head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

04/29/10

蕎麦屋。

オレが

「蕎麦屋に行こう」

と言うのは、とても珍しいこと。

蕎麦がキライなわけじゃなくて、逆に蕎麦が大好きだから。蕎麦屋に誰かを連れて行くってのは、特別なこと。だから、普段はあんまりそういうことは言わない。

DSC_29310101.jpg


家内がまた一つ歳をとった。嬉しいことなのでとっておきの蕎麦屋に連れて行った。土佐堀川沿いの小いさなお店。

蕎麦を食うという行為は、店を味わって、人を味わって、空気を味わって…、蕎麦に行き着くまでに実にいろんなものを味わう。それを煩わしいと思う人もいるかもしれないけど、これにはまるとなかなか抜け出せない。

DSC_29350101.jpg


蕎麦だって、挽き方、茹で方、かえし、薬味、様々なファクターが重なって、ようやっと蕎麦と呼べるものになる。こだわりのある店主はそれ一つ一つを吟味している。どこの蕎麦粉をどうしてるとか、鴨汁のネギはどこそこのだとか。大根はどうだ、出汁はこうだ…。

そのくせ口に入れる蕎麦はとてもシンプルで、混じり気が無いのが上等だという。不思議な食べ物だと思う。家内と行った蕎麦屋も特別仰々しい店ではない。値段もとりたてて高額ではない。ただ一口蕎麦を食べれば、この店が特別だということがわかる。

DSC_29460101.jpg


家内はこの蕎麦をおいしいと言ってくれた。そんな人を家内と呼べることを幸せに感じる。


posted by 西中島南方 at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。