head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

Sun 22 Jul 2007

C大阪2VS1草津 悔しい勝利。

 昨日の試合は何としても生観戦する気でいた。時間を空けて、仕事で前倒しできる部分は済ませてしまって、体力は微妙だったけれど、それでも行こうと。

 でも、昨日帰宅できたのは23時半だった。辛うじてスカパーで録画していたのが救いだったが、それを観てまた一層悔しい気分になった。

 それはセレッソが今期ベストの試合をしていたから。別に大差がついた試合でもないし、スタッツや内容がいい試合はもっと他にある。でも、意図している戦い方を忠実に行えていた試合、苦しい時間帯でもプレーの質をあまり落とさず、しのげるようになった試合として、この試合はベストゲームだった。


 スタメンは予想通り。

field-2007-07-21-st.gif


 前半の前半は草津に押し込まれていた。こちらは水曜から中三日、相手は一週間ぶりの試合ということで、出足が鈍い部分があったと思う。失点に関しては、こういう言い方が良いとは思わないが、仕方が無いところだろう。ファインゴールだった。

 しかしポイントはここから。今年のセレッソは若さゆえか、失点後に明らかにチームのクオリティを落とす傾向がある。それが昨日の試合に関してはあまり無かった、むしろ多少強引かと感じたほど、果敢にプレーしていた。それをファウルでつぶしても、もはや十八番のセットプレーが待っている、それを見越してのアタックだとしても、この積極性はいい傾向だと思う。

 特に香川、森島康、小松、古橋の前4枚はいいプレーをしていた。香川と古橋の二列目は危険極まりない存在であり続けたし、森島康、小松のチェイシングは守備陣にとって救いであったろう。何よりこの4人の組み合わせは今までの組み合わせとは比較にならないほど調和がとれている。

 とりわけ香川、小松は絶好調な様子。香川の引き出しの多さは、それだけ攻めのレパートリーの多さに直結していたし、小松は性格的なものか、おとなしく感じた以前のひ弱な印象は無く、むしろ存在感が増してきた。相手を強引にはねのけてシュートを打ったシーンなどは頼もしささえ感じたほど。


 同点のシーンに関しては、ラッキーと言えばラッキー。ただコーナーまで持ってきたのは攻撃が機能していたからなわけだし、草津がオウンゴールしてしまうほど冷静さを欠いてしまったのも、セレッソのセットプレーという存在がそれ程のものになったという証拠と言えなくも無い。


 後半になると俄然セレッソの流れだった。香川、古橋が自由になると、後ろのゼ・カルロスや柳沢まで脅威になる、そうなると相手は相当苦労するはめになる。ゼ・カルロスに少しでも周りが観られる時間を与えると、何かが起こる予感がする。

 勝ち越し点は本当に素晴らしい流れだった。森島康、古橋、小松の流れるようなパスワーク。相手が不調なのを差し引いても、これだけの事が出来た事を評価したい。


 そしてもう一つ、リードしてから運動量が落ち、防戦一方となっても、決定的な場面を作らせなかったのも大きい。いつもいつもセレッソは終盤に泣かされてきた。あの失点が無ければ、あんなミスが無ければと思うサポーターは一人や二人ではないはず。バテバテでも何とか勝ち点3が取れた。それは大事なポイント。

 森島康→濱田の交代に関しても、キチンとしたフィロソフィーがあったものと思う。

field-2007-07-21-76.gif


 小松をワントップにすえ、4-5-1とした。これで中盤勝負の形になった。今までのようにボランチベタ引きの「穴熊」ではなく、組織で守備をしていた。新外人のボランチがもう少し前で仕事が出来る存在であるならば、これに香川、古橋を生かしたカウンターという新しいオプションが増えるのだけれど。


 なにはともあれ、今季初の勝ち星先行。前ともほんの少し差が詰まってきた。次節の東京V戦でそれなりの結果が出れば、以外に早く、またドキドキソワソワの日々が来るかもしれない。とりあえず今晩はシャウエッセンでお祝いだ。

IMG_605301.jpg
posted by 西中島南方 at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック