head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

04/03/11

東北を飲もうよ!

花が咲いて、南風が暖かく肌を通り過ぎるようになると、お花見に出かけたいのが人情です。
DSC_865502.jpg



今年は震災があって自粛ムードが広がっていましたが、東北、岩手の酒蔵、あさ開さんがこんなメッセージを送られています。



東北には銘水が多く、よいお酒が昔から作られていました。最近では地ビールなんてのもありますよね。有名なところだと銀河高原ビールなんかも岩手のきれいなお水で作られたビールです。
DSC_558202.jpg


こういう時に盛り上げられる余裕がある人は、盛り上げていきましょうよ。東北のお酒を飲めば、東北にお金が届くし、酒蔵という、一度廃れたら何年も立ち上がれなくなるような、大事な産業を保護することにも繋がるんです。

サッカーが好きな人は試合の前後でもいいです。東北を食べて、東北を飲んで、桜前線にあわせて、元気を北へと届けませんか?


えー、シンクの長尾様!サイトの打ち上げがあるのでしたら、ぜひお花見を、東北のお酒でどうですか?


posted by 西中島南方 at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期待を超えて、期待に応える。

「期待を超えて、期待に応える。」

それが、オレの大好きなカメラメーカーの企業理念。自分自身も、この理念を貫けられるように気をつけて生きているつもり。まだまだ精進が足りないけどね。

昨日知り合いに、お医者さんの「期待を超えて、期待に応える。」ってなんだろうという話をして、共感してもらえたことで、この考えは間違えていないんだって自分の中で確信を持った。


お医者さんのもとに

「熱がでました、診ていただけますか」

という患者が来る。

「風邪だと思うので、風邪薬を下さい」

と言われて、そのまま風邪薬を出せば、とりあえず患者は納得して帰るだろう。
でももし患者の病気が風邪でなければ、どうなんだろう?
薬を飲んでもよくならず、また病気で苦しい時間を過ごす。

だから医者は

「本当に風邪なのですか?」

と彼の病状を子細に聞いてみないといけない、検査が必要なこともあるだろう。
そうしてひと通り診て、苦しみの正体を探し出すことが医者の仕事。「期待を超えて、期待に応える。」という意味。


それは仕事だけではなくて、生きて行く上でも大事なんだと思っている。ほんの少しでも、誰かのことを考え、僅かでも何かしらを、求めている人に繋いでいけたら、人と人とは、もう少しいい関係になれる。

今の状況が辛いという人がいる、オレみたいな人間に何が出来るのか、よくわからないけれど、その期待を超えて、期待に応えられるように、頑張ってみようと思う。また笑ってくれるようになったら、それは自分にとって最高の報酬。


ということで、皆さん、これからもお願いします。
DSC_868002.jpg
posted by 西中島南方 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。