head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

12/12/11

そこに一つしか無いという強み。

冬になって、木々が慌てて葉を落としている。

DSC_471701.jpg


北風が寒いけれど、近所のコリアタウンは盛況だった。

DSC_470501.jpg


女性が多いのは韓流の影響なんだろうか?

DSC_470701.jpg


コリアタウン、というと馬鹿でかいイメージを持たれているかもしれないけど、実はちょっとした商店街程度の通りに過ぎない。

ただ、売っているものが他とは違うという一点で、クッキリと独自色が出ている。

オールドカマーが土壌を作り、ニューカマーが若者向けにアレンジした商店街は、ちょっと真似ができないものであるから、韓流、韓流とマスコミが騒いでいたり、日本人がキムチや韓国料理に舌鼓をうっている間は、このような活況は続くんだろう。


どこにも無い、ここにしかない、というのは強い。セレッソもかくあればね。

DSC_470801.jpg
posted by 西中島南方 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/02/11

カメラは生きろ、カメラ女子はくたばれ。

写真は好きだ、とても好きだ。

大家が撮ったものでも、誰が撮ったのかわからないものでも、何気ないものでも、決定的なものでも、いろんな写真がすきだ。

一方で、写真をカテゴライズするのはおかしいと思っている。特に商業ベースの広告写真でもない限り、写真にカテゴリーは意味が無い。

そこに写っているのが何かとか、何で撮ったかとか、それで分けて世界を狭めるのは、寂しい。


一番酷いのは、誰が撮ったかで分けることだ。素晴らしい写真家でも失敗はするだろうし、どこの誰とも知らぬ人が撮った写真でも歴史に残るようなものはある。

ガーリーフォト、とか女子カメラなんていうのは、本当にひどい。同じ写真が二枚あるとして、撮ったものの性差で分けて、何があるのか。

仔細に言うと、女性の心を動かす写真とか、女性的な写真というのは、あると思う。ただ女性が撮ったからといって価値が変わる写真というのは、意味が分からない。


そういう気持ちでいたので、「東京エスカレーターガール」というサイトの「いまこそカメラ女子が撮るべき危険な被写体まとめ」なんて記事は、神経を疑った。

カメラを構えた女子にどういうわけか世間は甘い。


なんて文章を書ける人が、世の中にはいるのだな。

本当に撮りたいのなら、どうしても撮りたいのなら、それがなんであれ、自分が何者であれ、撮るべきだ。

これはカメラの話ではない。性差別、性差による優遇を自慢しているだけの戯言だ。そしてそれを是としてみんなも率先してこの優遇を受けろと吹聴している悪文だ。


こういうのはジェンダーフリーというのだろうか?そうでないと願いたい。もしそうだとしたら、俺は喜んで性差別主義者になるよ。

DSC_1749.jpg
posted by 西中島南方 at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/01/11

雨はしとしと市にふる

巷に雨の降るごとく
われの心に涙ふる。
かくも心ににじみ入る
この悲しみは何やらん?

DSC_3029.jpg


posted by 西中島南方 at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/25/11

モノクローム、モノクローム。

冬は寂しいな、すごく寂しい。

DSC_1599.jpg


DSC_1843.jpg


DSC_3328.jpg


寄り添って寄り添って。
posted by 西中島南方 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/22/11

無題。またはスタジアムをめぐる人達の記録。

DSC_3061.jpg


DSC_3062.jpg


DSC_3074.jpg


DSC_3078.jpg


DSC_3085.jpg


DSC_3110.jpg


DSC_3111.jpg
posted by 西中島南方 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/19/11

気付き。

写真が上手ですねと言われると、嬉しいんだけれど、寂しくもある。

DSC_5019.jpg


絵を描いたり、文章を綴ったりしてきた俺の個人的な感覚なんだけれど、芸術、創作活動の経験がある人間であるならば、写真はカメラの機械的な知識をプラスするだけで、「そこそこ」撮れる。

それは写真が「気付き」に特化しした芸術であるから。


創作活動でも同じで、対象がどのようであるかを気付かないと話にならない。どこから光が当たっていて、どちらにどんな影が出ていて、乾燥しているのか湿っているのか、楽しそうなのか悲しそうなのか、永遠なのか刹那なのか、いろんな様子に気付いて、それをどうにか自分の中で消化して、表現する。

絵の場合であるとそこからもいろんな要素と時間とお金がかかる。気分的にハードルがいくつかある感じ。カメラなら、ボタン一つ。

DSC_302301.jpg


今はいいカメラが安価で売っているから、オートで撮ってもそこそこの絵をはく。なおさら「気付き」の要素が大きくなる。

「工場萌え」とか「浅田家」といった、変わった切り口の写真が権威にも評価されるのは、誰も気付かなかった切り口、魅力に気付いた写真家が素晴らしいということ。


そんなわけで、ある程度の写真を撮っているうちは満足できない。もっともっとうまくならないとね。明日はもう少しマシなのを撮るよ。待っててな。

DSC_300001.jpg
posted by 西中島南方 at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/13/11

このクソッタレな世界。

旅に出たくなった。

旅に出たいという気持ちは、ここにいたくないという気持ちと似ている。

そんなに「ここ」は酷いところなのか、確かめたくなって、もう一度気持ちをさらぴんにして、カメラで撮ってみた。

俺の目は濁っているけれど、レンズはピカピカに磨いているから、本当のことを写してくれるだろう。

DSC_228301.jpg


DSC_229701.jpg


DSC_231601.jpg


DSC_232001.jpg


DSC_232101.jpg


DSC_232202.jpg


答えはまだ出ていない。
posted by 西中島南方 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/08/11

じゅび♂Jともさんにやられたでござる。

SOCCER UNDERGROUND BLOGの中の人にもとりあげられた「架空の笑っていいとも=Jとも」シリーズってのがある。詳しくはこちらで。

あんまりにも馬鹿馬鹿しくって、清々しいコラの数々に胸が熱くなるわけだw

過去には清武が出ていたり。

んで、昨日のゲストは、我らがモニでした。

443392261.jpg


む?この画像どこかで見た気が…。

と思ったら俺が撮ってましたw

DSC_513001.jpg


2ヶ月前の記事だから忘れかけてた。

と、思ったら。9/29のバンさんの時も!

410084975.jpg


バックこれじゃんw

11_bando.jpg


まあ、使ってもらえたのが嬉しかったりするけどね。ありがとう。
posted by 西中島南方 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/03/11

75mmの憂鬱。

DSC_1834.jpg


最近街撮りといったら、もっぱらAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gだ。ニコンDXフォーマットなら標準の単焦点レンズは35mm、今ならAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gか、馬鹿でかいAF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gが正解なんだと思う。でも俺は50mm(35mm換算で75mm)という、この焦点距離がとてもしっくり来る。

DSC_1514.jpg


理由はよくわからない。街撮りでも少しコツがいるし、室内なら長い事この上ない。例えるなら物干し竿を持って茶室に入ろうとしているようなもので、食べ物を撮る時など四苦八苦する。それでもなぜだかとても心地よいのだ。

DSC_1517.jpg


ひょっとしたら、俺とこのレンズはよく似ているのかも知れない。普通の人よりも少し前を行きたい、人の心の中まで覗きたいと考えているくせに、自分がふところに入られるととても気恥ずかしくて、まともではいられないんだ。

そうした欲求と、このレンズは相性がいいのかもな。コイツといっしょだったら、相手が誰だって、素晴らしいポートレートが撮れると思う。少なくとも、フリーペーパーのカメラマンさんよりはマシだよ。

DSC_1592.jpg


髪の毛の1本さえ愛おしいほど、写し込んでやる。
posted by 西中島南方 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/22/11

形ある物を僕は信じる

DSC_8592.jpg


DSC_0556.jpg


DSC_089001.jpg


AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gは、室内じゃ長すぎる。

歩いている時に、ふとスナップを撮りたくなった時に、ちょうどいいディスタンスなんだ。

DSC_092501.jpg


必要なものだけを、俺が必要だと思うものだけを残して、あとは全てぼかして、消して、いなくなってしまうレンズ。刹那的でいいじゃん。

キレイじゃないものがキレイじゃないのに、理由はないと思う。

キレイなものがキレイであるのには、理由があると思う。

だからキレイなものが撮りたいのさ。

君の顔が好きだ

君の髪が好きだ

性格なんてものは僕の頭で勝手に作りあげりゃいい

君の肩が好きだ

君の指が好きだ

形ある物を僕は信じる


斉藤和義 君の顔が好きだ
posted by 西中島南方 at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。