head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

Tue 30 Nov 2004

逆永久欠番希望。

 ストーブリーグの季節になりました。各チームで続々と移籍や解雇のニュースがリリースされています。

 一年でJ1復帰という目標が果せなかった京都は大粛清が待っていて、チェ・ヨンスや黒部、熱田といったチームの主軸大半が移籍、ないしは解雇されるといいます。他チームからすればチーム強化の絶好の機会でしょうが、京都サポーターとしてはつらい冬になりそうです。

 そんな中、仙台が公表した解雇選手リストの中に西谷の名前を見つけました。J1にこだわり、2002年に神戸に移籍。その後仙台に活躍の場を求めたものの、トラブルが絶えなかったようです。


 西谷正也は1997年にセレッソに入団。貴重なレフティーで、ドリブルにも力が有り、プレスキックも蹴れました。同世代に本山、中村俊輔がいなければ間違いなくシドニーのピッチに立っていたと思います。

 1999年には左ウイングとしてレギュラーに定着。2000年ファーストステージ躍進の原動力になりました。低迷した2001年シーズンにあっても奮闘。岡山と息が合っていた数少ないプレーヤーでした。


 いつもこの時期になると感じるのですが、セレッソにはつけてはいけない「魔数」とも言うべき番号が有るように思います。この背番号を付けると、必ずよくないことになるという数字。

 まず「1」正ゴールキーパーの番号なのですが、ジルマール以外にあまり評価の高い選手がいない印象があります。武田治郎は神戸に、下川は川崎に移籍。下川に至っては移籍先でも控えに甘んじている有様です。多田の怪我も背番号のせいにするのはこじつけでしょうか。

 次に「7」原田はともかく、その前の米倉は元祖ラフプレー王。キム・ドクンは問題外、鈴木悟はJ2でもファンタジックなプレーを続け、今は久藤がつけています。

 そして「11」この数字を付ける選手は前の二つと違い、「努力しているのに報われない」選手がつけることが多いです。スーパーサブ山橋、セレッソ韓国路線の草分けコ・ジョンウン、二代目スーパーサブ横山、そして西谷。今は今年散々苦労した徳重がつけています。


 森島が引退する時、ひょっとしたら「8」は永久欠番になってしまうかも知れません。けれどこれらの「魔数」も、何とか早いうちに欠番にしていただけないかな、なんて想いをめぐらす初冬の夜でした。




posted by 西中島南方 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(2) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

明日から12月
Excerpt: ・さよならは夢の中へ 慌しかった11月も今日で終わり。 2004年も残すところ、
Weblog: 100% rosado
Tracked: 2004-11-30 22:17

仙台の西谷正也、浦和レッズに移籍決定!【浦和レッズ】
Excerpt: <U>814 名前:今朝のニッカン ◆59YUoCC76A [sage] 投稿日:05/01/12(水) 04:03:35 ID:/S0/mjHk 【浦和、元仙台西谷獲り】 浦和が、J2仙台から戦力外通..</u>
Weblog: True Faith
Tracked: 2005-01-12 05:13