head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

01/09/08

吉田放出が愚策でなくて何と言う。

 ようやっと家内の帰宅に目処が立ったと思ったら、今度はセレッソがいい女房を放り出してしまった。

CEREZO OFFICIAL

吉田 宗弘選手 アビスパ福岡へ完全移籍のお知らせ

題記の件、弊クラブ所属の吉田 宗弘(よしだ もとひろ)選手がアビスパ福岡への完全移籍が決まりましたのでお知らせ致します。

《吉田 宗弘(よしだ もとひろ)選手プロフィール》
■生年月日:1974年8月25日(33歳)
■出身地:大阪府
■身長・体重:184cm/79kg
■血液型:O型
■ポジション:GK
■経 歴:
茨木高校('90)−慶應義塾大学('93)−柏レイソル('97)−ガンバ大阪('03)−セレッソ大阪('05) (後略)


 最初に吉田を観たのは4年前のアウェイ大阪ダービー、1-7でボロボロだったが、唯一の得点は当時ガンバのキーパーだった吉田の判断ミスからだった。だから翌年その選手がセレッソに来ると聞いた時はえらい選手を採ってくるものだと驚いたし、まして当時の小林監督が正GKとして吉田を据えた時はもっと驚いた。あまつさえその年のベストイレブンに選ばれたのだから、私の目の節穴ぶりといったらない。

 ハイボール、クロスボールが苦手、サイドから侵入されるとポスト寄りの狭いスペースを空けてしまう、一試合に一度「あーあ」というパントキックがある。欠点がこれ程判り易いキーパーも無い。
 それでも3年間、5人の監督全てに正GKを任されたのは、正面からのボールへのずば抜けた反応、守備陣への的確なコーチング、そして強い意志が他の誰よりも図抜けていたから。正統派というわけではないかもしれないけれど、素晴らしい選手だし、愛すべき人格者だ。

 その選手を、完全移籍で、しかもライバルチームにやってしまう理由がどこにあるのか、私には判らない。修羅場をくぐった数少ないベテラン、絶対的守護神を欠くことと、予算配分を天秤にかけるなんて暗愚を犯しているのだとしたら、問題だなんてレベルでは済まされない。

64 :U-名無しさん :2008/01/08(火) 18:25:16 ID:zExeA8xF0
なんにしても、自らサポミお題をつくったな
頼んだぞ!西中島&マーボー!!!

サポミってもう日時・場所決まってる??


 実はサポミではないのだが、公式にフロントと接触する機会がいくつか用意されている。ただそれはこういう意見を述べる場所ではない。他の何人か、何十人かの有資格者の方にもお願いしたいのだけれど、その場では「フライング」は慎むようにしたい。それがその場での暗黙のルールだから。異議申し立ては当然用意されて然るべき場で訴える。それがディシプリンのとれた、良識ある、怒りを持ったサポーターの姿のはず。名無しさんにお願いされるまでも無く、私も何か話すつもり。その時まで、皆も何を語るべきか、強く強く考えよう。ただ、今からどれ程願っても、あの22番をつけた素晴らしいGKの姿が見られないことは、本当に残念だし、悲しい。辛い一日になってしまったな。

DSC_289301.jpg


posted by 西中島南方 at 01:32 | Comment(3) | TrackBack(1) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
GK評価としては賛否両論あるでしょうが、鬼神のようにPKを止めたかと思いきや、KYライン割りキックも見せる彼は、一言でいうとエンターテイナー。私のGK観を変えた1人です。

その生真面目さや、つっこまれぶりはある意味、セレッソらしい選手なような気がしてます。

余談ですが、長居界隈には外国人講師が結構住んでいて、どうやら知り合いの知り合いの知り合いみたいな人が彼に語学指導していたらしいです。ある日、共通の知り合い宅にユニのまま訪問したら、「oh〜!YOSHIDA!YOSHIDA!」って言われたことを思い出します。

正直寂しい。
九州かぁ、いい温泉あるでしょうけどね(涙)
Posted by ideharasyacyo at 2008年01月09日 18:50
私は、吉田が相澤に勝てるとは到底思えないので、出場機会がある福岡に移籍することは正しい決断であると考えています。

今感情的に騒いでいるサポータも相澤が吉田を上回るパフォーマンスを見せれば、何もいわなくなる。
昨年、クルピが出だしの4試合ほど結果を出せないだけで騒いでいたサポータのように。

大きなプレッシャーがかかるだろうが、相澤には頑張ってもらいたい。
もちろん、吉田が福岡で成功することを祈っています。
Posted by ともや at 2008年01月10日 00:14
傑作な喜劇を演じる人たちが身近なところにいましたねw
Posted by ・・・ at 2008年01月10日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック

-O lunatic amou no football- 西中島南方の狂乱観戦記: 吉田放出が愚策でなくて何と言う。
Excerpt: ハイボール、クロスボールが苦手、サイドから侵入されるとポスト寄りの狭いスペースを空けてしまう、一試合に一度「あーあ」というパントキックがある。欠点がこれ程判り易いキーパーも無い。 それでも3年間、5..
Weblog: Reysoloid
Tracked: 2008-01-09 11:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。