head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

08/09/09

J2 第33節 福岡2VS2C大阪 短いです。

いろいろと事情がありましてブログを書く気力を失っていました。申し訳ない。なので今日の観戦記も短めです。

field-2009-08-02-st.gif


前半、福岡はベタ引きだったのですが、これを突破するのに苦心惨憺という状態でしたね。ピッチの状態が悪いのでドリブルやショートパスが機能しなかったし、クロスまで持っていくのも一苦労だし。

決定機では俄然福岡。久藤がいい味を出していました。チャンスメークしかり、先制ゴールしかり。さすがにベテランというところですね。セレッソは歯車が狂いだすとそれを修正する選手がいないのが厳しいところです。なので後半立ち上がりまえがかりになったところでカウンターを食らって2-0という時点で半分諦めムードでした。

それを救ったのはレヴィー・クルピの不屈の精神と、今まで生きていなかった小松の存在でした。4-4-2へのシステム変更と攻撃的な選手の起用。それに2ゴールで応えた小松。もちろん逆転できれば素晴らしかったでしょうが、あの流れの中で勝ち点1をとって帰れるのは大きいです。


またしばらくはウダウダしていますが、弊ブログをよろしくお願いいたします。


タグ:小松 久藤
posted by 西中島南方 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※西中島が気付くまでしばらくお待ち下さい

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。