head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

11/08/06

長居改修問題 「世界陸上準備室」に電凸。

 デイリースポーツのこの記事を見て、怒髪天を突いたサポも多いと思う。私だってそうだ。以前某所で見せてもらった来年の施設利用予定表通り、来年前半も「仮住まい」は続くのか?まず改修に関して何回か取材に答えていただいた「大阪市ゆとりとみどり振興局(06-6615-0614)」に電凸してみた。

IMG_151201.jpg


 結論から言うと、今回に関してはここではあまり収穫は無かった。詳しい事は「世界陸上準備室(06-6251-4440)」に聞いてほしいとの事。早速そちらに電凸。

 何故予定していた工事が完了していても長居が使えないのか、カギはこの記事の中に隠れていた。この中でゆとりとみどり振興局の担当者から「余った予算で長居の荒れた芝を張り替えるかも」という話を聞いていたのだが、準備室の担当者から、より具体的で前向きな、長居の芝張替えの話題が出たのだ。

 本来ならそちらも本来の工期の中で済ませるべきと、私は思うのだが、どうもその工事はトラックの改修の後に行われるらしい。何故なのかまでは追求できなかったが、恐らく後付けで決まった工事なので、また入札などの手順を踏んでいない、単なる進捗遅れが原因かと思う。

 芝を貼りかえるとなれば、その芝が定着するまで養生をしなければならない。工事と養生期間を待っているうちに、世界陸上が始まるという、最悪のスケジュール。


 正直な話、養生してもヤリやハンマーがドスドスと芝をえぐっていくだろうから、その後に長居を使うとしても芝がいい状態である可能性は低い。セレッソとすれば全くメリットの無い話ではなかろうか。


  個人的には、確認していく度に無軌道で不誠実な予算組みとその運用に怒りを感じているが、ここを見られている他のセレサポはどう思われるだろうか?もし少しの勇気があるのなら、電凸して真実をその耳で確かめてほしい。


posted by 西中島南方 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/02/06

長居改修問題 べっぴんさんになってこいよ。

 小さな頃から、何故だか「万物に魂が宿っている」という観念をずっと持っていた。だから例えば「冷蔵庫を買い換える」なんてのは、私にとってはとても辛い事だった。

 もうボロボロの冷蔵庫、なかなか冷えないから氷なんかすぐに出来ないし、中のものもいたんでしまう。親父と新しい冷蔵庫を物色するのに電気屋まで行って、新機能がバシバシついた、大きくて中も広い冷蔵庫を見たりすると、もうこれに買い換えようという話になる。

 当時は即日配達なんてなかったから、それからも暫くオンボロ冷蔵庫を使っていたりするのだけれど、いざそうなると、いろんな思い出がフラッシュバックしてくる。

 作ってもらったかき氷を妹と一緒に食べた事や、毎日母親がその冷蔵庫いっぱいに食べ物を詰め込んでいた事を思い出す。何年も何年も、本当にボロボロになるまで、この冷蔵庫は我が家の為につくしてくれたのだ。それを思うと、なんの礼も言わずに引き取られるのはどうしても忍びなくなって、夜にこっそり「今までありがとう」って言ったりしていた。

 30を過ぎてもそういう性格は治らないようで、一昨日はなかなかスタジアムから出られなかった。今年最後の長居、次に出会うのは来年で、その時の長居は、今と違った姿になっている。どうして平気でいられようか。

IMG_095601.jpg


 長居には、セレサポのいろんな気持ちが詰まっている。私自身もいろんなシーンを、このスタジアムで観てきた。アキの7分ハットも、1-9でボロ負けした磐田戦も、真中さんの3分ハットも、モリシのワールドカップでのゴールも、2000年と去年の涙をのんだ試合も。

IMG_1243.JPG


 そういえば去年、大分戦の後、みんなでバスに入っていく選手一人一人に激励した事とか有ったね。

IMG_1203.JPG


 今年になってSBにピンクの幕をはるようになったり、ダービーの人文字用のボードを準備したりして、自分と長居の距離がより近づいた気がする。

IMG_2862.jpg


IMG_464701.jpg


 写真に撮ってると判るけれど、長居の屋根は良い。何がどう良いのか説明し辛いけれど、とにかく飽きない。

IMG_099101.jpg

IMG_1040.JPG


 辛い時でも、長居に来れば楽しい気持ちになれた。サッカーを観ていれば幸せってのも、単純かなと思うけれど、やっぱり、長居はいい。


 今年買い換えたばかりのデジカメで、今の姿を少しでも沢山撮ろうとあちこち動いていたら、通算が丁度1000枚になっていた。

IMG_100001.jpg


 暫くの間お互い大変だけれど、頑張ってな。いろいろしてくれるみたいだから、べっぴんさんになって、来年待っていてくれよな。
posted by 西中島南方 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

09/27/06

まことにもーしわけないっ!!

 以前OFFICIALの第二競技場の席割りがこんな風になっていたんで、

2006-nagai2.gif


 おっ、SBひょっとして仮設席でも作るんかい?と喜んでこんな記事を書いたのですが、後になって「本当に仮設席作るのか?」と不安になり、セレッソの事務所のほうに電話してみました。

西中島「SB席増えてますけれど仮設席でも作るんですか〜?」

S部長「んなことしまへんで〜」

 なんやねんそれorz

 でも確かにSB増量しとったよな、と確認したところ。

2006-nagai2.gif


 絵が差し替えられとるがな。しかもちょっといい加減に。なんかSBの外側の線が不自然にいがんでるし…。

2006-nagai2nasakenai.jpg


 というわけでここを見て「SB席少しは観やすくなるんだね」と期待しておった皆様。


誠に申し訳ありませんでした!!


 何か自分もフラストレーションが溜まっておったので、第二の席割りをイラレで整理してみましたよ。こっちの方がすっきりしてね?どうよ!?ご自由に転載してみてくださいな。

2006-nagai2nishinakajima.jpg


 それで気がついたんですが、ホーム側のA席ってマラソンゲートがある分、アウェーA席よりほんの僅かピッチより遠いんですね。

2006-nagai2nishinakajimaaseki.jpg


 ああ、世間の風は厳しいなぁ…。ホームAとアウェーAの入れ替えしてもいいような気がするんだけれど、どうなのかな。もう無理ですか、そうですか。
posted by 西中島南方 at 11:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

09/18/06

長居改修問題 いよいよ改修開始。

 われらがホーム、長居スタジアムの改修がいよいよ始まった。

IMG_084201.jpg


 OFFICIALの発表を見て、もうかなり手が入っているのかと思っていたのだけれど、少なくともスタンドに関しては、まだあまり進捗していない様子だった。


 例えばバックスタンド裏のコンコース、整備しなおすということだったけれど、殆どの箇所がまだ普通に使用できていた。

 ただ観客席の一部、身障者席になる予定の区画では、もうプラスチック製のイスは取り払われて、金具が残っているだけだった。あれも外してしまうのか、何かに利用する為に残しているのかは判らなかったけれど、そもそもイス自体が取り外しが容易なように出来ている部分なので、まずそこから手をつけたのかもしれない(メーカーのコクヨのHPにその紹介文がある)。

IMG_083901.jpg



 逆にトラックに関しては、時間が詰まっている為か、もうかなり手が入っている様子だった。

 まずトラックの一番内側に取り付けられていた縁石が、全て取り払われた。試合時にはそこで怪我をしないように人工芝が敷かれていた。かなり目立っていたので、気がつかれた方も多いと思う。

IMG_085301.jpg
 

 それからバックスタンドからは見えにくかったけれども、メイン側のトラックの一部は、もう表層を削る段階に入っている様子だった。ホーム側ゴール裏とメインスタンドの間のゲートに、剥離させたウレタンを乗せた荷車が停められていた。

IMG_084301.jpg



 工事自体まだまだなのでなんとも言えないけれど、千葉戦に限っては、それによる苦痛といったものは感じなかった。少し拍子抜けしたくらい。どちらかと言うと招待された少年サッカーの子供達のマナーの悪さのほうが酷かった。試合後のスタンドは相変わらずグチャグチャで、見るに見かねたサポーターの方たちが丁寧にゴミを拾い集めていた。

 それから、これは関係有るのかどうか判らないけれども、バックスタンド下の通路、特にトイレやゴミ置き場の悪臭も酷かった。ゴール裏のトイレやゴミ置き場は普通に行き来出来たのだけれど。あれはなんだったんだろう?


 まあその悪臭を差し引いても、長居はいいスタジアムだと思う。どの席からもそれなりに観られるし、売店も少し増えていたようだし。今年このスタジアムが使えるのは、もうあと一試合だけというのは、本当に寂しい。せめて鹿島戦を勝利で飾って、いい思い出を残したい。

IMG_084501.jpg
posted by 西中島南方 at 11:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

09/04/06

第二に仮設席?

128 :U-名無しさん :2006/09/03(日) 20:02:28 ID:n5eU51kJ0
オフィシャルのチケット情報見てて思ったんだが
SBは仮設席設置ぽいね


 ん?ほんまか?などと思い、OFFICIALへ。確かに第二のシルエットが少し変わっていますね。

2006-nagai2.gif


 ちなみに実際の長居第二はこんな感じです。

nagai2nd.jpg


 バックスタンドの後ろにアップ用のトラックがあります(ちょうど破線で囲んだ辺り)。ここはスタンドとの高さの差もそれ程無いし、確かに仮設スタンドを設けるならうってつけの場所ですね。仮にそうなるのならこんな感じになります。

nagai2nd02.jpg


 白く浮いた部分が仮設スタンドです。こうするとホームページのスタンドの形とぴったりあう。

 でもトラックの上に仮設スタンドが置けるんなら、もう思い切って

nagai2nd03.jpg


 ゴール裏もこういう感じにしてしまってもいいんじゃないでしょうか?ここまできたら日立台に後一歩だ(w




 ところで…。
posted by 西中島南方 at 11:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/18/06

長居改修問題 9億円で出来ること。

 昨日の記事で長居スタジアム改修費が9億円以上余っている事を書きましたが、もう一箇所、改修する部分が有る事を忘れていました。ホーム(北)側の電光掲示板を発光ダイオード形式にする改修です。

 近年青色発光ダイオードの発明で、LEDを使ったビジョンが飛躍的に発達しました。フルカラーを表現できる上に、既存の電光形式よりも耐久性がいいので、最近スタジアムに取り付けられる殆どのビジョンは発光ダイオードを使っています。

 もし余った9億7000万円が全額掲示板の改修費だとすれば、どれ程のものが出来るのでしょうか?青色発光ダイオードは少し割高の為、施工費は高価になりがちと聞きましたが?

答え

ホークスビジョン.jpg


9.984m×52.992mくらい。


 福岡ヤフードームで今年から使用されている新しいホークスビジョンの総工費が約10億円程度だそうです(ソース)

 長居の南側スタンド上にあるビジョンが高さ9.3m、幅24.8m(ソース)らしいですから、それのおおよそ2倍のビジョンが作れますね。東西の屋根の端から端までを覆ってもそれ程のビジョンにならない。やっぱり合点がいかないですね。


 というわけでおなじみゆとりとみどり振興局への電話取材です。こっちも向こうももう慣れました。職員の方、少しうんざり気味の対応です(w 

 話せば長くなりますので、かいつまんで。

・トラックの改修については当初全面改修の予定だったが、財政逼迫の折、工費圧縮の為、表層だけを張り替えるオーバーレイ工法に変更した。予算に比べてトラックの改修費が安いのはその為。

・10年前と同じ舗装材を使ったオーバーレイ工法でも、クラス1の認定を受けられる(確認済み)。

このまま工事が順調に進捗すれば予算が余る可能性がある。

・その場合は長居、長居第二の芝等を含め、老朽化している施設の改修に予算をまわす、かもしれない。


 全体的に歯切れ悪い感じでした。財政が逼迫しているならそもそも世界陸上の誘致をしなければいいのにな。


 なんかちょっと予算組みとか杜撰な感じがしたんですがどうでしょうか?
posted by 西中島南方 at 12:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/17/06

長居改修問題 消えた9億円。

 長居の改修業者が決まったようです。トラック部分については大阪の株式会社奥アンツーカが2億2200万円で落札、スタンド(障害者席)の改修についても同じく大阪の辻岡土木株式会社が8576万1千円で落札しました。詳細は大阪市のページにて。


 株式会社奥アンツーカは長谷川体育施設株式会社のようにCLASS1認定トラックの改修実績は無いものの、96年の長居大改修の時にトラック部分を施工した実績の有る会社、早速電話取材しました。

奥アンツーカ.JPG


 まずなぜトラックの改修費が2億円代に納まったのか。本来は一番下の素地から張り直すところを、表層(2_程度)を削って、そこに新しい素材を流し込むだけにしたからだそうです。それほど大掛りな工事ではなさそうかな。材質を乾燥させたりしなくてはいけないので、それでも9月〜12月の工期は変わらないようですが。

 ちなみに流し込む素材は、96年の大改修時と同じトップエースCLを使用するとのこと。日本陸連は高反発ウレタンで新記録を期待していたはずなのですが、予定が変わったのか何なのか…。

辻岡土木.JPG


 それから辻岡土木株式会社にも取材をしたのですが、こちらはまだ落札したばかりで、ゆとりとみどり振興局等関係団体との話し合いもまだなので具体的な事は話せない、というすげない返事でした。収穫は無し。


 しかし今回話題にしたいのはこれからの話。以前のエントリで大阪市が予定している長居スタジアムの改修費が12億4146万8千円であるとお伝えしましたが、改装のメインであるトラック、スタンドの改装費用が、思ったより小額だと思いませんか?単純に引き算をすると

1241468000(予算)-222000000(トラック改修費)-85761000(スタンド改修費)

=
933,707,000


 何と9億3370万円も余ってしまうんです。電光掲示板の設計費が330万で落札されており、設計費は施工総額の1割が相場という事を考えると、電光掲示板の改修だけで9億以上もかかる事は考えづらい。いよいよもって予算配分が判らなくなってきました(ちなみに告知イベント等の予算は別枠で計上されています)。


 施工業者も施工法も予算も?だらけのこの改修、ほんとうにキチンとしたものが出来るんでしょうかね、すこし不安だったり…。
posted by 西中島南方 at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/06/06

長居改修問題。有識者は語る。

 前日長居の電光掲示板改修について、設計だけで330万って高いのか安いのかという話をしたばかりですが、知り合いの一級建築士から話を聞くことができました。


 といっても家内のお父さんなんですが。


 しかも昭和設計に同級生がたくさんいるらしいんですが。


 「いいんすか?いろいろ調べますけれど」と確認とったんですが「別にええんちゃう?」という事でしたので、バシバシ活動しますべや(w


 まず330万という設計費、かなり格安らしいです。もともと大改修の図面をひいたのもここだということで、その分余計な測量だのをしないですむからかなと、これはあくまで私見ですが。

 ただ、入札は公平に行われたと思いますか?という質問には「それはないかな」という返事が返ってきました。やっぱり、こういう入札に公平性を求めるべきではないらしいです。業務実績に公共事業が多いというのは、偶然ではないと。

 今回はノウハウの有る業者が当たりましたけれど、そういうベストチョイスが必ず行われるかというと、それはNO。ならば、それを厳しく注視する存在が必要なのかなと感じました。電光掲示板、スタンド工事の施工業者、トラック改修の設計、施工業者、まだまだ決まっていないですからね。


 そうそう、それからこれは別の話ですが、昨日近所をぶらついておりましたら、近くの小学校の塀際にたくさんの世界陸上ののぼりが立っていました。こういうのも、アピール活動の一環として行われているんですね。

IMG_440301.jpg


 個人的にはマスコットのトラッフィーが好きなんで(デザインがかっこいい!)一本くらい欲しいなと感じた次第です。どれくらいの予算がかかってんでしょうかね?
posted by 西中島南方 at 15:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/05/06

設計330万円也。高い?安い?

 代表の話題よりも長居改修問題でございます。まだこの13人だけじゃチームコンセプトもなにも判らないですからね。佐藤寿人、闘莉王が呼ばれたのは嬉しいですよ、でも今の時点ではそれだけです。嘉人やフルが呼ばれたのなら話は別なんですが…。


 さて本題。発見というか見落としというか、電光掲示板の改修について、設計する業者が決まっていました。こちらで確認できますが株式会社昭和設計というところだそうです。

 ホームページを見ると今の長居へと回収される際の設計にも携わっているようで、その点でのアドバンテージは有るのですが、よくよく実績一覧を確認していると、あまり大型の電光掲示板関係の設計実績はないような。ここでいいのかな?ちなみに去年今年とサポコンを開催した阿倍野区民センターやそのすぐ前にあるあべのベルタ、それから斎場や浄水場、庁舎など、阪神間の公的建築物や公共事業には強いようです。いよいよ微妙。

 ついでに調べてみますと、電光掲示板に強い業者さんも、当たり前ですが何社かあります。しかし大阪だといわれへんところの松○だとか、本社が近所なのにスポンサーになってくれないシ○ープだとか、他はないかとあたってみても、「ウィアレッズ!ウィアレッズ!ウィアウィアウィアレッズ!」の三○さんだとか、とにかくなんとなく頼みづらいところばかりです。安くあげたい気持ちもあるけれど、そういうところに頼みたくない気持ちも当然あるわけで。うーん。

 
 そう、おぜぜの話もしなければ。曰く、設計にかかる費用は330万円とのこと。私はバリバリの文系ですし、建築関係に詳しくも無いものですから、この価格が高いのか安いのか、正直な話よく判らないですね、調べておきます。あれだけでかいビジョンを管理システム込みで設計するわけですから、そんなに安くないだろうな、とは思っていましたけれど、ほんとにピンとこないな、この数字は(w


 ということで、今回の進捗連絡は終了。試合の無い土曜日は力が入らないですよ。かと言って試合ばかりだとフラフラになるんで、どっちがどうとも言えないんですが。
posted by 西中島南方 at 12:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/01/06

長居スタジアム改修詳細etc

 今日も今日とて大阪市ゆとりとみどり振興局まで電話取材をしてみました。OFFICIALでは9月のホームゲームを第二開催ではなく、工事中の長居開催と変更したが、その詳細はどうなっているのか、また工事の内容、進捗に変化が見られたのか。


nagaistudium.gif まず工事なのですが、やはりトラックの工事は8月末から始まるようです。それから身障者席の改修については、55ブースある身障者席の中からメイン、バックの17ブースについて、通路内側のブースを撤去して一般席を設置し、逆に通路下段の一般席をつぶして新しいブースを設置するという事でした。ただ、これらの工事を請け負う業者の入札はまだ行っていないとの事。どの業者でも大阪国際女子マラソンにまにあわせられることが前提らしいのですが…。身障者席17ブースがどのブースなのかも気になりますね。

 工事の入札は8月初旬に行い、その後工法、工期を調整、8月末から段階をおって工事を開始する流れとの事。入札情報に関しては財団法人 大阪市建築技術協会のホームページで確認できると紹介がありました。このページの10番に、入札案内が出ています。


 最後に、今回電話取材してうかがえた話を2、3ご紹介します。

 まず日本陸連に関して、正直あまりいい感情を抱けません。曰く「長居陸上競技場は『陸上競技場』なのだから、陸上競技を最優先にするのは当たり前」というスタンスなのだそうです。ですから今年(注:ゴメン、去年か)ピッチを拡張した際にもかなりの圧力がかかった様子でした。本当にスポーツが好きなのなら、陸上競技であろうがサッカーであろうが、等しく尊重して頂けるものと思っていたんですが。

 それから9月の2試合を長居スタジアムで行うまでになったのには、セレッソの強い要望があったようです。9月にはすでにトラックの改修も始まっているのですが、トラックの養生、管理に関して責任を持つので、一試合でも多く長居スタジアムを使わせてほしいという話があったと聞きました。最近つとにバッシングの対象となっているフロントですが、これは久しぶりのファインプレーではないでしょうか。こういうところはちゃんと評価しましょう。


 工事業者の入札がまだ決まっていない以上、まだまだ予断を許しませんけれど、少なくともセレッソは出来る限りの努力をしているようです。これからも注視していきましょう。
posted by 西中島南方 at 13:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。