head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

Fri 11 Feb 2005

仁義なき闘い 魔叙瑠華死闘編。

 大黒の事をみんな「ダイコクさま」なんて言ってますが、どっちかっていうとビリケンの方が似ているような。「足を触ると幸運になる」なんてのもサッカーと関係ある感じだし。

大黒.jpg ビリケン.gif


<さて、どちらが大黒でしょう?>


 その大黒に先に代表初ゴールを決められてしまったからか、嘉人がかなりカリカリ来てる様子。大丈夫かな。

まずニュースを読む前にこちらをクリックして雰囲気を出しましょう。(mp3が聞ける環境にしておいて下さい)

スポーツナビ

大久保、紅白戦であわや乱闘

 DFコルテスとのマッチアップの時だった。ビブスを引っ張られた大久保が思わず手を振り払うと、その手がコルテスの顔面に命中。これにコルテスが激しく詰め寄り、大久保も“かかってこい”と言わんばかりに両手を広げて挑発した。チームメートが間に入り、事なきを得たが、あわやの場面に「ぶん殴ってやろうかと思った。 (殴るのは)やめたけど、周りからは、どんどんやれって言われたし」と悪びれることなく話した。


 ちなみにコルテスはこんな顔です。

コルテス.jpg


<こいつかい、うちの若頭に立てついたヤツは!>


 お互い降格圏にいるということで気も立っていたんでしょうけれど、こういうのはどうなのかなぁ。今時川原でボロボロになるまで殴り合って草原に倒れこみながら

「へっ、意外とやるじゃねえか」

「ふん、お前も口だけじゃねえな」


 なんて友情の育み方が現存しているなんて思えないし、ちゃんとスジ通した方がいいですよ。お互いに謝った方がいい。
 
 大久保のいるチーム(セレッソもマジョルカも五輪代表も)は必ずいろんな事が起きるなぁ。アンチの人の中には「大久保は疫病神」なんていう人もいるけれど、大久保のコミュニケーションが不器用なのも原因かも。

 ともかくただでさえボールがまわってこない現状ですから、いさかい事の無いように。やっぱり気の重い週末になっちゃうのかな。



posted by 西中島南方 at 22:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | マジョルカの嘉人さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この程度の小競合いなら問題ないでしょ 海外クラブでは日常茶飯事です 高原なんかはHSVの(前?)監督に「タカは練習中に削られてもヘラヘラしている」なんて言われてました 本人たちはもう忘れてるんじゃないかな?
Posted by at 2005年02月12日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック