head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

04/06/11

オレは何を売ってるんだろう。

DSC_872701.jpg


パン屋はパンを売っている。当たり前だな。
サーバー屋なんかはサーバーというハードとバックアップ体制というソフトをセットで売っている。
カフェなんかは食べ物飲み物以外に「立地」や「雰囲気」なんてのも売っている。
東京電力は最近電気以外にケンカも売ってるように思うけれど、まあ、別の話。

本題。では、セレッソは何を売っているか?チケット?グッズ?成長した選手なのてのもたまに売ってるけれど、根本というか、そもそもは違う。

「僕らは『夢』を売ってるんですって、よく言います」

砂金さんは以前、強く強く、『夢』という言葉を出してくれた。営業スタッフがそう言ってくれるというのは、意味深い。

当たり前だけれど、営業部(セレッソでは事業部)は、他の部署に比べてシビアなモノの見方をしないといけない。営業の成績が、会社の将来を左右する。そのストレスと戦い、相違と工夫で得意先を見つけ、苦情に笑顔で応え、いろんなフロントラインで戦うのが、営業の仕事。その人達が『夢』という言葉を選んでくれた。

正直、羨ましい。

今は、Webディレクションだとか、コーディングだとか、写真撮影だとか、ライティングとか、まあいろんなコトを売り物にして生きている。公私共に殆ど変わらないのでどこからが仕事でどこからがプライベートなのかもよくわからない。

そこで「アナタは何を売っているんですか?」と聞かれたら、なんと答えればいいんだろう?

ちょっと前まで、困った人を助けていたことがあって、ありがとうと言われることが嬉しかった。でも、何か歯車が空回りしてしまって、どこかありがた迷惑な存在になっている自分に気がついた。本当は、もっとみんなに笑ってほしいし、その力になりたいと願っているのに、頑張れば頑張るほどうまくいかない。一昨日までの乾みたいだ。
DSC_900401.jpg


オレも、がむしゃらにゴールを目指していたら、答えが見つかるのかな。わからないけれど、やらなきゃな。みんな迷惑かけるかもしれないけれど、もう少し付き合ってほしい。よろしく頼む。


posted by 西中島南方 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ACL#3 Cerezo Osaka 1vs0 Jeonbuk Motors

Takashi Inui (Cerezo Osaka) 53'


震災後初の国内公式戦を勝利で飾ることができた、日本の代表として、仙台や、鹿島や、水戸のいるJの代表として戦って、不恰好ながらも結果を残せた、それが何より。ホーム長居でだらしない試合はできない。


スターティングラインナップはこちら。マルチネスはケガの影響かメンバーから外れている。ダブルボランチはボギョンと中後。清武が3シャドーの位置に戻り、ベンチでは村田の名前が。

field-2011-04-05-00.gif
Start Half


DSC_879401.jpg
試合前の黙祷。両チーム喪章をつけてのプレー


一番の注目は中盤だった。ボランチの安定感はどうか、3シャドーのコンビネーションは合うのか。
DSC_884701.jpg
ボギョンのフィジカルはボランチでも生きる


結果から言うと、中盤の構成力は今までで一番よかった。セレッソの3シャドーは特殊な役割をになっている。攻撃でのセンスはもちろん、ボランチでカットしたボールを一気に相手陣内まで動かす起点としての働きがなければいけないのだ。倉田、ボギョン、乾だと攻撃的ではあるもののボランチとのマッチチングが悪く、パスの交換が雑だった(もちろんシャドーだけの問題ではなかったけれど)清武、乾、倉田という組み合わせになって、守備から攻撃に切り替わる際、清武、倉田がもらう動き、一段下がって前線に戻る動きを多用したことで、この問題がかなり改善された。ボギョンが体幹の強さを生かした守備でボランチとしての可能性を見せたことも含めて、セレッソにとって価値のある試合になった。
DSC_881401.jpg


さりとて相手も韓国Kリーグの強豪であり、前半は細かなパスワークとスピードの前に翻弄されることが複数回あった。相変わらずボールロストの位置が不味く、守備の組織を作る前にフィニッシュまで持って行かれていた。ここを何とかすればJリーグ再開に向けて戦える素地が出来上がるのだけれど、難しいのか?
DSC_880701.jpg



セレッソにとって幸運だったのは、全北現代が国内リーグを行ってから大阪に乗り込んできていたこと。やはり地の利はあったし、後半に入ると全北現代のプレーヤー達の足があからさまに止まりはじめた。3シャドーのスピードとパスワークが生きるシチュエーション。


この試合唯一の得点は、前半眠っていたエースの一撃。相手守備を鋭いパスワークで崩して、最後は乾。チャリティーマッチ、代表戦を含めて5試合目で初のゴールは値千金。
DSC_898101.jpg


セレッソサポーターならこの後の乾がどのようなプレーをしたかおよそ想像がつくだろう。上手さ、いい意味での軽さ、意外性、驚きのある動きで、攻撃を牽引。今までになかった、心躍る攻撃を演出する。


しかし全北現代もしぶとい。足が止まった後は9番ジョン・ソンフンと元セレッソのロブレクをターゲットにロングボールで守備陣の心身からスタミナを奪っていく。セレッソも集中力を切らせる場面があり、これは反省材料。また韓国、中国のチームはご多分にもれずフィジカル勝負になると露骨に汚いプレーをする。何度も体を削られ、選手が倒れこむ。
DSC_902101.jpg
審判も試合をコントロールするのに四苦八苦


この捨て身の攻撃で、少なくとも三度、決定機を作られている。その内の一度はフィールドプレイヤー(高橋?)が決死のブロック、一度はジンヒョンが気迫あふれるビックセーブでゴールラインを割らせず、至近からのヘディングシュートは相手のミスに助けられる。
DSC_902501.jpg


試合終盤には時間稼ぎと運動量維持のためにカードを切っていく。小松と村田がピッチ上に。

field-2011-04-05-89.gif
89 min


京都とのチャリティーマッチの時にも感じたが、右の攻撃的な位置に入った村田のスピードは特筆すべきものがある。とにかく思い切りが良く、スピードがあるので相手DFが一枚いてもかならず相手陣内深くまでボールを持っていける。このまま成長を続ければ、数年後には背番号8が待っているかとすら思える。ストイックさ、規格外のフィジカル、このまま経験を積んでいけば…。
DSC_910901.jpg


field-2011-04-05-90+3.gif
90+3min


反省材料もまだたくさんあるが、まず結果がついてきたこと、そして今までの試合から確実に進歩してきたことは評価できる。あと少しで、今年のベストの布陣、タクティクスが完成する。そうすれば、長らくセレッソを覆っていた閉塞感ともさよならだ。
posted by 西中島南方 at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。