかり観ていたわけではないので、雑感ということでお願いします。相手の中国U-21の選手も殆ど知らないんでマッチアップした時の力関係もあまり判りませんでしたし。


 まず前半。まず守備ありき、というコンセプトがあったにせよ、むしろあったればこそ、しっかりと組織だってプレーしてほしかったなと。守備を固めているなら、ボールポゼッションが悪くても被シュート本数を増やしてはいけない。攻めているけれど打てない、というのがベストの守備。

 個人的には左サイドの本田圭をもっと上げてもよかったと思う。攻撃に非凡な選手なのだから、彼を守備に忙殺させてはいけない。相手が3トップ気味だった事も有るだろうけれど梶山、増田あたりがカバーしてずれてもよかった。

 反対側右サイドの中村は馬力が有って、前後半ともにいい仕事をしていた。守備にしてもボールが自陣から離れていくのはいいことだし、サイド攻撃は貴重な選択肢の一つだし。


 しかしこの試合で一番素晴らしい働きをしたのはキーパーの西川で異論ないと思う。判断力の速さ、正確さがいい。もし前半1点でも取られていれば流れが傾いていただろうから、本当にいいプレーをしてくれた。どんな練習をすればあんないいキーパーが出てくるんだろう。


 後半になると、日本は攻めにシフトチェンジ、サイドをうまくついていい時間に2点を連取出来た。やっぱり日本の特徴って長短のパスが作るリズムだったり、一瞬の瞬発力だったり、そういうものなんだと思う。それが上手く表現できている時は、綺麗に点が取れる。長いパス一本、強引な単独突破は同レベルのチームではあまり通用しない。オシムイズムがはやり言葉になっているけれど、提唱されているクイックネスやちょっとした機転を生かしたサッカーが後半開始から2、30分間は出来ていた。これが90分間続けばすごいチームになれるのだろうけれど、まだそれはキツイ。

 ただ、こういうコンセプトで、こういうサッカーをするんだ、という強い意思を感じたり、試合展開をコントロールしようという試みがある程度(本当にある程度なのだけれど)成功していたのは、この年代では久しぶりの収穫だった。まだ一試合しか観ていないけれども、僅かながらオシムフレーバーを楽しめた。


 さて最後に、1トップで出場した我らが苔口について。前半に関してはとにかく張ってウラをとりたがっていたけれど、呼吸があわなかったり、ロングボールの精度が悪かったり、孤立無援だったりと、かわいそうな45分間だった。

 後半カレンや本田圭が前線に顔を出すようになって、少しずついいプレーが出るようになったけれど、それでもまだまだ彼のポテンシャルが100%出ていたとは思わない。次回に期待というところ。それでも左サイドで窮屈にしているいつもの苔口を観ている者としては、かなりいい感じだと思ったのだけれど、贔屓目かな。
posted by 西中島南方 at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。