head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

12/26/05

去り行く人の為に。

 昨日も書きましたが、どうも布部の移籍が本決まりっぽいですね。福岡ですか。岡山、ノさん、久藤、何かと縁が有るチームですが、サポーターが熱いところらしいんで、ちょっとのんびり派が多いセレサポに慣れていると、戸惑うところもあるかも。ノさんも代表のユニ投げつけられた事が有ったらしいし…。勿論活躍すればちゃんと認めてくれるでしょうけれど。


 布部って、悲しいぐらいいじりやすいというか、突っ込みやすいキャラクターで、観戦記でモノ申したことも多いし、こんなのこんなのを描いたりしたのですが、人間としての魅力は有り余るくらい持っている、本当に全身大阪って感じの人でした。だからてっきりセレッソで骨を埋めて、引退後は通訳兼広報かスクールコーチに回るもんだと思っていました。世の中ってそんなモンじゃないんですね。勝負の世界の厳しさとか、チームマネジメントの難しさというのを身をもって知ってしまったような気がします。あんまり知りたくなかったってのは、子供の感想ですかね。


このチームで少しでも長くやりたい。



 以前試合後に小林さんが言っていた言葉の意味と重みが、愚鈍な私にもずっしりとのしかかっています。どんなに頑張っても、今のチームで試合が出来るのは、あと二つ。来年のチームには、ファビも、ヌノも、クロベエもいない。やっぱり、寂しいな。


 


posted by 西中島南方 at 19:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒部は絶対残留というサポーターの横断幕も
むなしく戦力外通告となりましたね。西村GMも
自分が京都の監督やったツテで呼び込んでて
ええ度胸しとるわ、と思うけど考えてみれば
この2人は京都で一回衝突しとるもんね。

しかし、今年京都が早々とJ2を独走できたのは
黒部と崔龍洙を思い切って外してチームを刷新
したからであって、来年彼が京都に戻るとなると
チームの生態系が崩れてしまいそうな気がする。

となると、黒部の移籍先は播戸が抜けた神戸?
Posted by 西加賀屋 at 2005年12月28日 21:41
 ストーブリーグというと移籍話がメインになってしまうんですが、今年に限って言うとセレッソは「悲しい別れ」が多そうで、楽しいオフとは行かない感じですね。

 黒部、言われてみると神戸っぽいですね。セレッソでのシーズンは満足のいくものではなかったんですが、能力の高さは誰もが認めるところですから、黒部が生きるシステムのチームなら案外楽に再生しちゃうんじゃないかなと思っています。去就が決まっていない選手には、少しでも早く新しい働き場所を見つけてほしいですね。
Posted by 西中島南方 at 2005年12月28日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。