head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

09/19/10

J1 第23節 ガンバ大阪3VS2セレッソ大阪 忘れるな。

前半2分 宇佐美 貴史(G大阪)
前半12分 中澤 聡太(G大阪)
後半7分 乾 貴士(C大阪)
後半10分 アマラウ(C大阪)

後半23分 安田 理大(G大阪)


この負けは総合力の負けだと受け止める。チームにもサポーターにも何かが足りなかった。ガンバはサポーターもチームも、負けたら終わりだという気概で試合に臨んでいた。その差が勝敗を分けた。

どんなに泥臭くても、どんなに汚くても、勝って、勝って、勝ち続けることがガンバをガンバたらしめているポイントで、ダービーは彼らの結束のためには何がなんでも落とせない試合だった。この脆い繋がりを突ければ、彼らは易々と崩れていっただろう。彼ら自身それを知っていて、だから恐れ、だから結束した。今のセレッソにその気迫を押し返すだけの力が無いということが悲しい。
DSC_995201.jpg


スタメンは今のベストメンバーと言っていい。練習で怪我をしたという清武も間に合った。
field-2010-09-18-00.gif


立ち上がりは、本当に悔しいとしか言えない。まるで都会に出てきたお上りさんといった風で、全く要領を得ない。まずは様子見という気持ちだったのか、ガンバのラッシュについていけなかった。宇佐美のゴールは素晴らしいが、そこに至るまでの流れを、普段のセレッソなら断ち切れていたはずだ。セットプレーからの中澤のゴールも松井の判断が刹那遅れている。まるでいいところ無く2失点。嫌な記憶が蘇った。
DSC_003501.jpg


ここでようやくセレッソも暖機運転を終えたが、ガンバの流れを押し返せないのは相変わらず。宇佐美とルーカスは攻撃だけでなく、守備でもよく走り、ラインに圧力をかけていた。それをいなすだけの余裕がなく、売りであるはずの1トップ3シャドーにいい形でボールが入らない。入ればそれなりにプレーできたのだけれども…。

普通はこういう流れというものはしばらくすれば何かをきっかけに少しずつでも変わっていくのだけれど、今日は違った。セレッソはイージーなミスが続き、その何かをつかめないままでいた。ここで失点していたら、もう試合は終わっていたかも知れない。それ程劣勢だった。

まだまだ悪い流れは続く。前半終了間際のコーナーキック、ガンバゴール前で激しいポジションどりがあり、中澤とアドリアーノが揉み合いになった。中澤が押したという話もあるが、角度的によくわからなかった。その後何故か高木にイエローが出た。エリア内のファウルであるからと、セレッソはPKの準備をするのだが、その後セレッソイレブンと主審家本が口論になり、それでアドリアーノにレッドカードが出た。
DSC_008301.jpg


自分でも要点がつかめない文章だとは思うが、300ミリの望遠レンズをいっぱいにしてもそれだけしかわからなかった。ただ一つ、家本主審はジャッジに自信があるならもう少し毅然とした態度でいてほしかった。それならばアドリアーノも、他のセレッソの選手も合点がいっただろう。自分で焼いたケーキが焦げたからといって、要領よく焦げた部分だけ削って、それでおしまいというのはどうだろう。小麦粉や砂糖に罪はない、焼いたパティシエの技量の問題だ。
DSC_009101.jpg
アドリアーノにはかける言葉が見つからない


field-2010-09-18-45.gif
前半ロスタイム


不愉快なハーフタイムがあり、どんよりとした空気がセレッソサイドに流れていたが、ここからようやくスイッチが入った。遅い!!セットプレーの流れからだったろうか。後半早々乾が珍しくミドルを隅に決めて1点差。熱覚めやらぬうちに再度ミドルシュート。藤ヶ谷がファンブルしたのをアマラウが気合でねじ込んで同点。あっという間の出来事だった。モチベーションさえ上がればセレッソは10人でも、9人でも戦える。
DSC_013201.jpg
アマラウはいつも大仕事をする


ここでセレッソには二つ選択肢ができた。アウェーで退場者まで出して、それで2点ビハインドを追いついたのだから、引き分けでも御の字、という考えと、ここまで来ら3点目を狙うという考え方。どちらも間違った考え方ではない。そしてセレッソに妥協という考え方はない。戦い方は決まっていた。前に打って出る。勝つ。

本当にリスキーな選択をとったものだ。サイドがどんどん上がっていく。マルチネスもアマラウも熱くなっているのがよくわかった、アドリアーノの退場で負けたとは言わせないという意思が出ていた。

ただし代償として守備はスカスカになった。遠藤がフリーでボールを受ける機会が増えて、ボールを奪われれば必ずシュートまで持って行かれていた。何度バーやポストに救われたか知らない。そしてそれを修正できなかったのが痛かった。

決勝点の安田のゴールも、遠藤が裏に出すロビングのボールを出して守備のブロックを崩したところである程度キツイ流れだった。マーカーの高橋一人をスケープゴートに出来ない。

退場者を出したのだから早めの交代策をとるのが道理なのだが、またレヴィーが後手を踏んだ。後半30分を過ぎ、丸橋の足がつったところで交代。石神と小松が入り、丸橋と清武が下がる。

field-2010-09-18-2nd33.gif後半33分


小松はターゲットとして入っていたが、個人としてはいい出来だったと思う。ただし周りとの連携がとれず、苦戦した。もしも、は禁句ではあるけれど、運動量とタフネスが売りの黒木が入っていたらどうだっただろう?個人的には好きなプレーヤーなのだけれど。

結局最後はうまく試合を壊されて敗北。リーグ戦では何年勝利から遠ざかっているだろうか…。
DSC_018601.jpg


今年のダービーは1分1敗で終わった。不本意ではあるが、事実だ。もし本当に悔しいと思うなら、この試合を決して忘れないで欲しい。そしてリーグ戦、彼等より上に立とう。残されたリベンジのチャンスはこれしか無い。勝って、勝って、勝ち続けてライバルチームのアイデンティティを破壊しよう。
DSC_000401.jpg


posted by 西中島南方 at 01:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西中島さんがどの視点でゲームを見られたのか興味がありました。
敢えて西中島さんは家本氏について深く触れるのを避けていられたように思います。
下された判定は例え誤りだと分かっても覆ることはありません。
「あの」ジャッジだけを敗戦の原因と言いたくないのは私も同じです。
そうは分かっていても、言いたいことがあります。
彼がゲームをぶち壊してくれたのは、Jで一体何回目でしょうか?
人は過ちを犯す生き物です。
完全な判定ができる審判など世界中のどこにもいません。
誤審もゲームの要素であることも認めましょう。
でも、選手が全身全霊を掛けるゲームを壊すレベルの過ちをこれだけ繰り返す審判が引き続き笛を吹き続けるのはサッカー界にとっても家本氏本人にとっても不幸ではないでしょうか。
彼がこのゲーム後にどういう反省材料を抱えたかを知る余地はありません。
ただ、彼が一人の人間であることを最大限に考慮して言います。
彼のサッカー人生はこういう取り返しが付かない場所とは違うところで歩んでもらうことを真剣に提案します。
幾らつま先でターンする技術を持っていても、判断する能力が足らなければ、何の意味もありません。
普通の会社なら、これだけミスを繰り返せば同じ仕事は与えられません。
2010年のこの瞬間はもう戻ってこないのですよ。
これから未来永劫に続くフットボールの為に提案したいです。
Posted by 桜玉三郎 at 2010年09月20日 01:21
アドリアーノの持ってるボール Gの選手がはたいた時 大げさに倒れたら
PKが2本もらえたかも
って云っても信じられるようなジャッジだな
みんなが全力でやってる中 1人いつも舞い上がってるのかずれてるのか
公式な抗議や指導を受けても何も変わってない人が主審である不幸
Posted by ossan at 2010年09月21日 10:13
西中島さん、コメントUPありがとうございます。
アドリアーノが出れない2試合は正念場の一つになるでしょう。
でも、きっと良い結果を出してくれると信じます。
バンやルイにはいいチャンスです。
そして、新たな歴史をこれから創るためにセレッソを応援し続けます。
Posted by 桜玉三郎 at 2010年09月25日 01:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。