head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

03/24/07

京都戦前予想。

 寒暖の差が激しく、おっさんの体にはキツイ季節。セレッソは加えて関東アウェーが続いていたので、久しぶりのホームとはいえ、辛いのではなかろうか。

 ただそんな中にあって、前節4-3-2-1が機能したのは、精神的にも大きい。前が見えない状態から、少しずつよくなってはきている。


 というわけで、明日の試合も「クリスマスツリー」で臨む可能性が高い。

field-2007-03-25.gif


 前節藤本が退場で抜けた右サイドバックに丹羽、ボランチの左には濱田、トップ下の一角に森島寛が入るこの形が、予想されるベスト。森島寛に関しては勝負どころでのスーパーサブとして使う可能性もある。その場合のトップ下は苔口か。


 ともかくまずは守備。相手の帰結点はアンドレのヘッドか、パウリーニョの足元と決まっているのだから、その流れの何処を断ち切るかが最初の問題。3ボランチのところで上手く分断できれば、そしてアレーや濱田あたりがそこからいいパスを出せれば、攻守のリズムも良くなるはず。ゴール前でのフリーキックを防ぐ意味でも、相手がバイタルエリアに入る前に潰そう。


 そして攻撃。こちらは課題がたくさんある。

 まず連動性が未だに無い。前節では森島康から古橋という流れが作られつつあったが、まだまだ練磨の必要性アリ。森島寛が入ればもう少しいい流れになるかも知れないがどうか。

 そもそも攻撃に移る第一手がロングボールばかりなので、弁護したい気持ちになるのだけれど、それにしても3試合1得点、それもセットプレーから、というのは寂しい。流れの中で、たくさんの選手が絡んだ得点を見たい。


 前回までは何から手をつけていいのか判らない状態だった。それが具体的な話を書けるまでになった。レベルの低い話だが、いいことはいいこと。次に必要なのは結果、ただそれだけ。

IMG_179101.jpg


posted by 西中島南方 at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。