head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

07/11/06

ゆとりとみどり振興局からの返信。

 午前中にゆとりとみどり振興局より電話が有りました。改修内容、進捗についてお手紙を送っていただいたとの事。当方現在別の場所にいる為、家内に連絡をとって、内容を確認してもらいました。


 まず予算については、当初予定していた19億5700万円満額が承認された模様です。使い道は長居陸上競技場の回収と、国際陸上アピールイベント費と記載されているだけで、何にどれくらい配分されるのかは記載されていないようです。

 それから改修内容なのですが、トラック、フィールド、身障者席、電光掲示板、電光掲示板のオペレーションシステムの5箇所となっています。トラックはともかくフィールドの何処に手を加えるのか、ちょっと?ですね。

 電光掲示板は現在のものよりランニングコストの安いLEDを使ったものに改修、それと同時に掲示板のオペーレーティングシステムをMS-DOS(!)からもっと簡単なシステムへと変更するのだそうです。これは納得できるかな。


 それから工事の開始時期についてですが、トラック、フィールドについては8月末日、それ以外は上半期(遅くとも9月)中に着工するそうです。トラックに関しては最低4ヶ月かかることと、来年の1/22、23に大阪国際女子マラソンが開催される事を考えれば、これ以上引き伸ばす事は出来ないでしょうね。

 大体はこんな感じです。今のところは伝聞をそのまま書いているだけなので、詳細は今日中にUPするようにします。


 実はセレッソの日に出原社長に会えた(というか探していたんですが)ので、この件に関して突撃取材をしていました。セレッソ側にはスタジアムが使用出来なくなるのは9月末日から、予算が決まっていないので、施工業者も、施工方法もまだ未定、という連絡が来たとのこと、今日貰った資料とはちょっと違う情報ですよね、そこらへんの検証もしないといけません。これは後日。


 セレッソにいった情報とこちらに来た情報を好意的に解釈すれば、スタンド改修時期はさすがに長居を使う事は出来ないけれど、トラック改修だけしている期間(8月末〜9月末)までは利用できるかも?という感じなんでしょうか。いよいよ混乱してきましたよ。


追記

 予算の内訳、大雑把なものは記載がありました。

〈大会運営並びに盛りあげ費用として〉
開催分担金、市民プロジェクト事業(?)、子供プロジェクト事業(?)
…7億1500万円

〈改修工事費として〉
トラック改修、身体障害者席改修、大型映像装置改修、電光表示システム改修など
…12億4146万8千円(なんでこっちは千の位までキッチリ決まってるんだろう…?)


posted by 西中島南方 at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。