head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

02/27/11

"OSAKA CITY"の船出。

昨日書いてましたスタジアムミーティングに行ってきた。メンツは…、まあご存知の通りで、ゴール裏と、濃い人達、自分も含めて。セレッソからは廣畑部長、砂金さん、坂口さん、スタジアムマスターの本間さん。足の肉離れお大事に。
DSC_6006.jpg


今年は選手紹介の動画が変わる。サンプルを見せてもらったけれど、個人的にはすごく気に入った。日本人が桜にもっている神秘性とか、セクシーな部分がよく出ている。女性にはウケがいいと思うんだけどね。


ここでまず書いとくべきはACLでのサポートについて。まずアウェーだけど、言われているとおり旭日旗、もしくは過去の軍国主義的な歴史を想起させる物は全てNG。あとバカなのは、中国だと現地にいる担当の人間が「理解出来ないモノ」はアウト。例えば担当がポルトガル語とかハングルが読めない場合「読めないから没収アルヨ」となるそうな。それは担当のオツムのデキの問題なんだけどね。韓国は意図してアウェーなんだろうけど、中国は天然アウェーということ。インドネシアは、もう理解不能かな。

チケットに対しても、未確認情報では1週間前からネットで買えるということだったけど、基本どの国も当日券買って観るという文化なので、そのように。最悪同行しているセレッソやJリーグのスタッフが誘導してくれるらしいけど、フランスW杯の苦い記憶があるから怖いね。アレマ以外はスカスカらしいけど、どうにも…。


ホームの場合のタイムテーブルは、Jリーグの試合ベースだけど、ACLのレギュレーションを意識してアンセムの扱いが変わりますよと、詳しくは下の画像を。もちろんこれは暫定で、カイゼンできるところはどんどん変更。
DSC_5980.jpg



で、事務的な話はここまで。この記事で書きたいのは、なぜ応援するかってこと。前の記事でも書いたけれど、勝たせるために応援する、これだけなんだけど、どうしても雑念出てしまうよね。どこまでが楽しみで、どこまでがサポーターとしての仕事であるのか、自分の中で整理したほうがいいかもしれん。

本間さんも言ってたけど、セレッソがかつて何度もタイトルを目前にしながら、ことごとくそれを逃してきたのは「総合力」の弱さにある、これは100%同意。勝ちたいという意思をチームもクラブもサポーターも、一つに合わせないと勝てない。逆に言えば、後はそれだけなんな。勝ちたい、タイトルがほしい、そのために何をするか個々人が考える。それが開幕前の仕事。


オレタチは"OSAKA CITY"のクラブチーム。「天下の台所」「東洋のマンチェスター」「大大阪」と唄われた、その街の象徴なんだ、恥ずかしい真似はしたくない。
DSC_5973.jpg


posted by 西中島南方 at 16:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。