head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

Wed 12 Oct 2005

本当にラストだよ!!

 オールスターは見てないです、丁度娘の運動会だったので。終わって帰宅したのが丁度後半開始直後だったのですが、「森島に代わって…」というアナウンスを聞いてテレビ消しました。絶対後半から出てくると思っていたのに…。


 ラトビア戦は、しっかり見ました。最後の方は見たくなかったですが。見たかったモリシが見れなくて、見たくないお粗末な失点シーンだけ見てしまうのは日頃の行いが悪いからなのか?どうなんだ?

 もしロスタイムの中田浩二のバックパスが無かったら、なんて仮定はしない方がいいかなというのが個人的感想。もし精神状態、肉体の疲労度、メンバーが同じなら何度やっても中田浩二は同じパスをするでしょう(それにしても中田浩二は時々凄い事するなぁ)。

 改善しなければいけないのはメンタリティなんだと思いますよ。あの時に冷静さを保つようお互いが意思疎通していれば、せめてそれが率先して出来るプレーヤーが守備陣の中にいれば、ボールホルダーはしっかりキープ、周りは少なくとも二つパスコースを作る為に動く、なんてごく基本的な事が出来ないなんて状況にはならなかった。そういう意味では宮本の存在は大きいのかな。


 攻撃に関しては嘉人に期待していたのですが、空回りしていましたね。飛び出しで一つ良い所が有りましたけれど(結局ハンドの判定になりましたが)それ以外はちょっと辛いシーンが多かった。

 例えば入ってきた時のシチュエーションを考えれば、嘉人に与えられた役割は運動量の落ちた中盤のカバーとドリブル突破や飛び出しによる相手守備陣の撹乱、押し下げだったはずで、もう少し下がってみたり、サイドでポイントを作ったり、プレスに参加してもよかった。でも結果を求めるあまり前に前に行ってしまい、ボールを貰う機会が激減した。共に遠征に参加している松井が中盤に新しいバリエーションを加えたのとは対照的でした。


 それだけに、今日のウクライナ戦には期待しています。ラトビアよりも格上だけに、もう少し押し込まれる時間が増えるでしょうが、それはつまり相手の背後にスペースが生まれる可能性が有るという事。嘉人も心に期すものが有るでしょうし、このままで終わってほしくないですからね。


追記

 あと個人的には解説と実況にももう少し頑張ってほしいですね。お義父さん(サッカーはあまり興味なし)が「ウワーとかばっかりで全然様子がわからんがな」と申しておりました。



posted by 西中島南方 at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック