head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

07/12/11

ホタルノヒカリ。

今年、セレッソで一番伸びたのは螢だと感じている。
DSC_313901.jpg

以前は、少なくとも2年前、J2にいたころの螢は、ボランチのポジションに「いるだけ」の選手だった。勘所がわからずに、ピッチをさまようばかりだった。

それが経験を積むことで、少しずつだけれども、確実にいいプレイヤーに変化してきた。去年終盤、胃の痛くなるようなACL出場権争いの際にも、安心して送り出せる存在になった。


今年はアマラウが抜け、ボランチが手薄になると思っていたが、中後がチームに加わり、また3シャドー候補のキム・ポギョン、倉田にボランチとしての適正があるとわかると、出番が回るまでに時間がかかった。ライバルの黒木や藤本の存在もマイナスだったかもしれない。


ただ、リーグでの経験、国外で世代別代表としてプレーした経験が、螢を確実に強くしていった。次第にポジショニングが安定してきて、相手が嫌なところに顔を出すようになってきた。運動量が豊富というわけではないけれど、うまく動いて、危険の芽を潰している。これに持ち前の展開力が出せるだけの余裕ができれば、化ける。


明日はそんな螢にとって大事な試合。マルチネスのケガ、中後の出場停止が重なり、先発出場の可能性が濃くなってきたからだ。

でも、心配はしていない。それくらい螢は成長しているよ。去年は丸橋が大ブレイクしたけれど、今年光るのは、螢のはず。長居の空に、ホタルノヒカリ。


posted by 西中島南方 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。