head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

01/06/11

松田を愛していいのか?

キンスタにFマリが来た時、ゲバラのデカゲーフラが鎮座在していた。
DSC_2050.jpg


と、思ったら違った。松田だった。マリサポにとって松田という存在は、チェ・ゲバラと同じくらいデカイってことなんだろう。

そんな松田が戦力外とか、セレサポのオレからしても想像外のことだった。あれだけやってても切られる時はバッサリ、やな気持ちになった。




その松田がセレッソに来る、なんて報道が流れている。羽田が抜け、アマラウが去った今、センターバックもボランチもできる経験豊富な選手は喉から手が出るほど欲しい。欲しいけれど、本当にそれでいいんだろうか。16年間トリコロールの象徴として君臨していた松田直樹を、セレッソが預かっていいんだろうか。

選手として不満などどこにも無い。いい選手なのは異論無い。それでも、どこかしら心がチクチクする。寂しいんだ、すごく。よくわからないや。
DSC_2064.jpg


posted by 西中島南方 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。