head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

03/19/07

何気ないってことは、大変なことなんだ。

 ウイークディは、普通に仕事があって、家に帰れば家族がいて、暖かい家庭があって、週末には、その家族や、友人と、試合を観にいく。

 勝って喜び、負けて悲しみ、でもそれすらも日常の一部で、次の日からもまた、そんな日常が続いていく。

 それはごくありふれた、それこそ何気ない、人生の一部。けれども、実はその何気ない日常をすごすことは、今の世の中では、とてもたいへんな事なんだと、今になって思う。

IMG_329902.jpg


 まず私達が、そんな平凡な存在でいることに、心血を注がなくてはいけなくなった。私がいろんな「変な事」が出来るのは、いろんな脇道を通ってきたからで、本当は何も出来ないでいるけれど、平々凡々とした日々を送る、そんな人でいたかった。その時点で、私が小さいころ描いていた未来と、少しずれている。


 重ねて、愛するチームがこんな状況にいる。まだ二試合、されど二試合。収穫が殆ど無い180分間というのも異常な事だ。

 球団の裏側にちょくちょく足を踏み入れるようになってしまって、見えてしまったのだけれど、球団もまたありふれた存在になることに、大変な労力を要するようだ。

 だから少し気を抜いたり、ミスリードすればこういう流れになるってのは、頭の中では理解していたつもりだった。しかし現実として突きつけられると、やっぱり辛いね。


 もし「我こそは」というサポーターがいたら、考えてみてほしい。何気ない日常としてのスタジアムを、どうすれば作れるのか。応援にしたってそうだし、チームとの接し方にしても、何か考える必要があるのではなかろうか。その結論としての千本ノックならば、別にそれはそれで構わない。さすがに物を投げるのはどうかと思うけれど。


 とりあえず次のホーム、京都戦、特別な何かをしようとは言わないけれど、サポーターはサポーターとして、義務を果たそう。それぞれが出来る事をして。それでチームが結果を出さなければ、その時はその時で…。


posted by 西中島南方 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。