head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

09/01/11

カメラを抱け。

D7000を買って11ヶ月目、いい感じに使っている。今日はコッテリとカメラの話をしよう。あ、こら、逃げるな。
DSC_112401.jpg


こいつの一番いいところはAPS-Cでありながら高感度に強いというところ。普通はセンサーサイズと高感度の強さはトレード関係で、デカイセンサーのD3xやD3H、D700(キヤノンなら1Ds Mark Vや5D MarkU)の方が夜や屋内といった暗い場所ではノイズが少ないのだけれど、D7000(と、同じソニー製センサーを使っているペンタックスK-5)はこのコンパクトさで暗所でも低ノイズ。ソニーが自前で作ったα55がトランスルーセントミラー・テクノロジーを採用したために光学性能や高感度での画質を落としてしまったのは皮肉な話だ。

しかもレンズの焦点距離が1.5倍になるので、望遠に強い。つまり夜のスポーツを撮影するのにピッタリというわけ。今年から写真が良くなったのは腕というよりカメラによるところが大きい、残念ながら。
DSC_428801.jpg
サッカー専用スタジアム(ホムスタ)ならこんなショットも撮れる


最近は今までに増して食べ物を撮っているけれど、雰囲気のいい照明が暗めのお店でもこんな感じ(ISO3200でもwebや普通のL版くらいなら大丈夫)
DSC_657201.jpg

随分明るく補正しているけれど、それでもここまでがんばる。もう西京極も怖くない!


欠点は、連写がきかないところ。確かに秒間6コマなんだけれど、それは最初の2、3秒で、すぐにバッファが無くなって「息切れ」してしまう。まあサッカーだと2秒強=12コマ〜15コマくらいあればそんなに外すことはないから、大丈夫といえばそうなんだけれど、いい絵が撮れるのか少し怖い時もある。ちなみに前述のα55は秒間10コマというとんでもない連写が可能だが、1600万画素でそれだけバカバカ撮っていたらやはり息切れする。ファイルサイズも大きいから、1T、2TのHDDはあったほうがいいかな。


逆に言うと、それくらいしか欠点は無い。ボディはD300sや7D、50Dより軽くコンパクトだし、D90や60Dよりも剛性が強い(らしい、カメラをそんなに痛めつけたことがないから知らない)バリアングルモニターではないけれど、その分背面の液晶は大きく見やすい。35mm f/1.8Gや50mm f/1.8Gなんて単焦点をつければ女性でも楽しく、いい写真が撮れる、はず。35mm f/1.8Gも50mm f/1.8Gも持ってないからアレだけど、35mm f2Dしか持ってないからアレだけど。
DSC_957401.jpg
オールドレンズでもこれくらいできるよ


まあこれくらいいいカメラ使ったら、逆に余程しないと変な写真は撮れない。そんなカメラが8万円台ってのはすごいな。


posted by 西中島南方 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。