head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

01/16/11

カメラを持って街に出る。

どんよりとした雲が空を覆っていた。曇天は心も曇るって人もいるが、冬の寒い風と、はれぼったい雲と、吐く息の白さが、オレは好きだ。こういう日は街にでて、何かに触れたい。丁度家内が京都の一乗寺でやっているロベール・クートラスの展覧会に行きたいという。断る理由なんて無かった。
DSC_4726.jpg


大阪がかなり冷えていたから、京都はさぞ寒いだろうと思っていたら、意外に悪くない天気で拍子抜けした。雑多な場所で生まれ育ったので京都の外れの静かな街は少しだけ居心地が悪かった。まるで濾過した水で満ちた水槽に放りこまれたドンコのような気分。

展示会をやっていた恵文社はその濾過水でいれたフェアトレードのオーガニックコーヒーみたいな書店だった。アメ村にあるスタンダードブックストアに近い、経営者の嗜好が強く出た店。京都らしい雰囲気で、お客さんもお店がしつらえたように自然派って感じで、これはなかなかいい。子供の頃から本屋は大好きなので、こういうのは大丈夫みたいだ。
DSC_4723.jpg


さて、ロベール・クートラス展は書店の奥の、小さな、本当に小さな一角で、隠れるように催されていた。彼は1968年頃から亡くなる1985年まで、パリの古いアパルトマンの一室で、毎夜「カルト(カードのフランス語)」と呼ばれる小さなボール紙製の札に油絵具やガッシュを使って一枚、ささやかで偉大な絵画を製作していたらしい。夜になると頭が不思議な動きをして、自分の想像の外にある何かと繋がる時があるけれど、彼もこの力を借りてカルト達を描いていたんだろうか?メジャーな画家ではないから、そういった気持の部分を記した資料が少ないので何もわからないのだけれど、カルトを眺めていたら不思議と理解できた気がした。クートラスさん間違えていたらゴメンナサイ。
DSC_4738.jpg


大阪に帰るとみぞれ雪が降り出していた。小汚い我が街よ、帰ってきたぞ!!また仲良く頼む。


posted by 西中島南方 at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/13/11

SUPER TAKAHASHI BROS.

確かにセンターバック、というか守備的な選手の層がかなり薄くなったとは思っていた。アマラウ、羽田、石神、山下が抜けて江添も完全移籍。守備的な選手で入ったのは中後一人で、扇谷、山口螢、杉本(DFとして起用するならば)の成長を見込んでいても苦しい状態だった。

それにしてもこの移籍は予想外だった。

CEREZO OFFICIAL

【11/01/13】ヴィッセル神戸 高橋祐太郎選手 完全移籍加入のお知らせ

ヴィッセル神戸から、DF高橋 祐太郎(たかはし ゆうたろう)選手が完全移籍加入することが決定しましたので、お知らせいたします。
高橋選手のプロフィール、コメントは下記のとおりです。(後略)


最初誰かピンとこなかった。調べてみてビックリ、高橋大輔の弟ではないか!高橋3兄弟のブログでは早速報告がされている。プロ生活を始めた神戸のサポーターに向けて、精一杯の言葉を綴っているのに好感が持てる。

高さがあり、強さがあり、この気持があれば、高橋兄弟、いけるんじゃないか!?と期待している。
DSC_0969.jpg



ところで神戸での登録ポジションはFWながら、センターバック、サイドバックもこなせるマルチなプレイヤーとのことなので、セレッソではDFラインが主戦場になるのだと好意的に受け止めている。別に誤植では…、ない…、でしょ?ね?
posted by 西中島南方 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/12/11

「理想の子」なんていない。

セレッソの兄貴分、北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手のまわりでちょっとしたフィーバーが起こっているらしい。斎藤投手の練習を見学しにくるのは比較的高年齢の方が多いという。なんでも斎藤投手に「理想の息子」像を重ねているのだと。

それは何とも悲しい話だ。彼の練習を観に来たすべての人が子どものいない不遇な高齢者だとは思わない。中には少なからず、実際に彼と同い年くらいの息子さんがいらっしゃる方もいるだろう。それなのに斎藤投手の方がいいというのだから、実の子とすればどんな気分だろう。


こんな話も聞いた。人事コンサルタントのもとを訪れる新卒採用担当者が、口々に「我が社としては石川遼選手のような即戦力を求めている」と言うのだそうだ。コンサルタントは「彼は特別な存在、そんな人はそうそういませんよ」と言うのだが、聞かない。


人はあるようにある、長所短所があるのが普通だ。斎藤佑樹も石川遼も確かに素晴らしい人物であるけれど、だからといってそうした普通の若者、子供たちがないがしろになったり、あまつさえ非難されるというのはどういうことだろう。そのうち年金を搾り取っていく人たちが、お金だけはしっかり奪いながら、批判だけはするというのなら、どちらが不遇か自明だと思う。


わが子にも短所がある。引っ込み思案でナーバスなところは、ずっと気になっている。けれど、一度も他人の子のほうが優れているからよい、その子のほうがよかったなどと思ったことはない。彼女のことを自慢する機会があるのなら、何時間でもしゃべり続ける自信がある。何といい子を授かったかと、今でも不思議だ。


となりの芝を青いという暇があるのなら。自分の家の庭に、僅かでも愛をまいてほしい。どうか、ぜひ。
DSC_451901.jpg
posted by 西中島南方 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/10/11

トマトを赤く、医者を青く。または「チキンハムだぜ!」

家内が風邪をひいた。
DSC_4566.jpg


まだ重くないので今のうちに滋養のあるものを食べさせたかった、トマトソースのパスタを作ろうと思った。栄養価の高い、食べやすいモノ。


にんにくを細かく刻んで、たまねぎも細かく刻んで、少し少なめのオリーブオイルでじっくり火を通す。にんにくの匂いが立って、たまねぎが透明になったらダイストマトと水と固形スープのもとを入れる。ローリエの葉とドライバジル、塩、コショウを加えてコトコトと煮詰める。
DSC_4577.jpg


スーパーに行くとうまい具合にチキンハムを発見。油脂分が少なくて、高タンパクなのでよい。

こいつとたまねぎ、ピーマン、湯通ししたニンジンを準備して、少しのマーガリンとオリーブオイルをひいたフライパンで軽く炒める。たまねぎに火が入って、まだ少しシャキシャキ感が残っているうちにトマトソースを入れて具材に旨みをしみこませる。

後は、パスタを入れて、軽く混ぜて、皿に盛って、チーズを加えコショウをひく。
DSC_4586.jpg


山盛りのパスタだったけれど、家内がおいしいおいしいと食べてくれた。空になったお皿を見ると嬉しい。風邪、早く治るといいな。
posted by 西中島南方 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジアカップの代表と美味しいパスタの作り方。#daihyo

パスタの基本は「アリオ・オリオ・ペペロンチーノ」スパゲッティと、唐辛子と、にんにく、オリーブオイル、それに塩だけのシンプルなパスタだけど、作り方が難しい。

パスタを茹でている間にオリーブオイルをフライパンに入れて、スライスorつぶしたにんにく、それに種を抜いた唐辛子を低温でじっくり熱していく。パスタが茹で上がったら素早くフライパンに入れて、ここからが大事。絶えずフライパンをゆすって、パスタの茹で汁とオリーブオイルを「乳化」させていく。

乳化を分かりやすく例えよう、ドレッシングを想像してみてほしい。スーパーで売られているものは油とその他の成分が分かれている。これを食べる時にシャカシャカと振って、一体化させる、それが乳化。上手く乳化させないと油は油のままで、茹で汁は茹で汁のままで、素材がバラバラのままペペロンチーノにならない。たった五つの素材なのに!


ここまでがマクラ。何が言いたいかわかるでしょう。今の代表は素材こそ素晴らしいものだけれど、まだバラバラで、乳化していない。本田は本田のままで、香川は香川のままで、まるでまざっていない。ピッチの上にはどう頑張っても11人しか置けないのに、そのうち何人かのリズムがチグハグでは厳しい。

今のメンバーが南アフリカの代表より弱いとは思わない。ただあの代表は、ワールドカップ前に乳化することに成功した。そうしてモチベーションも、戦術も、意思も統一していた。だから代表と言う一つのマスになった。ザックジャパンはまだフライパンに火も入っていない感じがする。同じなのは着ているユニフォームだけ。

トップ下の3人がそれぞれの持ち場だけでしか動かず、マークを外しきれなかったのをなぜ修正できなかったか。

中に8人もDFがいるのに簡単なクロスばかり上げるのはなぜか。

ゴール前でのアイデアの少なさや、選手間のシンクロの無さは、この先修正できるかな?


特に4-2-3-1の3は、息があっていないと効果が薄い。セレサポなら知ってるよな。別にまだメンバーがどうこうとは言わない。ただもっとパス交換を激しくして、ポジションも流動的にしないと…。


ラストはパスタに戻ろうか。はい。
DSC_864101.jpg


これが今の気持ち。わかった人はコメントでも下さい。
posted by 西中島南方 at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/09/11

チームを愛してくれるバルバッコアを愛してる!

中島らもは尼崎の出身、市政70周年の際には市にこんなコピーを贈っている。

「ぼくがすきな まちをすきな きみがすき」

オレがバルバッコアが好きなのは、最高の肉と、最高の野菜と、最高のスタッフがいるからというのもあるけれど、セレッソのことを本当に思ってくれているからというのも、もちろん大きい。
DSC_4486.jpg
サラダおいしいサラダ


最高のアルカトラを頬張っていると、店長さんが来てくれた。

「アドリアーノさん、どうなるんですかねぇ…」

「ボギョンが帰ってくるし、ピンポンっていう人がセレッソと契約したって話もあるし、厳しいですよね」

「でも、いくらなんでもガンバさんに行くというのは辛いですね」

「辛いですよね」

「本人さんは残りたかったって、でもああいうのはチームの事情とか」

「代理人の意見も強いらしいですよね」

「うーん」

こういう会話が普通にできるから、バルバッコアは最高のスポンサーなんだよね。M2プラントの杉本さんやマコトさん、サンユーさん、HUBさんもどこもすごくいい。本気でサポートしてくれてる。


みんなセレッソの活躍を待っているからさ、今年も頼むよ!
DSC_4549.jpg
posted by 西中島南方 at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/08/11

ムシャクシャしていたのでムシャムシャしてやった!!

松田の移籍話はガセでした!

日刊スポーツ1月6日の記事

横浜から戦力外松田がC大阪へ移籍

 昨年11月に横浜から戦力外通告を受けた元日本代表DF松田直樹(33)が、C大阪に移籍することが5日、分かった。近日中にC大阪から発表される見通し。松田は生え抜きとして横浜に16年間在籍。同クラブで現役を終えるつもりだったが、戦力外通告を受け、移籍先を探していた。



同1月8日の記事

C大阪、松田にオファーせず

 C大阪が、横浜から戦力外通告を受けているDF松田直樹(33)に対して獲得オファーを出していないことが7日、分かった。今季ACLに出場するため戦力補強に乗り出しているが、松田はリストには入らなかった。


去年も都倉の記事で釣られたしな!セレサポは辛いぜ!ムキー!!


とまあ、ストレスが溜まっているのです。そういう時は甘いもの、温かいもの、優しいものを食べて心のケアですよ。つまりホットケーキを作って食べるんです。

自分で作って食べると楽しいですよ、いろいろ工夫ができるからね。ホットケーキミックス200グラムにヨーグルト50グラムと牛乳100cc、それに卵1個と、ほんの少しのベイリーズ。マヨネーズやヨーグルトを入れるとふんわりしっとり焼き上がるのでオススメ。

で、焼きあがったら撮影します。何を食べて生きてきたのかの記録。どうせ撮るならおいしそうに撮りたいから、頑張ります。メイプルシロップをかけて、ケーキにしみこむ前の、一番テリが出ている時に、パシャリ!
DSC_4437.jpg


はー、おいしかった…。また近いうちに料理写真講座しようかな。選手獲得の話は来ていますが、まだ少し動きがありそうだしね。
posted by 西中島南方 at 15:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/06/11

松田を愛していいのか?

キンスタにFマリが来た時、ゲバラのデカゲーフラが鎮座在していた。
DSC_2050.jpg


と、思ったら違った。松田だった。マリサポにとって松田という存在は、チェ・ゲバラと同じくらいデカイってことなんだろう。

そんな松田が戦力外とか、セレサポのオレからしても想像外のことだった。あれだけやってても切られる時はバッサリ、やな気持ちになった。




その松田がセレッソに来る、なんて報道が流れている。羽田が抜け、アマラウが去った今、センターバックもボランチもできる経験豊富な選手は喉から手が出るほど欲しい。欲しいけれど、本当にそれでいいんだろうか。16年間トリコロールの象徴として君臨していた松田直樹を、セレッソが預かっていいんだろうか。

選手として不満などどこにも無い。いい選手なのは異論無い。それでも、どこかしら心がチクチクする。寂しいんだ、すごく。よくわからないや。
DSC_2064.jpg
posted by 西中島南方 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/05/11

アマラウありがとう。

DSC_98980101.jpg


去年1月、初めて津守にあらわれたアマラウは、ひどく神経質っぽくて、でもカメラ向けたら必死にこんなポーズとってくれた。その精神的な線の細さがちょっぴり不安だったのを記憶している。

シーズン序盤は、この悪い予感が当たってしまった。守備のテリトリーが狭くて、ポジショニングも定まらなくて、3バックでゴタゴタしたていたのもあいまって、ああ、外れ外人が来たんだなとか、そんな感じで思っていた。

でも、4バックになり、茂庭や上本、マルチネスとの連携がとれはじめると、少しずつストロングポイントが生きるようになってきた。


アマラウは自分の「縄張り」に入ってきた敵を的確に潰していく。仲間意識が強く、チームの一員として常にベストプレーを続ける。枠が見えたらシュート、見えなくてもシュート。大舞台に強くて、ボランチなのによくゴールを決める。

いつしかスタメンにアマラウの文字が無いと不安になっていた。マルチネス、アマラウ、上本、茂庭のブロックは堅固で、両サイドバックが同時に攻め上がれるのも、この4人が信頼されている証だ。

そんな熱血漢と別れてしまうのは、寂しい。チーム編成や予算、現実的なハードルがたくさんあるのは、それはわかるけれど、寂しいという気持ちも、隠しようがないんだ。


さようならアマラウ、元気で。
DSC_0922.jpg



CEREZO OFFICIAL


【11/01/05】アマラウ選手契約満了のお知らせ

アマラウ選手について、今季の契約満了後(契約期間:2010年2月1日〜2011年1月1日)、2011シーズンの契約を結ばないことになりましたので、お知らせいたします。(後略)
posted by 西中島南方 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/04/11

明日から仕事〜。

明日からセレッソも仕事始めです。んで、オレも。


年末年始はひたすら食べて、歩いて、写真撮って…。料理もしたし、いい映画も観たし、かなり充実した感じでした。
DSC_421701.jpg


写真ではモノクロに挑戦しています。厳密に言うと彩度を95%以上カットした写真。デジタルデータをそのまま白黒にしてしまうとホントに味気のない、寂しい写真になるので、ギリギリまで色の要素を削る方向で行ってます。
DSC_385701.jpg

DSC_4368.jpg


おやすみもここまで、明日からはきっと補強のニュースがガツンガツンと届く、はず。お休みの時に増やした引き出しをフル活用して、ちょっとでもいいエントリを書けるようガンバルですよ。
DSC_421001.jpg
posted by 西中島南方 at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。