head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

06/06/11

〜Clasico〜 オラが町の誇り

6/4から大阪でもようやっと「クラシコ」が観られるようになった。



大雑把に言うと2009年シーズンの地域リーグ(北信越リーグ)、その一年間を松本山雅FCAC長野パルセイロを中心に、その歴史的対立構造も含めて紹介したドキュメンタリー映画で、サッカーだからってわけじゃないけど上映時間はしっかり90分+アディショナルタイムの97分、サッカー好きなら精神的に集中できるベストな時間だなあと。

映画の細かいテクニックとか話の割り方、持っていき方みたいなのに関しては、正直ああ、こここうすればいいのに、ってところがたくさんあるけれど、今の日本でこの映画を作ろうと考えた人がいて、その人が手応え感じられる、掘り下げられるぞと思えるチームやサポーターがいたってことに、嬉しさを感じる。多分10年前、5年前でも無理だったろうな。

そう、この映画の素晴らしいところは「この映画が作れるだけのバックボーンが日本にもできた」と、観賞したコアなサッカーフリークにわかってもらえるってことだ。


その一方で、不安もある。一部のチーム以外では、やっぱりまだコアサポとライトなファンの間に深い溝があって、山雅のようにライト層まで巻き込めている例ってのが圧倒的に少ない。本当に日本にサッカーが根付くためには、映画の中に出てきたスタジアムの入場口すらわからないおばあちゃんと孫、サッカーのルールもしらなかった食堂をやっているご夫婦のような人達に対してのアクションがもっと必要なんだ。

「クラシコ」を観た人間は、その事実をガツンと受け止めて、オラが町のチームにもっともっとライト層を巻き込んで、ごっそりスタンドに入ってもらえるように執心しないといけない。

日本サッカーはIT用語(?)で言うところのキャズムをまだ超えていない、サブカルチャーに近い存在、本気でそこから抜け出したいなら、地味な活動でもコツコツと続けていこう。

そうして山雅のような「オラが町のチーム」がどこにでもあって、まるちゃんのような熱いサポがたくさんいて、平気で試合日は店たたんじまうような日常が当たり前になるようになって、はじめて「100年構想」ってのが形になるんだよ。そしてサッカーには、サポーターには、そんな世界を作る力があると信じている。


そんな日本ができた時、この映画はもう一度評価されるはずだ。あの時クラシコって映画があったよね、ああ、俺も観たわって会話を、スタジアム近くの飲み屋で言い合える世界、最高じゃないか。
DSC_216001.jpg

と、ダチョウのユッケを食べながら思っていましたっと!
posted by 西中島南方 at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

06/02/11

疲れています…。

4月の末くらいから仕事が立て込んでいて、もう会社への通勤時間すら惜しくなって、毎日夜中まで家の片隅で原稿を書いている。なんだかんだで評価していただいているのはありがたいけれど、カンヅメで滅多矢鱈に外にも出られないというのは悲しいもので。


そういう時に空を見上げて思い出すのはサッカーの素晴らしさ、生観戦のワクワク感。
DSC_147001.jpg

少しずつ暮れていく空の色、火の入った照明、ゴール裏のアツいコール、ピッチに現れた選手達の顔、適当にスタグルメを頬張って、カメラの用意をして、選手紹介や煽り映像に胸をワクワクさせていく、あの感覚。あれはどれ程文章を書こうが、何枚写真を撮ろうが、表現ができない。とにかく最高な体験。

あれがあるから生きていける、あれがあるから人生を楽しいと感じられる、言い過ぎではなくて、本当にそれくらい大事なことなんだ。

何とか次のホームゲームは生観戦したいな。15日だっけ?何とかなっていると信じよう。文章を早く書き上げるのは得意なんだ、誤字脱字が多いけどさ。
DSC_176701.jpg
posted by 西中島南方 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/20/11

少しの間さようなら。

今日の試合、行けなくなりました。


今日だけではなくて、多分次もその次ぎも、6月いっぱいまで、スタジアムには行けないかも知れません。うまく行けば6月下旬には復帰できると思うんですが、うまくいかないのが世の常なので、絶対って言葉は使えないですね。

ブログの方も、本当に少しずつしか更新できなくなります。日頃見ていただいている皆さんには本当に申し訳ないですが、時間がなくて、すみません。


まあ以前のように病院にぶち込まれるわけではなくて、仕事が忙しすぎて、というのが理由なので、その点はご心配なく。試合もテレビでは追いかけています。

本当は「仕事とサッカーどっちが大事よ?」って聞かれたら「サッカー」って即答できる俺なんですが、すごくやりがいのある仕事で、多分これを乗り越えられたら、このブログだってもう少しいい感じにできるかもと考えています。


俺にとってみんなに会えない、セレッソの試合を、スタジアムの空気を感じられないというのは、思っていた以上に苦しくて、辛いことのようです。何もかもかなぐり捨ててサッカーに没頭したいです。でも、責任は果たしたいし、期待には応えないとね。


少しの間だけれど、さようなら、次にあう時はかなりパワーアップして帰ってきます。それまで勝ち続けてください、喜び続けてください、それがお願いです。
DSC_044201.jpg


大阪の町の誇り、みんなの人気者、勝利を目指して走れ、ラララセレッソ大阪

アモレ、アモレ、アモレミーヨ、セレッソ大阪
posted by 西中島南方 at 13:05 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/16/11

プロとアマチュアの違い。

オネアミスの翼の昔からガイナックスが好きだ。それは彼らがいい意味でも悪い意味でもアマチュアだからだ。

何を言うかと思われるかも知れない。アマチュアがすごい作品など作れないだろうと。

実はそんなことはない。アマチュアだから下手(プロだから上手い)ということを言う人は、多分プロとアマチュアの定義を間違えているのだろう。


喩え話をしよう。プロのパティシィエとお菓子づくりが好きなアマチュアが、ティラミスを作りたいと考えた。
DSC_563601.jpg

プロは、それで儲けを出さないといけない、生活しないといけない。なので適正な価格にまとめるために素材選びが限定されるし、かける手間暇も変わってくる。その中でいかにおいしいティラミスが作れるか試行錯誤をして、万人に喜ばれるものをと考える。プロである以上責任があるので、そう冒険はできないが、そこはプロの技と経験でカバーするのだ。


アマチュアは、まずそれを売って生活しようとは考えない。大抵は趣味の範疇なので、責任も重圧もない。なのでその時点で気持ちがプロに負けていて、おいしいティラミスは作れない。多くの人が考えるアマチュアというのは、そういう人達の事だろう。

しかし中には程度を知らないアマチュアもいる。採算度外視でとんでもない手間をかけ、割りに合わない食材を使って、プロ顔負けのテクニックを使ったティラミスを作る輩がいるのだ。彼らは多くのアマチュアが考えている「ティラミスを売って生活をするわけではない」という定義を真逆に考える。そうしてプロよりもおいしいティラミスを作ってしまうのだ。


こうしたちょっとおかしなアマチュアが、時々世の中を変えたりする。前述したガイナックスにしたって、割りに合わない仕事をひたすら行ったことで、ナディアやエヴァのようなとんでもない作品を作ってきた。エヴァの最終話なんて、普通の会社なら通らない話だろう。


日本サッカーの世界でも、いい意味でバカなアマチュアが、いろんなところでいろんな人たちを支えている。そうした人たちはただサッカーが好きで、サッカーが好きな人が好きで、それで割りに合わない仕事を、笑いながら、泣きながら続けている。彼らに日が当たるようにと思っているけれど、日本人はそんな人達の思いやりを、時々当たり前のことと誤解したりするから、それが悔しくもある。もう少し報われる世の中であればいいのだけれど。
posted by 西中島南方 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/08/11

お休みすみすみ。

えー、ダイエットの結果スーツがブカブカブーになりまして、これはいかんと思っていたところでM2PLANT西宮店さんにオーダーに行ってきました。
DSC_076301.jpg

俺の家からなら緑橋店が自転車10分で一番近いんですが、キンチョウスタジアムのブースでお馴染み杉本さんは西宮店勤務なので、西宮店でしか作りたくないのです…。

DSC_076501.jpg

採寸の結果、ウエストが36センチちっこくなっていました。杉本さん驚きすぎ(笑 と思いましたが、それをきっかけにセレッソの選手の体格の話ができました。選手の採寸をしているのも杉本さんなんですよね。
DSC_077301.jpg

サッカー選手は上半身は割とスリムなんですが、商売道具の足に関してはマッチョで、いろいろと大変らしいです。モニなんかはやはり太ももがすごいそうで…。若手で成長しているのは永井くんとのこと。見た目でもわかるんですが、やはりしっかり数字に残していると実感わきますよね。

採寸してからは、家内とデートっていうか、食べ歩き。M2PLANTさん近くのケーキショップでは母の日限定のケーキがありました。
DSC_077801.jpg


夕食は梅田のLawry’s The Prime Rib,Osakaさんに。ええ、だいぶ頑張りましたとも。
DSC_078001.jpg


親父譲りでこういうフォーマルなお店は苦手かもしれない…。でもローストビーフは思っていたよりずっと美味しかったな。さすがバルバッコアの系列店だけあってお肉はいいものを使っていますね。霜降りのお肉もおいしいけれど、最近は旨みのある赤身肉も好きだな。西洋わさびをつけて食べるのですごくさっぱりしているし。
DSC_078901.jpg

店員さんも気さくでいいですね。社員教育がしっかりできてるのか、勉強勉強。

DSC_079001.jpg

店員さんに結婚記念日のこと話ししたら突然歌を歌ってもらいながらケーキ登場〜。恥ずかしいやら嬉しいやら。家内今日2個目のケーキですが、特別な味がしました。

GWはずっと仕事でなかなかオフできなかったんですが、最終日をいい形で終えられてよかった。今日は確実に魂が解脱しているだろうけれど、これだけ楽しんだらいいでしょう。
posted by 西中島南方 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/06/11

戦の前の腹ごしらえ。

おコメも好きなんですが、パンもなかなかに好きなんですよ。おコメならいい銘柄を買って、いい釜で炊けばそう当たり外れはないんですが、パンは「アチャー」ってのと「おいしい!」ってのの差が激しくて、また同じおいしいでもサックリ系とかしっとりモチモチ系とか、いろいろと傾向があって面白い。長居でお馴染みパリーネさんなんかはモッチリ系で日本人好みの味ですよね。俺の好きな上本町のココロさんの食パンはトーストするとすごくサックリとした歯ざわりです。どっちもおいしい。

一度好きになるとハマるのも性癖でして。最近はおいしいパン屋さんめぐりをしています。今日は仕事ついでに本町のパンデュースさんに行ってみました。
DSC_032901.jpg


パン屋さんっていろんなパンがあって楽しい。そのお店オリジナルのパンなんてあると興奮します。写真は野菜のオープンサンド、こういう使い方してるのって初めてだったんで気になったな。

でもとりあえず、初めてのパン屋さんでは食パンを買うことにしています。食パンがまずくて他のがおいしいって、ありえないでしょ?蕎麦屋さんならもりそば、パン屋さんなら角食か山食を買ってみます。

ここはモッチリ系で、トーストしてもしっとりとしている感じでした。耳を食べると小麦の香りと旨みがじんわりきます、いい感じ。

早速この食パンを使ってBLTサンドを作ってもらいました。ベーコンも張りこんで日本ハムの桜燻し厚切りベーコン、日本ハムの商品で、桜の名前が入っていて、使っている塩が田舎である長崎五島列島のモノってんだから買うしかないでしょう!

で、写真撮影。
DSC_034202.jpg


こういう写真を夕食後に上げてみんなの食欲中枢を麻痺させるというね(笑 明日は試合なんだし、いいもの食べて、頑張って応援しましょうよ!!
posted by 西中島南方 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/05/11

「生きたお金」を使おうね。

最近毎月某異業種交流会に出入りさせていただいています。

山本さーん!薮本さーん!

などと内輪ネタはさておき…。こういう交流会は当然ですが、参加費が必要です。だいたい5000円前後くらいが平均かな。準備やスペース代、料理代なんか考えるとカツカツだと思います、いや、赤字かもしれない。


ある日その会合で俺の前の席に座った人が、お皿に山ほど料理をのっけて、ビールをガブガブ飲みながら笑ってたんです。
「いやー、5000円もととろうと思うと大変だねぇ」
って。

それは、多分違うなと。

その5000円は、人との繋がりを深めるために、新しい技術や情報を交換するために、新しい商売や取引を発生させるために使う「種」なわけです。だから5000円分飲み食いしたって、ダメです。


世の中には「高い100円」も「安い100万円」もあります。100円だからと支払っても何にもならない時もあるし、100万円だからと尻込みしていたためにその先にあるその何倍もの売り上げや、大切な知識、繋がりを失ったりするのです。


俺は今までカメラを3台、レンズを5本、バッテリーを5つ、フラッシュライトを1つ、カメラバックを1つ買いました。

計算すると全部で54万円使っています。

すごい金額ですが、おかげでいろんな人に「写真を撮って欲しい」「カメラについて話を聞きたい」と言ってもらえるようになりました。仕事でお金になることもたくさんあるし、二度と来ない家族の一瞬一瞬を、切り取ることができました。義弟くん二人の履歴書用に写真を撮って、補正してみたり…。それ考えるとリターンは大きいな。


これは極端な例ですが、緊縮財政をしくあまりに、そういう必要な出費までケチると、本当にダメになってしまう時があります。それをよく、考えてほしいのです。
DSC_031302.jpg


あはは、誰に向かってこのエントリ書いてるんだろう…。ねぇ…。
posted by 西中島南方 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/25/11

幸せを重ねて17年目です。

なんかtwitterのTLが騒がしいなと思ったら元鹿島、仙台のマルキーニョスが16歳の女性と結婚したらしい。マルキーニョスが35歳だから歳の差19歳!ということらしい。

ははーん。

はははーん。

と何故か湧き出る優越感とマルキーニョスに対する親近感。
オレと家内が出会ったのが、家内が15歳の時、正式にお付き合い!というのが16の時だったからね。

そこから、17年目の春です。また一つ、家内が年をとりました。
DSC_9756.jpg


歳をとるというのがイヤって人もいるよね、それはそれでアリだと思うんだ。でもそうしてここまで生きてこれた、ここからもまたずっと生きていけそうだって考えたら、いつの時代でも誕生日って、素晴らしいターゲットだと思う。

今年もその先もよろしくって、言っておいたよ。
posted by 西中島南方 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/23/11

43sの脂肪の代わりに手に入れたもの。

一年と3ヶ月前に118sとかでした。大阪場所で来てる力士さんでもオイラより小さい人とかいて、ああ、大変だな〜とかのんきに思ってた。

重いには重いのだけれど、血圧も平均だし、血液検査も異常なしだし、飲酒もタバコもしないから健康体だったので、まあ別にいいかなと。

なので今となってはなんで「ダイエットでもするか」って気持ちになったのかよくわからないし、思い出せない。偶然ちょっとだけ体重が減りだして、おお!少し食事制限しただけで減るじゃんとか気付いて、ゲームのようにカロリーコントロールするのが楽しかった。それだけじゃないかな。





今日、74.9sになりました。
DSC_974201.jpg


楽しいと続けられるし、計算通りに減量できた時は嬉しいし、特に苦痛なことはなかったな。苦しかったら止めてました。目標が75sだったので、これからはリバウンドしないようにコツコツしていきます。体脂肪率を下げて、基礎代謝を増やすのが次の目標。

体も、今までよりさらに健康になったと思います。体質が変わったのも大きいけど、何より食を大事にしよう、健康であるよう気をつけようという意識が、とても大事です。太っていた時よりもおいしく食事を摂っていますよ。



じゃあ、まとめ。人は外見をとても重視します。見た目がいい人がやって肯定されることでも、ブサイクがやると非難されること、たくさんあります。矛盾していますが、今回痩せて、普通の人に近づいてそれがわかって、一番反吐がでそうでした。

本当は、心意気とか、意識のようなものが一番大事で、何を成すにもそれが必要なのです。だからいい人というのは、何をしていくべきか、意識がはっきりしている人のことなのです。仕事でも、遊ぶにしても、そういう人といるといいです。優しい心、強い心は、何よりも尊いと気がついたのが、ダイエットした体以上の収穫でした。
posted by 西中島南方 at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/18/11

贖罪。

一度犯した罪というものは、償いきれるはずがない。やり直しなんてきかないのだし、被害者も加害者も、記憶はずっと残る。

でも、それでも、何か罪を犯したのなら、出来る限りのことをして、限りなく100%に近いところまで、傷口を埋めていかないといけない。相手がなんと言おうと。それが本当の償いなんだと理解している。

それを知っているから、厳しい案件だと思ったけれど、受けた。それがオレの贖罪。

こんなのも、ウザイんだろうか。わかんねぇや。
DSC_95800101.jpg
posted by 西中島南方 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。