head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

12/11/11

成長の痛み。

中後、尾亦、ありがとう。

CEREZO OFFICIAL

【11/12/10】中後雅喜選手期限付き移籍期間満了のお知らせ

今季ジェフユナイテッド市原・千葉から期限付き移籍にて当クラブに所属しておりますMF中後雅喜選手が、期限付き移籍期間(2011年2月1日〜2012年1月31日)の満了となりますので、お知らせいたします。(後略)


CEREZO OFFICIAL

【11/12/10】尾亦弘友希選手契約満了のお知らせ

当クラブ所属DF尾亦弘友希選手と契約満了(契約期間:2011年2月1日〜2012年1月31日)に伴い、来季の契約を結ばないこととなりましたので、お知らせいたします。(後略)


中後のプレーを初めて見たACLホームアレマ・マラン戦。美しいボールを蹴る選手だと感心した覚えがある。ACL初勝利を呼び込んだホドリゴ・ピンパォンのゴールは、彼のプレスキックから。

DSC_6222.jpg



今年は中後、マルチネスのダブルボランチでスタート。実績のある二人なのだけれど、どうにもあまり咬み合わなかった。

二人とも前にでてボールを捌くタイプのプレーヤーだから、ボールを取られた時にあの位置で相手の攻撃を鈍化させるプレーヤーがいなくて、スコンと抜かれるパターン。同じようにマルチネスとキム・ボギョンの組み合わせもうまく行かなかったから、中後の責任というより、相性の問題だったんだと。


扇原、山口螢の成長で居所が無くなってしまったのは残念であるけれど、ACLのアレマ・マランだったり、ガンバとのR16ダービーで見せたプレーは素晴らしいもので、キチンと使いどころを間違わなければ、まだまだいける選手だ。


同じ事は、尾亦にも言える。

DSC_8949.jpg


確かに怪我がちだったり、レヴィー・クルピが考えている攻撃的なサイドバックとしての役割はあまりできないでいたけれど、要所要所でしっかりとボールを落ち着けてくれたり、前の選手の攻撃をサポートする動きをしてくれたり、アベレージのすごく高い選手だ。

それは、丸橋の絶好調な時はいいプレーをしてくれるけれども、まだ穴が多く、学ぶべきところはたくさんある。そのお手本となるべき中堅選手を手放さなければいけなくなるのは、すごく残念だ。


セレッソの台所事情を考えれば、こういう別れがあるのは常に覚悟しないといけない。嫌なことだけれど、現実というものはそういうものなんだな。

この二人の代わりに入ってくる選手が、セレッソにより良い存在であるように、そしてその選手にとってセレッソが、終の棲家と感じられるクラブであるように、そう思う。


「成長」と言うと、素晴らしいこと、良い事というイメージがあるけれど、痛みを伴うことも多い。つらい決断をしなければ前に進めないこともある。辛さを耐えて、前に前に…。
posted by 西中島南方 at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/10/11

Fabio Lopes !!

どうも、ファビオはもうブラジルにいるみたいだ。来期の契約は不透明、不安。

DSC_714401.jpg



最初は、ダービーだよな。すごく不安だった。慣れないチームでいきなり1トップとか、考えれば無理があったのはわかるけれど。

DSC_625001.jpg



ここから、すごいスピードでチームに、日本に、大阪に慣れてくれた。愛してくれた。

DSC_841801.jpg


DSC_775301.jpg



仮にこのまま帰ってこないのなら、それは寂しいけれど、この半年、ファビオと過ごせたことは幸せだと思う。もちろんまた来てくれるなら、大歓迎。

そうあってほしいなと願うことしか、俺にはできない。ゴメンな、ファビオ。

DSC_1262.jpg
posted by 西中島南方 at 10:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/06/11

おめでとう。

ベストイレブンおめでとう!

DSC_441401.jpg


DSC_4415.jpg


DSC_4416.jpg


来年はもう少しかっこよく撮れるように頑張るから、もう少し、ここにいておくれよ。
posted by 西中島南方 at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜の戦士であるならば。

クラブとサポーターの関係って何だろうと考えることがあった。

きっかけは、一つのブログ記事だった。平たく言うと柏にできたことがセレッソにできなかった、というところからのセレッソに対する少しネガティブな内容。

言ってることはまっとうだと思う。ただ俺は、まっとうなら、正しいなら、何を書いてもよい言ってもよいというわけではないというスタンスの人間なので、なぜそれを書かれたのか、少し悲しく思っている。


サポーターにとってクラブは父であり、母であり、友であり、恋人であり、我が子でもある。サポーターがチームに強いアクションを起こすのは、チームが最低限の仕事さえしていない時くらいでいい。少なくとも努力しているところに「もっと頑張れ」は、どうか。

[000023].jpg


柏が100点をとったのに、我が子とくれば80点だ、これは酷い。と書いて、選手の動きが良くなったり、チームのサービスが良化したり、経営が安定するなら、いくらでも書く。でも多分、そうはならないだろう。

自分の子供が80点とったら、まずは褒めて、残りの20点をどうするかを、同じ方を向いて考えるのが普通だと、親の立場から言ってみたい。

俺が2006年の最終節、J2降格が決まったあと、当時の出原社長の前にある鉄柵を蹴り込んで「ふざけんなサポーターに挨拶してこいよ!」と言ったのは、声がかれるまで応援して、それでも力が足りなかったサポーターが皆涙しているのに、チームも(気づくのが遅かったかもしれないけれど)必死にやっていたのに、そのクラブのトップがのうのうとタバコをふかしてスタッフとダベっていたからだ。成績が悪いから怒ったのではなくて、その結果を真摯に受け止めて、次こそがんばろうって姿勢を見せなかったことが腹立たしかったのだ。

[000014].jpg


その人のブログにも、少なからず読者がいるはずだ。その大半は、セレッソを愛している人だろう。彼らにその記事を見せて、何になる?サポーターを標榜するなら、プラスになるアクションを起こそう。もし傍観者であるなら、評論家であるなら、その限りではないけれど。

DSC_3455.jpg
posted by 西中島南方 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/05/11

2011セレッソ大阪ファン感謝デー その2

DSC_4325.jpg


冬の初めの澄んだ空気。

DSC_4347.jpg


ロビーはみんなの人気者。

DSC_4331.jpg


AZUKIキンチョウスタジアム店。

DSC_4342.jpg


AZUKI特製ぜんざい。マシュマロと桜の花びらの塩漬けが入ってて、ふんわり温かかった。

DSC_4524.jpg


途中からはオーナーであるレヴィー自ら配膳。ぜんざいが無くなると即席のサイン会。ずっとずっとサポーターと触れ合っていた。

DSC_4445.jpg


思い出を記録するならカメラだよね。ポイントカードは使えた?

DSC_4554.jpg


ファビオ・ロペスも真剣にサポーターと交流。こういう所がマジメだから、愛されているんだよ。

DSC_4652.jpg


最後のご挨拶。ずっと真剣に頑張ってきた、その重圧から解き放たれて、晴れ晴れ。

DSC_4683.jpg


愛すべき息子たちと。

DSC_4685.jpg


そして、愛すべきサポーター達と。


DSC_4566.jpg


楽しかった?
posted by 西中島南方 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/04/11

2011セレッソ大阪ファン感謝デー その1

DSC_4527.jpg


良い天気!


DSC_4372.jpg


モリシ、西川くんの黄金コンビ。

DSC_4401.jpg


DSC_4472.jpg


ラブワゴン(運転は事業部の浅田さん。何着てもそれなりになる人)

DSC_4485.jpg


DSC_4498.jpg


DSC_4597.jpg


選手もサポーターも和気あいあい。

明日ももう少し追加します。


特別コーナー

DSC_4634.jpg


トルキッシュエアラインからのトルコイスタンブール往復航空券をゲットした松本さん。おめでとう!!

DSC_4644.jpg


西川くんのインタビューに戸惑いを隠せない松本さん。おめでとう!!
posted by 西中島南方 at 19:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡戦写真日記。 マック赤坂がいなくてもスマイる!!

そんな無理に「10度、20度、30度!!」なんて言わなくても、俺達は笑える。

DSC_3585.jpg


セレッソがある日常さえあれば。

DSC_3599.jpg


未来さえ感じられれば。

DSC_3658.jpg


1点目は

DSC_3675.jpg


新しい命に捧げる。

DSC_3785.jpg


DSC_3819.jpg


DSC_3872.jpg


DSC_3899.jpg


次の5点は、レヴィーと過ごした5年間、キラホシのように輝く、その月日の分だけ。

DSC_3971.jpg


ラストの一点は、

DSC_3983.jpg


かめはめ波!じゃなくて、セレッソの未来を照らす光。


と、言うことでいいんじゃない?ファン感の記事は月曜までに、試合の感想は、火曜にでも。

何度見たって楽しいはずさ、スマイる!!
posted by 西中島南方 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親愛なるレヴィー・クルピへ。

DSC_3416.jpg


DSC_3507.jpg


DSC_3954.jpg


[000060].jpg


[000136].jpg


[000162].jpg


泣いてくれてありがとう。

貴方はいつまでもスタンドを見つめて、帰ろうとしませんでしたね。俺達も同じで、この時間がずっとずっと続けばいいなって思っていました。

最後までサポーターと同じ目線で、同じ気持ちで、セレッソに関わってくれたことをありがたく思っています。


でも、まだ終わってはいませんよ。

元旦まで、つきあってもらいます。一緒にもう一度泣いて、それから帰ったって、遅くはないでしょう?

今度はコツをつかんでいるはずですから、選手もしっかり胴上げしてくれるはずですよ。まあ、少しはダイエットも必要かな?まずはリーグ戦、お疲れ様でした。

Obrigado Levir Culpi.

DSC_4081.jpg
posted by 西中島南方 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/03/11

最後だよ。

こんなに寂しい最終節も久しぶりだな。

タイトルも降格も無い、賞金圏への道も閉ざされた、ACLに出るには天皇杯を獲るしかなくて、個人タイトルと言えば清武のベストイレブンがどうかという感じ。

DSC_071001.jpg


最悪の事態だけは避けられたし、限られた戦力の中でACL初出場、そしてベスト8進出はよくできた方だと思う。でもその経験をした選手やコーチの多くはチームを離れる。

DSC_898101.jpg


乾はすでにドイツにいる。ピンパォンは大宮も戦力外だ。清武とキム・ボギョンには海外の複数のクラブが興味を持っているらしいし、お隣りは倉田を引き戻そうと躍起。播戸にはオーストラリアのクラブから声がかかっているらしい(これは未確定)

FWのテコ入れに新外国人ケンペスを入れるというニュースがあって、マルチネスが更改を済ませたという話と、キム・ジンヒョン、キム・ボギョンとの兼ね合いを考えると、ファビオ・ロペスも(今冬にキム・ボギョンを引きぬかれない限り)帰国してしまうだろう。

そして何より、香川、家長も含め、多くの素晴らしい選手達を育て上げたレヴィー・クルピがいなくなる。どれだけ頑張っても、俺達が彼を引き止められるのは、来年の元旦が精一杯だ。

DSC_623201.jpg


どれだけ優秀な選手を引きぬかれても、レヴィー・クルピがいればという気持ちがどこかにあった。実りを刈り取られたとしても、種をまけばまた実る。レヴィーという豊かな土壌があるのだという安心。その土壌がゴッソリと入れ替わる、これを不安に感じないわけがない。

今日の試合は、今シーズンが終わる寂しさ、去りゆく選手への想い、そして来シーズン潜んでいるかもしれない混乱に対する不安を胸にしまいながら観戦することになるのだろう。セレッソの場合はこの時期になっても退団選手が明らかになることが稀であるから、なおさら戸惑ってしまう。


セレッソという、資金が潤沢でないクラブのサポーターを続けている限りは、こうした不安とはうまく折り合いをつけるべきなのだろうけれど、やはりどこかにやり切れないものを感じる。

タイトルを獲れば、なにか変わるのだろうか?強力なスポンサーが現れて、盤石な土台が築ければ強くなるのだろうか?

スポーツは興行だから、流行り廃りや浮き沈みはある。それでもここだけは揺らがないという芯のようなものさえあれば。これは個人的な宿願なのだけれど、レヴィーの退団で、また随分と退行してしまった気になっている。


まあ、後ろ向きに考えても仕方が無いか。せいぜい今日を楽しみ、明日浮かれて、その先のことはそこから考えよう。

DSC_673401.jpg
posted by 西中島南方 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/29/11

アズキのオヤジはまだやる気だぜ!!

柏戦、最初は4-2-2-2なんだろうなと思って観ていた。けれど、違った。

field-2011-11-26-00.gif


あんまりよくわからなかったけれど、守備の時は必ずキム・ボギョン、マルチネス、倉田が一列になってラインを作ってた。それを見て、少し、ニタリとしたんだ。

このオッサン、まだ死んでないぞ、戦うつもりだ、仕掛けてきた!ってね。

思い出したのは、2008年の湘南戦

あの時、セレッソは湘南の攻撃の核、アジエルを止められないでいた。それを羽田とアジエルを心中させることで封じた。

そういう博打をうってくるってことは、レヴィーが勝ちにこだわっているっていうこと。セレッソの指揮を全身全霊でやってくれているということ。

DSC_7376.jpg


だから、まだレヴィーセレッソは死んでない。まだ戦える。

それがわかって、迷いがなくなった。福岡戦も、天皇杯も、100%ファイトしよう。


ホントは、スタンドからチームを勇気づけなくてはいけないのに、いかんね。でもホントに嬉しかったんだ。ありがとうレヴィー。

DSC_9097.jpg
posted by 西中島南方 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。