head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

07/17/11

タンドリーチキンを食べに神戸までいった記録。

ああ、おいしかったなタンドリーチキン。うはは。

そうだよ、昨日はタンドリーチキンを食べに行ったんさ。そう思わないとやってられないよ。
DSC_377801.jpg

愉快なネパール人のおにーさんが
DSC_378501.jpg

鉄板で焼いたタンドリーチキンを
DSC_379001.jpg

豪快にオン・ザ・ライス!!ウィズカリー!!!

なんていうかカレーも半端ない、深みのあるサラサラ系で、好み。チキンもスパイシーで、皮パリパリ、中ジューシー。ウマさが伝わるかね。昨日一番テンション上がったのがこれってのが寂しすぎる…。


DSC_379402.jpg

ホムスタは"観客にとって"最高のスタジアムだと思う。ピッチはナイトゲームでも明るいから観やすいし、コンコースも広い。ピッチにも近いし、これで芝がいい感じなら選手にとっても素晴らしいスタジアムなんだけれどね。

DSC_389201.jpg

撮影カンを掴むために練習を撮ってて気になった一枚。シュートのバウンドが不規則でキム・ジンヒョンがやたらファンブルしていた。試合中もキャッチではなく、弾きだす場面の方が圧倒的に多かった。セレッソにとってはこのピッチはやり辛かったのは間違いないんだけど、それなりにアジャストしないと…。

DSC_397501.jpg

神戸は後がないって気持ちがチームからもサポーターからも伝わってきた。心一つにしたチームは強い。セレッソはそこからズレていた。

DSC_428801.jpg

乾もあまりいいプレーができなかったな。狭いところで無理に突っ込んで取られるってのを連発していて。ドイツのピッチはここよりはいい感じだとは思うけれど、今はセレッソの一員として頑張ってほしいし、移籍金を少しでも多く球団に残してほしいし、そういうところで手を抜くようなことは勘弁して。


試合後は、猛烈に悲しかった、例えると失恋に似ている。自分と自分の愛するものが同じ方向を向けないというのは、辛い。心がカラカラになって、誰でもいいから繋がっていたいって感じで…。

サッカーで否定されると、日常生活でも悲しい気持ちになるね。


posted by 西中島南方 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011 J1 第5節 神戸4VS1C大阪 楽天大儲け。

前半2分 松岡 亮輔(神戸)
後半9分 ポポ(神戸)
後半12分 朴 康造(神戸)
後半22分 キム ボギョン(C大阪)
後半44分 大久保 嘉人(神戸) PK


サポーターは神戸まで楽天にお金を渡すために来たわけではなくて、前節で不甲斐ない試合をしてしまったセレッソを、少しでも元気づけようと思って来たわけで、そのメッセージに対してこういう返答をしてはいけないだろうと、そう感じるのです。人として、それは駄目だろうと思うのです。

セレッソの選手の皆さん、今日のサポーターはいけてなかったでしょうか?声が小さかったでしょうか?至らぬところがあったでしょうか?
DSC_391701.jpg


とりあえず試合を振り返ろう。スタメンとベンチ。マルチネスは怪我が癒えず、中後は戻ったものの上本が出場停止。代わって入ったのは藤本。ベンチには杉本が初めて入る。

field-2011-07-16-00.gif


神戸は前半立ち上がりに賭けていたフシがある。とにかくDFラインに対して、明らかにオーバーペースと思えるプレッシングをかけて、ショートカウンターに持っていこうとしていた。

それにセレッソが引っかかった。簡単に、呆気無く。丸橋がいきなりパスミスして、上がっていたので左サイドはがら空き、クロスを入れられて、ドン。開始僅か2分。


今日のセレッソはとにかくボランチから後ろの安定感が無くて、組織的に守るとかいう言葉とは真逆を行っていた。プレスが激しいのは分かるけれど、いちいち丁寧に相手にミスパスする必要は無いはず。

特に藤本と丸橋のところは徹底的に狙われて、青息吐息。
DSC_406101.jpg

やっとボールを奪っても、ボランチのところでうまくボールをさばけないし、保持もできないから攻撃の形が作れない。前4人は仕事ができなかったし、両SBも上がって後ろに危険なスペースを作ってしまうだけで、まるでいいところがなかった。本当に何もいい材料が無いから、書きようがない。前半を1-0で終われて良かったね、と付け足すぐらいで。


ハーフタイム、恐らくレヴィーの雷が落ちて、選手交代。中後を下げて小松を入れ、倉田を一列落として4-2-2-2。

field-2011-07-16-2nd-00.gif
後半開始時


普通に考えれば本職のボランチを一人も入れないなんて采配は狂気じみている。けれど、それくらいセレッソの攻撃はお粗末だった。前に行こうという気持ちが必要だった。
DSC_421701.jpg


倉田がDFラインに入ってボールを持って上がるところまでは形ができたけれど、今度はそこからの展開が狭い。とにかく中央突破に固執していて、神戸が作っているブロックに自ら突っ込んでいく。サイドにふって相手を揺さぶるとか、ミドルを撃って釣り出すなんてことはせず、ひたすら突っ込んではミスで奪われ、カウンターを食らうというのを後半開始から続けていた。例えて言うなら定置網にかかる魚のようで、習性を利用された感じ。誰もマズいから方法を変えようなんてコトを考えていなかった。
DSC_411701.jpg
キム・ポギョンがゴールした時には大勢が決していた。


この試合だけで言えば、ボランチに入った選手の展開力の無さ、ボール保持力の無さが致命的だった。マルチネスの存在はやはり大きい。いないなりの戦い方ができないことも、それはそれで悲しいもの。


後半29分の交代も不思議なもので、ここでようやく本職ボランチの山口を入れる、播戸も同時投入で、倉田は再び2列目に。

field-2011-07-16-2nd-29.gif
後半29分


DSC_429401.jpg
神戸サポーターのブーイングを受けた播戸も活躍無し


この時点でレヴィーの賭けは失敗だった。後はどれだけ小さく負けるかという段階。開き直ってピッコリ監督時代の福岡のようにひきこもるなんて選択肢もあったが、それでもセレッソは攻め続けてくれた。一サポーターとしては、最期のプライドを守ってくれたように感じていたが、トドメのPKを嘉人に決められたのにはさすがに心が折れた。
DSC_430601.jpg



今日のメンバーで頑張りましたと言われて、そうだねと答えられるのは2度もポジションチェンジを要求され、それなりに走りまわってくれた倉田くらい。
DSC_425501.jpg



2試合で7失点、自慢の守備はボロボロで、見る影もない。選手を入れ替えようにもケガ人ばかり。恐らく今季最大の危機を、どう乗り切ろうか?サポーターは声を出すだけ、応援をするだけしかできない。あとはチームが、選手個々人がどう感じてくれたか、悔しいと思ってくれたか。清水戦で結果が出なければ、しばらく残留争いから抜け出ることはできないだろう。C
posted by 西中島南方 at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。