head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

05/17/07

長居改修問題。芝生の按配について。

 以前のエントリで、張り替えたはずの長居の芝生の状態が酷いというのがあって、先週辺りに電凸しようと思っていたら、例の騒動で流れてしまいました。それについてはスイマセン。遅ればせながら、ホームレスと左翼活動家には厳格大阪市ゆとりとみどり振興局との電凸の様子を少々。

IMG_513301.jpg


 おっとその前に、札幌戦と同日、長居公園で行われていた「オリンピックデーラン」のメイン会場となっていた長居スタジアムの芝の様子です。

 まずは北側。

IMG_512501.jpg


 総じて以前よりマシになっていますが、あくまで「マシ」という程度。まだまだスポーツには使えないですね。

 そして南側。

IMG_512601.jpg


 こちらは写真で見るより青々としていて、いい感じ。ただし砲丸(もしくは円盤?)の着弾地点はボコボコです。


 さて、本題。電話で質問をぶつけたので箇条書きに。

Q. 張り替えられたはずの芝が荒れていて、あまりいい状態にないようだが?

A. 芝はまだ育成途中で、今の段階ではまだ十分な状態ではありません。しかし専用のキーパーが養生しているので、6月には間に合わせられます。

Q. 芝生に混じって雑草が生えているという話もあるが?

A. 今回張り替えた芝の品種はティフトン419というものですが、純粋な芝ではなく、交配種です。雑草に見えたのはその為ではないでしょうか?

Q. 座席が酷く汚れているが、清掃の予定は?

A. 一部の座席が汚れているのはこちらでも把握しています。これからいろいろなイベントがありますので、清掃はこちらで行う予定です(時期については不明)。


 今回の電凸は収穫少なかったです。座席については清掃があるそうなんで一安心ですが、まさかセレッソが試合やった後とかじゃないだろうな?などといらぬ心配をしています。本当に杞憂ならいいのですが…。
posted by 西中島南方 at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/06/07

長居改修問題。 セレスレ511氏へ。

 写真見た。酷い有様だよね。心中お察しする。月曜責任もって電凸します。マジです。

http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1178200407/511

 大阪市ゆとりとみどり振興局の人は、四月、私に言いました。

長居スタジアムの件もまとめて聞いたのですが、工事については完了済み、後は張り替えた芝生が根付くだけ、という段階まで来ている。


 それがこれですか?根付いていないのは傍目にも明らかでしょう?うん、普通に腹立ってきた。


 それから汚れた座席。これも何とかできないかな?ほっといても世界陸上の時に掃除するんだろうけれど、それじゃホームって言えない様な気がするんだ。それに芝生一つとったって満足に養生が出来ないような大阪市が、四万ある客席全てを綺麗に出来ると思う?私は信用できないね(笑

 まあ、ホント何とかする。協力お願いするかも知れないけれど、その時はヨロシク、以上。
posted by 西中島南方 at 00:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/18/07

長居改修問題 あともう少しの辛抱。

 以前書いた第二のトラック張り替えてない?という話の続きです。

IMG_356401.jpg
違和感のあるトラックの継ぎ目


 例によって例のごとく、長居公園を管轄されている大阪市ゆとりとみどり振興局(先日はホームレスと左翼活動家の排除で大活躍でしたね!)に電凸しました。さすがに住民票がある人間には物腰柔らかでしたよ。

 で、話すと長くなるので箇条書きです。
 
・トラックの張替え、セレッソの試合をはさみながらも長居スタジアムの改修と平行して工事をしていたそうな。だから仙台戦ではその部分だけラッピングされてたのか。

・施工費用は6500万円、施工業者は長居スタジアムのトラック部分同様株式会社奥アンツーカ


 これを聞くと、やっぱり芝の手入れと施工方法次第で試合しながら工事できたんじゃないの?という疑問もわきますよね。

 事実05年の第二の芝と、今年の芝では、張り替えてもいないのに明らかにコンディションがいいし。やっぱりつまみ出されたのはあそこらへんの嫌がらせなのかね(どことは言わないですが)

IMG_115901.JPG
05年 見た目よりも枯れていて、ところどころボコボコです

IMG_347201.jpg
今年 緑の濃さが違うような、ボコボコでもないし


 で、長居スタジアムの件もまとめて聞いたのですが、工事については完了済み、後は張り替えた芝生が根付くだけ、という段階まで来ているそうです。仮設ではない工事の内容については、また箇条書き。

・メイン、バックスタンドに、通路よりもグラウンド寄りにせり出すタイプの身障者席を設置

・トラックの表層のみを削って、新しい用材へと張り替え

・北側の電光掲示板は、別にカラーになるのではなく、オペレーティングシステムを改良するだけ(見た目もほぼ変わらない?)

・南側のビジョンの表示素材は、より鮮明で、ランニングコストの低い発光ダイオードに変更

・痛んでいる(?)芝生を全面張替え


 これに第二のトラック改修も含めておよそ20億円弱です。仮設設備(記者席、選手移動用陸橋etc)も含めれば、もう少し上がるでしょう。世界陸上後の撤収も含めれば…。施工方法、お金の使い方共に疑問だらけですね。


 まあ、今更「今までの工事無かった事にしろ」なんて出来ないですから、今は芝生が根付くのを待って、六月の試合で、少しでもきれいになった長居に行きましょうか。
posted by 西中島南方 at 01:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/05/07

飛ばず、踏まず、じっとじっと。

 えー、あえて書きます。初めてかな?音楽の話題!

Mr.Children HOME TOUR 2007

大阪

09/29 土 長居陸上競技場 開場 15:00 開演 17:00
09/30 日 長居陸上競技場 開場 15:00 開演 17:00

問)キョードーチケットセンター
06−6233−8888
http://www.kyodo-osaka.co.jp »


 どわーっ!ミスチルて!好きやけど!長居使うて!しかも2daysて!

 長居のスタンドのレイアウトを考えたら、ゴール裏のどちらかの前にステージ作って、その前(当然芝生)がアリーナになって、そんな感じのレイアウトになるんやろうなぁ…。グラウンドの上って2万席は入るんと違う?芝生の上はそのうち5000席というところかなぁ。

 ただでさえ世界陸上の投擲競技で傷んでいる芝生の上で、5000人が2時間くらい飛んだり跳ねたり、しかもそれが2連荘か。サッカーするより痛むよこれは。


 最近何考えてるのか判らんけれど、あっちこっちにここの宣伝してくれてる人がおるから、この件も2ちゃんとかに貼られるのかね。そうしたら、ミスチルのファンの人もここ見るかな。そうしたら好都合やね。


 ミスチルファンの皆さん、今回のスタジアムツアー、長居だけじゃなくて、他のスタジアムも、殆ど全てが天然芝のスタジアムです。

 天然芝はきれいで、クッションが利いてて、怪我しにくくて、熱も吸収してくれる素晴らしいものやけれど、その分維持管理が大変で、特にツアー中の夏場は、人と同じくらい、芝もバテます。九州石油ドームなんかは風が通りにくいから、余計にそうです。

 そこで飛んだり跳ねたりすると、芝も傷むし、土が踏み固められて、根もダメージを受けます。そうすると芝枯れが始まって、回復するには何ヶ月もかかります。


 別に何の強制力もないけれど、もし芝の上に貴方が立つ事があったら、出来る限り踏みつけたりするのは堪忍して下さい。絶対にするなとは言いません。沢山の人が、少しでも気をつけてくれるだけで、ダメージは随分軽減されるはずです。


 音楽が好きな人がいるように、陸上が好きな人がいるように、サッカーが好きな人もいます。ピッチはそんな人達にとって、大切な場所なんです。ライブハウスやコンサートホールやトラックを大事にするように、芝生の事も、よろしくお願いします。


追記

この情報はわんちゃんさんのコメントから知りました。貴重な情報有難うございます。
posted by 西中島南方 at 23:14 | Comment(6) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/29/07

帰ってきたぜ!長居!!

 第二って、スタンドが小さくて低いじゃないですか。だから近くまで行かないと、なかなか「よしっ、スタジアムに来たぞ!」っていう実感が沸かないんですよね。やっぱり電車からでも見られる長居スタジアムって、いいスタジアムですよ。

IMG_279801.jpg


 というわけで日曜日、サポコンの前に、大阪国際女子マラソンの為に開放されていた長居スタジアムに潜入取材をしてまいりました。試合の日にはセレッソの旗がたなびく街灯に、この日はマラソンの旗が掲げられていたりして、いつもとは雰囲気が少し違っていましたが、見紛う事なき我がホームです。

 まず真っ先に目に入ったのは、通路から前に迫り出す形で設けられた身障者席ですね。

IMG_279901.jpg


 バックとメインの中央にそれぞれ5ブロックと4ブロック、それに四つある身障者用のスロープ付きゲートの周辺にそれぞれ2ブロック、計17ブロックの身障者席が増設されていました。後ろの身障者席はそのままのようですから(仮に一般席にしても見辛いだけですし、それでいいと思います)、収容人数は若干減る形になりますね。

IMG_280101.jpg


 身障者席自体はこんな感じ、広さも十分。若干バーが多い分、実際に使われる方には少し見辛いかもしれません。安全なことは安全なのですが。


 それからビジョン化する予定の北側の電光掲示板には、まだ手が加えられていませんでした。

IMG_280001.jpg


 時間は十分あったはずなんですが、どうしたことか。設計自体は終了しているはずだし、施工も去年の9月にパナソニックSSマーケティング株式会社を抑えて東芝ライテック株式会社に決定しているし…。まあ芝の張替えと平行しても出来るんですがね。


 次は世界陸上で記者席として使われる予定のメイン南側席です。

IMG_281601.jpg


 んー、ここも見事なまでに何の手も加わっていないんですが、これでいいのかな?TV中継用の特設ブースが写真上側にありますが、こんな感じでいくのかな?なんか工事頑張ってた割にはあまり進捗していないような…。


 まあトラック部分に関しては、きっちり完了していました。そりゃマラソンですから間に合わないとダメなんですが。

 さあ、これが「大阪発、世界新記録」を生み出す新しいトラックです!!

IMG_281001.jpg


 と言っても専門家でもない私が見たところで、劇的な変化があるかどうか判る訳でなし、多少表面のテクスチャーがくっきりした分、スパイクが引っかかりやすいかもという事ぐらいしか感想なしです。

IMG_282201.jpg


 この一枚はマラソンゲート(アウェーゴール裏とホームファミリー席の緩衝地帯辺り)からやり投げ用の助走開始位置辺りを撮ったものです。下側が既存のトラック部分、上側が新しく張り替えた部分です。くっきりと張り替えたラインが見えますね。


 心配だったのは芝の状態。どうせ張り替えるからと手入れをしていないのか、それとも冬だからなのか、思っていたより酷く荒れていました。写真だとまだ見れるんですが、実際はもっと状態が悪かったです。サッカーが出来る状態ではありませんでした。

IMG_281901.jpg



 最後は余談です。私がスタンドに入った頃、丁度市民ハーフマラソンがスタートしていて、トラックを市民ランナーの方達が走っていたんですが、私がいたメインスタンドからだと、手前の走路を走られているランナーが若干見え辛いんですよ。なんというか、間合いに入り込みすぎているというか、スタンドの一番前が他の陸上競技場より高いせいもあるでしょうが、とにかくちょっと違和感があるんですね。

 そりゃずっとサッカーしか観ていない人間ですから、そういう主観も入るでしょうが、陸上競技場としての長居スタジアムは、日産スタジアムよりも悪いスタジアムかも知れません。それくらい変な感じでした。それでは。
posted by 西中島南方 at 23:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/07/07

Stade de France>長居なのご存じなくて?

 2ちゃんねるからネタの提供を頂きました。

739 :U-名無しさん :2007/01/07(日) 11:15:16 ID:MsaqKN8cO
今朝の朝日新聞にまたも大阪市の醜態が掲載。
携帯なので掻い摘んで書いてみる。

世界陸上の集客目標をこっそり修正60万人→45万人

当初300億円の経済効果を前提に財政難の中40億円支出

しかし、来場者が1/4も減れば波及効果に疑問。

目標値の修正は一部の市議にしか説明していない。

ゆとりとみどり振興局は競技場の規模が03年のパリ大会に
似ているだけで60万人を目標にしただけで根拠なし。


携帯ではしんどいので後は西中○南○さんに頼みます


 ウチは産経新聞なんで他紙の情報はとてもありがたいです。しかしこういうの聞くと本当に(一部の)公務員って仕事してないなと思いますね。

 そもそも長居スタジアムの規模がフランス競技場に似ているなんて考え方から酷い。

長居スタジアムwiki

Stade de France wiki

 フランス競技場はサッカーやラクビーの際はせり出し式の席を出しますよね。これで収容人数は約8万人。陸上時にはせり出し席は引っ込めますから収容人数は減りますが、それでも7万弱は入るでしょう。

 長居スタジアムはwikiでは5万人とありますが、最大でも4万5千人。世界陸上では記者席を大幅に拡張するらしいですから、それ以下になるのは間違いない。この図ではメインスタンド南半分が殆ど記者席になるようですから、4万人も怪しいかも…。目分量ですが3万5千人くらいでは。

 これで9日間、午前午後入れ替え制で60万人の動員を見込んだんですからいい加減なもんです。仮に4万席として、終日満員になっても68万人。この状態で60万人動員など有り得ないでしょう。夏休みとはいえ平日込みで45万人も厳しいハードルと言えます。

 前回大会の舞台となったヘルシンキオリンピックスタジアムが丁度収容人数4万人で、かなり長居に近い規模だったのですが、テレビを見ている限り、とても全席札止めとは言えない状態でした。これも考えると35〜40万人程度の入りではと思っているのですが、どうでしょうか?

 気になって陸上板の世界陸上スレも見てみたんですが、陸上ファンからしてもチケット代の設定は厳しい様子。というかなんでここのリンクが張られているのか、炎上狙い?


 競技の時間も海外向けにかなりずらされていてやさしくない。例えば男子100m決勝は26日(日)の22:20からと遅いし、室伏選手が出て盛り上がるだろう男子ハンマー投げの決勝は平日27日(月)の19:30で逆に行きにくいし、苦労の跡は見えますが、やはり少し厳しい。


 本当のところ、世界陸上に関してはさんざっぱら煮え湯を飲まされていますから、陸連や大阪市の皆さんにはせいぜい冷や汗を流していただきたいと思っていますが、陸上ファンの方、そして参加して頂く選手の方々にとって良い大会になってほしいです。下らない市政の犠牲者はセレサポだけで十分ですから。勿論大成功で大阪が、長居が潤えば、それはそれでいい事です。それくらい頑張ってほしいな。
posted by 西中島南方 at 19:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/29/06

一週間のお祭り騒ぎ、一年間の流浪の旅。

 このニュースリリースが最終的な結論ということになるのだろうな。

CEREZO OFFICIAL

2007年シーズン セレッソ大阪ホームゲーム開催場所についてのお知らせ

12月22日、大阪長居スタジアムの管轄部局である大阪市ゆとりとみどり振興局及び弊クラブにて「2007年度世界陸上開催に伴う大阪長居スタジアム改修工事」に関するミーティングを行い、以下の通り概略が決定しましたのでお知らせいたします。

【2007年度ホームゲーム開催会場】
◆3月〜7月末:長居第2陸上競技場(6月の一部の試合は大阪長居スタジアム実施)
◆8月〜9月初:地方開催
◆9月中旬以降:大阪長居スタジアム

 チーム同様、フロントも、ついぞ長居に関する話し合いで、イニシアチブをとる事は出来なかった。

 最初は、まあ今年いっぱいまでだから、で始まった2007世界陸上開催の為の長居スタジアム改修工事。一度は予想よりもコンパクトなものに収まるかに見えたが、大阪市の「与えられた予算は使い切る」という、およそ破綻寸前の自治体とは思えない体質と、何の足しにもならない日本陸連のメンツによって肥大化、長期化し、ついにはまる一年を要する大規模事業になった。

 改修などには既に19億円以上が投じられているし、世界陸上の認知度を上げるキャンペーンにも億単位の予算が組まれている。これでまだ「準備段階」というのだから恐ろしい話だ。大会期間中や、撤収の際には、またどれ程の血税が使われるのだろう。


 セレッソはこのあおりをまともに食らった。来年はJ2、余程の努力なくしては観客動員の維持さえ難しいだろう。そしてどれ程頑張っても第二競技場では15,000人というリミットがある。その上最も集客が見込める夏休み期間中は、地方のスタジアムを転々としなければいけない。傍目に見ても頭が痛い話。


 まだ実際には、地方開催の際に、何処の、どのスタジアムを使用するのか決まってはいないが、施設の充実振りや、大阪からの距離を考えると、みの字さんの言うとおり、滋賀の皇子山総合運動公園や岡山の桃太郎スタジアム、鳥取のバードスタジアム開催が妥当な線だろう。ウルトラCで花園ラグビー場に照明設備を持ってきて、ナイター開催に耐えられるようにするという手も有るが、予算を考えればあまり現実的ではない。それなら江添、苔口という「ご当地スター」で集客効果の望める岡山開催の方が、ずっと自然な形だろう。


 とはいえ、岡山も大概遠い。

osaka-okayama01.jpg


 新幹線を利用しても大阪から2時間弱、在来線なら2時間半かかる。夜7時開催なら、市内在住でも、タイムアップ直後にスタジアムを出て、タクシーかバスを捕まえなければ、帰宅すら出来ない。まだ土曜開催ならネットカフェで時間を潰して始発を待つなどという方法もあるが、平日開催ならタフな旅になる。距離が半端なので夜行バスや高速バスが使えないのも痛い。


 もうここまで来てしまうと、この逆境をむしろ楽しんでみたり、逆手に取った運営があってもいい気がする。例えば今はアウェーバスツアーが有るが、ホームでも地方開催ならバスツアーを組むとか。

 とりあえず私は観戦ついでに観光でもしてみようかなと思っている。名所を訪ねるのもいいし、名物を食べてもいいし。それくらいたがが外れていないと48試合を乗り切れないような気がする。


 まだ今シーズンの余韻が残ってはいるが、もう来シーズンの開幕まで四ヶ月を切っている。今のうちにこういうことを思案しておかないと、後手後手を踏みかねない。そういうのは球団だけで十分だ。
posted by 西中島南方 at 01:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/13/06

久しぶりの長居、ただいま突貫工事中。

 知人に会う時、

「どこで会う?」

 と聞いてみて、

「どこでもいいよ」

 と言ったら、迷わず長居に連れていくわけです。というわけで、久しぶりの長居。夜もかなり更けておりましたが、やっぱり気持ちがいいな。なんていうか、ホームって言葉がしっくり来る。

IMG_193701.jpg


 この画像、多少色調補正していますが、明るさはいじってません。左手の球技場ではなにやらサッカースクールのようなものをやっていました。長居スタジアムの方は工事の為に照明をつけているようです。

 こういうのを見ると、工事が遅れてるのか?とか思ったりして、心配になって、空いた時間で長居スタジアムの周りをグルグルまわっておりました。結構夜遅くだったのですが、かなりの人数が、まだ残って仕事をしていました。

 選手が乗ったバスが停まるゲートが、工事中の資材置き場になっているようで、仮設のトイレなんかもありました。よく考えればグラウンドからだと行けるトイレってないですからね。

IMG_195201.jpg



 そういうところのゲートの隙間から、スタンドの様子を撮影。自分でも何やってんだかと思うのですが、やっぱり長居は帰るべきホームですから、気になって仕方が無い。

 身障者席に関しては、ほぼ完成してるんじゃないでしょうか?SB両端(ゲートの真上)の身障者席は取っ手もついて、万全という感じ、後はその前にあるシートのかかっている座席をやっつければOKでしょう。記者席は覗いているゲートの真上にあるので、未確認。大型ビジョンがすえつけられる予定の北側の掲示板も、外から見た限りは変化無しでした。

IMG_197201.jpg


南側のゲート上に新設された身障者席。


IMG_196501.jpg


北側のスロープつきゲートの前。後ろにある既存の身障者席はそのままのようです。


 で、問題のトラックですが、前日の雨を防ぐ為か、それとも養生の為か、カバーがかけられていました。

IMG_196501.jpg



 トラック部分は、どれだけ遅れても、大阪国際女子マラソンが開かれる来年の1/22までには(現実的にはチェックが必要ですから1月中旬には)、完成していないといけないわけですが、少なくとも今のピッチなら問題なしでしょう。


 ひとしきり写真を撮り終わって、ふと上を見ると、球戯場から漏れるカクテル光線が、長居スタジアムの外壁に虹をかけていました。

IMG_196901.jpg



 こういうのを見ると、早く帰りたいな、長居でセレッソの試合を観たいな、という気持ちが強くなってしまいますね。工事関係者の皆さん、頑張って、早いこと工事を完了させてくださいね。
posted by 西中島南方 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/25/06

長居改修問題 見解バラバラすぎ。

CEREZO OFFICIAL

2006年度年間パスポートご購入の皆様へ

すでにご存知の通り、2007年8月から、大阪長居スタジアムにおいて世界陸上大会が開催されます。これに伴い、2006年9月より改修工事が行なわれております。この工事に伴い、2006年10月より長居第2陸上競技場でのホームゲーム開催を余儀なくされ、何かとご不便をお掛けいたしております。
2007年も引き続き大阪長居スタジアムは改修工事が行なわれる予定で、シーズン前半は長居第2陸上競技場を使用する予定です。(Jリーグの試合日程調整のため各スタジアムの試合数は現時点では未定です。)

 このニュースを聞いて動揺されている方も多いかと思う。ただ私個人は、今までの大阪市ゆとりとみどり振興局の不誠実な対応を肌身で受けてきたので、こういうこともありうるな、という印象を持った。


 とりあえず事実確認をする為に各所に電凸したので、ご報告と情報の整理をさせて頂きたい。


 まずセレッソ大阪が、何故今の時期にこのニュースをリリースしたか。

 これについては単純に、年間パスポートの案内時期が来たにも関わらず、まだ長居スタジアム改修工事がいつ終わるかのインフォメーションを大阪市側から得ていないので、いつから長居スタジアムが使えるか、サポーターに確約出来なかった為らしい。情報が入ってこないので当惑しているとの事。

 ことこれに関しては、球団も被害者だと認識して頂きたい。私のような個人ならともかく、一企業が「○○かもしれない」という推量だけでニュースリリースをする事は出来ないのだ。確かに文章に関しては語弊を生むような内容になっているが、今の時点で確定したソースだけでは、ああいった表現が精一杯なのだ。


 次に世界陸上2007大阪大会組織委員会へ取材(時系列で言うとこちらに先に電凸した)、夜にも関わらず担当者の方には真摯に対応して頂いた事を記す。

 組織委員会としては、大会を開催するにあたり、当初から言及されていたトラックの張替え、身障者席、電光掲示板の改修、そしてサブトラック(第二)とスタジアムを結び、競技者をスムースに移動させる陸橋の設置を希望しているようだ。それ以外の要望は出していないとの事。

 陸橋についてはスタジアムの外に設置するものなので、スタジアムの使用に影響するものではないし、それ以外の工事に関しても来年1月末に行われる大阪国際女子マラソンにあわせて進捗しているはずの工事で、そこから本大会が行われる8月末までの間、セレッソを締め出す理由にはならない。


 そう考えると、やはり余剰の4億円による芝生張替えがネックになっているのではと考えてしまう。というか、それくらいしか思いつかない。確認の為にゆとりとみどり振興局の世界陸上準備室に電凸。担当者はいなかったものの、こちらも真摯な方に応対していただいた、今まで電凸してきた大阪市職員の方々の中では、ずば抜けて紳士的な方だったのではなかろうか。

 そこでいくつか突っ込んだ質問をしてみたが、予想通り芝生が工期を延ばす要因のようだ。

 以下コメントを箇条書きにする。

・大改修から10年、長居の芝生はかなり痛みが目立つようになり、予算どうこうを抜きにしても、いずれ張り替えなければいけない状態にある。

・そこに世界陸上によるスタジアムの改修という話が出たので、それとは別件ではあるが、芝生の張替えも同時期に行えるようにした。この二つを同時に進行させることにより、工期(=スタジアム閉鎖期間)、支出を抑えられるというのが、その理由。

・とはいえ、トラックの素材にピッチの土等が入ると、トラックが駄目になってしまうので、トラックとピッチの改修は同時進行出来ない。つまり国際陸上関係の工事との完全な同期は不可能(もちろん電光掲示板等の工事との同時進行は問題なし)。

・その為、大阪国際女子マラソンに合わせてトラックの工事を行い、その後芝生の張替えを行う、という流れになる可能性が高い。

・芝生を張り替えた後も、養生期間として、最低でも二ヶ月の期間ピッチは利用出来ない。

・張替えによって締め出し期間は延びてしまうが、それに見合うだけのピッチコンディションにする。


 今までの取材では、芝生の張替えは後付けで来た話、という印象が強かったのだが、今回の電凸では前々から出ていた案件、というような説明だった。上手く煙に巻かれたのか、今までの職員がいい加減な対応をしていたのか…。

 今回のゆとりとみどり振興局職員の発言を真実と受け取り、締め出し期間の事を中心にまとめれば、仮に張替えが実施されれば、最低でも4月頭くらいまでは、締め出し期間延長になるようだ。
 
 取材をすればするほどいろんなところからいろんな発言が飛び出して、なかなか整理がつかないのだが、今の時点での三者の見解は上記の通り。


 こうなるとそれぞれからはっきりとした説明が聞きたくなってくる。本当の事情はどうなのか、他にベストの方法は無いのか。少なくともセレッソをサポートし、税金を払っている人間には、それを要求する権利が有ると思うのだが。

IMG_123301.jpg
posted by 西中島南方 at 12:41 | Comment(3) | TrackBack(2) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/09/06

長居改修問題 出原社長発言の経緯。

 モリシの怪我で話が前後しましたが、昨日はセレッソの球団事務所に電凸していました。聞きたい事はこの三点。

・ デイリースポーツの記事の情報は正しいものなのか。

・ 真実だとするならば、球団はこの情報をどこから聞いたのか。

・ 記事ではニュースソースは出原社長となっているが、これは本当の話なのか。


 電話で応対して下さったのは男性の方、若いはりのある声でした。名前聞くの忘れてました。それに関してはスマンです。

 まず一つ目、一番大事なこの情報の正確性ですが、球団では国際陸上開催中、長居、及び長居第二の使用が出来ないことに関しては通知を受けたそうです。しかし改修工事後から国際陸上開催までの期間、長居スタジアムが使えないという話に関しては、「決定ではなく、そういうケースもあるかもしれない程度に聞いている」とのことです。

 ではその通知など、長居、長居第二の使用に関する情報をどこから得ているかというと、今まで一貫して大阪市ゆとりとみどり振興局だとのこと。昨日の記事では知らぬ存ぜぬという態度でしたが、やっぱりお役所はお役所ということなのでしょうか。大阪市は、こういう不誠実な対応をしても良心の呵責に耐えられるような、ダーティーでタフな職員がいる、そんな自治体ということなのでしょうか。

 ともかく、少なくとも世界陸上期間中は長居も第二も使えない、という事は決定済みのようです。代替地にしても、Jリーグの規格にあったスタジアムでないといけないのですが(第二はJ1開催の規格を満たしていませんでしたが、ホームである長居を出たくないというセレッソ側の強い要求を聞き入れたJリーグ側が、特例として一時的な代替開催を認めただけで、本来は規格を満たさなければダメ)、規格を満たし、近畿圏にあるスタジアム(万博、西京極、神戸ウイング、神戸ユニバー)は全てどこかのクラブチームのホームであり、使用が出来ない。開催実績の有る花園ラグビー場にしても夜間照明設備が無いので不許可。セレッソ側も頭を痛めているそうです。


 それから、長居の使用に関する団体間の繋がりを整理すると、この問題に関係している団体、企業はセレッソ大阪(株式会社大阪フットボールクラブ)、世界陸上準備室(勿論背後には「長居陸上競技場はあくまで陸上競技場で、サッカーだけをする場所ではない」と発言した日本陸連がついている)、大阪市ゆとりとみどり振興局の三者なのですが、この三者は相互に意見交換をしているわけではなく、セレッソの要望と世界陸上準備室の要望をゆとりとみどり振興局が聞き入れ、バランスをとっているのが実状のようです。

 そして、セレサポからすれば嫌がらせとしか思えないような、世界陸上準備室の無理難題は通るのに、3月から週に一度程度の頻度で使わせてほしい、というセレッソ大阪側の要求は通っていないのが現実です。どの競技も平等にスポーツ文化として育む姿勢こそが公務を行なう側に求められているはずなのですが、正確に実社会を反映し、力ある者(団体)の意見のみが受け入れられている。腹立たしい話です。


 話の終わりに、出原社長の発言の件について問うたのですが、その話に及ぶとバツが悪い様子で、「そういうことも言っちゃったかも知れないですね〜」という答えが帰ってきました。以前から新聞に取り上げられるような、少し軽率な発言が続いていたような気がしたのですが、そもそもそういう性格の方のようで、これからも何かあるかもしれません。いいニュースを口にしていただければ嬉しいのですが。


 とりあえず、デイリーの記事の真偽に関しての取材はこれで終わります。進展が有りましたら、2ちゃんで煽って頂かなくてもまた電凸しますので、それはそれとしてよろしくお願いします。


 最後。前の記事で「皆が一つに」と書きましたが、それを視覚化できるような仕掛けが出来ないか考えています。とりあえず球団の許可は得ていますが、今しばらく待っていてください。
posted by 西中島南方 at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。