head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

04/21/07

C大阪0VS0水戸 暗中模索、五里霧中。

 負けなかっただけよしとする。そんな気になれるほどのオポチュニストは、サポーターの中でどれくらいいるだろう。今日は勝たなければいけない試合だった。銘々が自分に課せられたミッションをこなせば、少なくともこの結果にはならなかったはずだ。だがふたを開けてみればどうだろう。内容さえも伴わない、不快感ばかりが残る90分間だった。

IMG_372301.jpg


 森島康の負傷離脱により、監督は新しい前線を考えなければいけなくなった。熟考した末の結論は、古橋、柿谷の2トップ。サブにもターゲットになるような選手は入れず、完全に地上戦を想定したメンバーで試合に臨んだ。

field-2007-04-21st.gif


 ところがセレッソはボールを奪っても、正確性を欠くロングボールを多用する。お世辞にもヘディングが強いとは言えない二人が、上背のある選手と、勝ち目の無い空中戦をするシーンが目立った。

 特に最終ラインとボランチ、さらに言うなら宮本、前田にボールが渡ると、途端に展開が止まってしまう。相手にプレスをかけられると、苦し紛れに長いボールを入れたり、横パスに逃げたりで、「ミトナチオ」を体感する事さえできない。

 さすがにゴールキックはサイドの選手に流したり、酒本に合わせたり(前線で唯一真っ当な競り合いが出来るマッチアップはここしかなかった!)と工夫していたが、それにも限度がある。


 別に前線にいる二人のポテンシャルが低いわけではない事は、たまにボールが落ち着いて、足元にまわってきた時を見れば易々と判った。古橋は相変わらずパワフルで、献身的なプレーをしていたし(あまりに「過ぎる」場面もあったが)柿谷は危険な存在だった。初先発の中山も、アグレッシブなプレーが目立った。酒本は連戦疲れからか精彩を欠いていたものの、キチンと生かすバックが存在していたら、もう少し見せ場があったかもしれない。

 ただ前が頑張っても、後ろとの連携が出来ていなければ、チームにはならない。一人流れから取り残されても劣勢になるサッカーというスポーツで、それは致命的なことだ。前半終わってスコアレス、決定機などというものは皆無に等しかった。


 さすがに不味いと感じたか、都並監督は後半頭から二人の選手を投入した。なかなか納得のいくプレーが出来ない酒本に代えて丹羽が入り、上がり目になる中山とのバランスを調整。中央にはパスの出せる濱田を入れて、ロングボール一辺倒の攻撃にメリハリをつけようと試みた。

field-2007-04-21ht.gif


 しかしこの荒療治も、効き目が薄い。例え中盤を入れ替えても、ボールに触れる事が出来ないのだから、当たり前といえば当たり前なのだけれど。

 寧ろ水戸の攻撃が、よりシンプルになり、スピードが出てきて、迫力を増していった。前田のところを狙えばいい、藤本の後ろを突けばいい、素人目にもその意図は明確だった。

 余りに前田ばかり批判するけれど、今日の前田は生観戦して観ていた中で、過去最低の出来だったように思う。普段の前田はこんなものではない。もっとハングリー精神に富み、果敢で、失敗を恐れないプレーをする選手だ。それが何故こんな出来に終わってしまったのか、しっかりと考えておかなければ、セレッソは貴重な財産を失ってしまうだろう。

 ともかく、選手交代も効果無く、丹羽と中山をポジションチェンジさせても流れが変わらない。歓声などまるで聞こえない後半戦だった。あっても一、二度程度だったか。悲鳴とヤジは、それは数え切れない程あったけれども。


 最後の交代には、流石に萎えた。中山アウト、苔口イン。

field-2007-04-21-80.gif


 相手はキチンとスペースを消していて、コンパクトな組織を構築し、さあ来いと待ち構えている。そこに足が持ち味の、しかも余り調子が良いとは言えない苔口を入れて、何が変わるというのか。パワープレーなら、少しは合点がいく。しかし、これは無い。


 結局このまま見せ場無く、淡々と試合が終わってしまった。選手がスタジアムを一周してくる。バックスタンドでは辛辣なヤジとブーイングが飛んだ。ゴール裏は拍手が多いように思えたが、流石にサポーターの意識も統一できなくなってきたという事なんだろうか。皆が慣例のように、形だけの礼をくれたところで、嬉しくもないし、満足など出来ないし、気持ちを落ち着かせる事も出来ない。

 そんな覇気の無い選手達を見ていて、私はふと、去年の最終戦の後、メインスタンドで、タバコをふかしながら社員と談笑していた出原社長の姿を思い出した。皆の危機意識が、少しずつ薄れていっている。負けても分けても、悔しがるでも無く、ルーティンワークのように挨拶をするだけ、そんなメンタルではJ1への復帰などおくびにも出せないし、J2で生き残っていく事も難しくなるだろう。


 皆が早々にメインスタンドの影に消えようとする中、ただ一人柿谷だけが、ゴール裏に深々と頭を垂れていた。

IMG_373301.jpg


 彼のこの気持ちが、セレッソに残された最後の希望なのだろうか。17歳の背に全ての期待が込められているのだとしたら、それは余りに過酷で、残酷な話だ。


posted by 西中島南方 at 23:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
変な言い方だけど、いい写真を載せて下さって有難うございます。
私も深々と頭を下げる曜一朗の姿がとても印象的でした。
Posted by ぜろよん at 2007年04月22日 00:25
そろそろハンストやったほうが良いとちゃいますか?
Posted by ・・・ at 2007年04月22日 01:30
>このメンツだと長いボールを入れて、なんて事はまず出来ない。したとしたら都並監督は余程精神的に逼迫している。

前前号にて掲載した貴方のコメントが全てを物語っているじゃないか orz
Posted by 12 at 2007年04月23日 12:43
初めまして。全くの門外漢で恐縮なのですが...

マラドーナは16歳か17歳で1部リーグの主将を務めています。

したがって、残酷とは思いません。過酷かもしれませんが、適正とも思える負荷にも思えます。しかも、後見人として森島がいるのですから。
Posted by 武藤 at 2007年04月24日 01:26
 柿谷は、若いながらもプロ意識を持っていると思いました。サポーターにちゃんとした挨拶が出来ています。ますます、好きになりました。
 柿谷をみんなで大きな大きな選手に育てていきましょう! 
Posted by M 2 at 2007年04月24日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。