head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

02/02/08

新谷out宮本in。

 知り合いの話によると、最近セレッソのスタッフがご機嫌らしい。理由は今知った。

CEREZO OFFICIAL

事業統括部長兼ホームタウン推進部長交代のお知らせ

1月31日をもちまして、新谷喜一取締役事業統括部長兼ホームタウン推進部長が退任いたしましたのでお知らせいたします。なお、後任にはチーム統括部マネージメントチームマネージャーの宮本功が就任いたしました。

【退任】取締役事業統括部長兼ホームタウン推進部長 新谷 喜一(しんたに よしかず)

■本人コメント
 新体制の発足に伴い、1月31日付けで取締役を退任し、出向元の日本ハム株式会社にもどることになりました。
 在任中はお世話になり厚くお礼申しあげます。
 セレッソ大阪のJ1復帰とその後の躍進を願っております。

【新任】事業部長兼ホームタウン推進部長 宮本 功(みやもと いさお)


 先に退任した出原氏は「不器用で損をする人」だった。言葉が足りなかったり、逆に口を滑らしたり、時折チームの為と良い事をしようとするのだけれど、上手く立ち回れない。

 それに対して(私が知る限りの)新谷氏というのは「器用すぎて損をする人」のように思えた。その場その場で上手く話せるものだから、短期間なら繕えてしまうのだけれど、トータルで見るととんでもない事になっていたりして。地元やサポーターからコンセンサスを得られなかったのも、そういう一面があったからでは。


 対して新任の宮本事業部長兼ホームタウン推進部長、その顔をご記憶の方も多いと思う。昨年の都並監督、西村GMの電撃解任とそれに続く騒動の中、緊急ミーティングで社長達経営陣に成り代わってサポーターの矢面に立った人物と言い換えれば、ピンと来るはず。

DSC_969201.jpg


 あの時はとにかく社長が来なければ話しにならなかった。その点では随分と酷い貧乏くじをつかまされてしまったが(誰がつかませたかは知らない)ことチーム統括や育成の分野に関しては実績がある。フロント内での逆風にもめげず、ハナサカクラブの創設に尽力し(誰が逆風を起こしていたかは知らない)ユース年代の強化に成功している。アイディアもあるし実行力も備えているクレバーな人物だと思う。もし嘘だと感じたならば是非一度話をしてみてはいかがだろうか、けれんの無い、よい話が聞けるだろうから。


 これで新社長がそれなりの人ならば、チーム運営に関してはある程度いい体制が組める。宮本氏が運営で力を発揮できるのか、抜けたチーム統括がパワーダウンしないかというのが不安なくらい。選手層はお世辞にも厚いとはいえないが、それ以外の部分での刷新はプラス要素が多い、少なくとも今までよりフロントに泣かされる回数は減るだろう。それだけでも近年まれに見る進歩だ。

 


posted by 西中島南方 at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。