head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

06/01/10

愛のない人。

最近11になる娘の様子が気になる。とかくお笑い芸人に対して卑下したような笑い方をするようになった。

確かに芸人さんは笑われてナンボの商売であるから、そういう笑いも有っていいのかもしれない。ただ娘の態度はあまり礼儀がなくて、蔑称を平気で使ったりする。見ていて心が痛くなるので注意するようにしているけれど、あまり直っていない。

一番心配しているのは彼女が人を慮ることができる大人になれないのではということだ。仮に勉強はできなくても、隣人を敬いいたわることができる人になってほしいと願い、優しい名前を探したのだけれど、父親の器量が狭いばかりに難儀をすることになった。


愛情が無い人は、それだけで不幸だ。人を愛することが出来ない人は、なかなか人から愛されることが無い。そしてそれをそれと気付かずに「ここは私にとって居心地がよくない」とひとところにいられない。しかし原因が自分にあるのだから、他の場所でも愛されなくて、結局しなくてもいい苦労をたくさん背負ってしまう。まるで荒れ野をさまよう馬のように、少ない草を食んでは次の草を探して旅をする、そして安住の場所はついぞ見つからない。傍で見ていて悲しいのだけれど、自分には何もできない。

一方的な恋なら、まだなんとかできるかも知れない、自分の中で完結するからだ。ただそこから愛を育てられないのなら、高まった好意の分だけ失望も大きいだろう。


私もその類の人間であるけれど、家内にたくさんの愛情をもらったおかげで、ようやっと荒れ野を離れることかできた。しかし娘はどうだろうか?酷く不安だ。愛のない人の不幸、愛の無い人の隣人であることの不幸。どうしたらいいだろう。

IMG_000901.jpg


posted by 西中島南方 at 17:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっさんは古い人間なので たとえが古くて悪いけど
むかし 上岡竜太郎さんが パペポTV やったかで
笑わせるのが芸人 笑われるのはあほや
とおっしゃった

なんか失敗したり あほな事したりしたら それ見た人はみんな笑う 
これが最近の腕の無いお笑いタレント
ホンマの芸人やないんを 娘さんはわかってるんちゃうか
Posted by ossan at 2010年06月02日 12:57
確かに娘は笑いにうるさいなw
そういう目があるってのなら話は別?

ただしつけとして人を見下さないというのは決まっているんで、
それは徹底したいところです。
Posted by 西中島 at 2010年06月03日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。