head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

01/31/11

シンジの爪、槙野の舌。「情熱大陸 香川真司」

セレサポなら、シンジ好きなら昨日の「情熱大陸」を観ていたと思う。スゴイものを二つ見た。
DSC_38300101.jpg


プロの足というのは、あれほど酷使されているものなのだな。まだ21歳、キングカズクラスまで行くならあと20年は付き合っていく、その商売道具である足の爪が、シンジの足の爪が真っ黒だった。

ボールを蹴り続け、相手に削られ続け、右足の人差し指、左足の親指、人差し指が真っ黒に変色していた。爪と指の間の血がどす黒く乾いた色になっていた。人差し指に関してはずっとこんな感じだという。そこまでしなければ、ブンデスでは活躍できないのだなと感じるとゾッとした。

途中みやぎバルセロナのチームメイト(今はコーチをやっているようだ)が真顔で「シンジがサッカーでやっていけてよかった。サッカーでダメだったらどうなっていたろうとみんな心配していた」と話していたのが印象的だ。全てを賭けて、何もかもをサッカーのために捧げなければ、プロになれないのだ。成功しないのだ。サッカー以外の部分(車の運転だとか、ドイツ語の会話の部分)があまりに稚拙に映ったのも、全く興味がないからなのかも知れない。あくまでサッカーをするために必要だから車を運転しているだけ、語学の本を開いているだけ。


もう一つ、心に残ったのは槙野だ。ドイツに渡ってからというもの欧州各地で活躍する同世代のプレーヤー達と盛んに顔をあわせ、バカ話をしたり、メシをつついたり、シンジも彼があまりに笑わせてくるので、表情を崩していた。

こういうのも才覚だ。もし槙野がいなかったらシンジも、内田も、テセも、矢野貴章も、安田理大も、もっと窮屈な生活を強いられて、笑うことも励まし合うことも少なかったろう。


長谷部や遠藤が抜けた後のコトを心配する人達がいる。きっと彼らはラモスが抜けた後も、カズが代表を離れてからも、中田が引退した後も、同じ心配をしていたろう。多分大丈夫、放っておいても、コーチから「黙れ」とお金を1000円渡されても、異国に放りこまれても、ずっとコミュニケーションをとり続ける愛すべきバカが、まだ日本にはいるんだ。日本サッカーの未来は、意外に明るいかもな。
DSC_9702.jpg
posted by 西中島南方 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/30/11

「ドーハ」の意味が変わる時。



ああ、もう18年経つんだなとしみじみ。オレはまだ高校生で、Jリーグがまだよちよち歩きのころで、サッカーに関する何もかもが新鮮だった。(それより以前からずっと日本サッカーを支えてきたライターさんとかもいたけれど、今「オレずっとサッカー見てきたから!」とか言ってるほとんどの人はこのころからサッカー見だした人だから、今ビギナーの人も安心してね)

この93年にも、日本中のにわかサッカーファンたちが、毎日ドーハに熱い視線を送り続けていたことがあったんだ。6カ国の代表が総当りで戦って、トップ2チームが94年のアメリカワールドカップに行けるという、とんでもなくデカイイベントだった。詳しい経緯なんかはWikipediaに載っているけれど、日本は、本当にあと一歩のところでワールドカップにとどかなかった。その挫折感というか、精神的なダメージがどれほどだったかはオレの筆致では表現できない。

この瞬間から「ドーハ」という地名は口にするのも嫌になるトラウマとセットになった。「ドーハの時って家で何してた?」と言えば「93年の10月28日、あなたは何歳で、どこで何してたの?」という意味になった。


昨日の一戦で「ドーハ」の意味が変わってくれたらいい、そう願ってる。「ドーハの時何してた?」と聞かれても「昔の?今年の?」って言えるようになれれば。


試合自体も、この18年で成長した「日本のサッカー」を見せられたような、そんな試合だった。一昔前にオーストラリアと当たってもボコボコにヤラれていたと思う。フィジカル勝負、高さ勝負でゴリ押しされた時にどう対処するのか修正する前に1、2点とられていてもおかしくなかった。

日本チームは、これをたった一度の選手交代で跳ね返した。後半11分、藤本淳吾を下げて岩政大樹を入れ、最終ライン中央を吉田、岩政で揃えたのだ。

今野は左サイドにまわり、長友は2列目左サイドに上がって、岡崎を右サイドに戻す。キューウェル、ケーヒルの高さに対抗し、破綻しかけていた左サイドの守備を繕い、左サイドで汲々としていた岡崎を代表での定位置で活性化させる。様々なパッチを一手だけで済ませたところがザッケローニの凄みだ。そのリクエストにキチンと応えられた日本代表の選手達もまた素晴らしい。

決勝ゴールにしても左サイドの長友が1対1で勝ち、それをケアしようと中の選手が動いたところで、李に時間とスペースを作れた。決めた李のボレーももちろんいいシュートだけれど、その1手前、2手前の崩しでオーストラリアを振り回せた。今の代表だからできた大きな仕事だった。




最後のクロスを上げた選手が香川であったなら、個人的にも満点のアジアカップであったけれど、そこまでは言わない。この苦しい中でよく頑張ってくれたことに、感謝。
posted by 西中島南方 at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/28/11

ご迷惑おかけしています。

心身のバランスが少し崩れてしまいました、ご心配おかけしています。おかげさまで職場の同僚、お得意先様、そして仲間、家族に支えられて、順調に回復しています。

今までは自爆していたんですが、今回はよい環境に身を置かせていただいているし、何より健康を取り戻す調整方がつかめているので、それをくり返しくり返し続けています。快方に向かえているのが救いです。

ただPCに残っているRAWを現像すると、どうしても暗く、彩度も低いように流れてしまっていて、まだ上向けていないなと反省しきりです。
DSC_5031.jpg


もう少し時間があれば、いい感じかなと思うのですが、これは幸せなことに待ってくれている人がいるので、最短コースで行きたいです。
DSC_5023.jpg



川はずっと同じところを流れていますが、昨日の川と今日の川では流れている水が違う。自分も体調を崩す前と後では違う自分になれるよう、精進します。
DSC_5034.jpg
posted by 西中島南方 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神疾病、健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/23/11

友達がくれたコトバ。

「人のことなど気にするな、自分と、自分の家族のためを思うなら、自分がこれぞと思った道を進めばいい。そうしてイキイキと過ごしていれば、皆は自ずと安心する」

素晴らしい言葉をもらった。やはり友は有り難し、士もまた有り難し。

明日からまた頑張ろう。
DSC_4948.jpg
posted by 西中島南方 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/22/11

オトン誕生日おめでとう。

なぜだかわからないけど、命日というのが覚えられない。覚えていたくないという気持ちがそうさせるのかもしれない。かわりになるかわからないけど、オトン、64回目の誕生日おめでとう。オカンから電話で聞いたけれど、よっちがビールのアテで食べてたバターピーナツを仏壇に供えてたってさ。天国で一杯やっておくれ、死んじまった時はまだ発泡酒だけだったけれど、今じゃ第3のビールなんてのもあって、ビールは高級品なんだぜ。
IMG_4068.jpg


よっちもみはも大きくなったよ。最近はいろんな素材でお菓子のアクセサリーを作るのにハマってる。これが上手でね、食欲のわくような色使い、素材感を引き出すのがすごくうまい。多分オレの食い意地と家内の色彩感覚がいい感じで伝わったんだと思う。
DSC_4787.jpg


オトンがオレらを養っていた時はバブル全盛であったから、波に乗ったのもあるだろうけれど、いい物食べさせてくれたり、オレはオレで自由に絵を描いたりしてたし、妹は料理の資格とったり、それが今でも生きる糧になってる。

ただ、父親として、オレはまだまだ及ばないなと思ってる。生きて行くので精一杯で、強いオヤジにはなれないよ。オヤジが上司にバカスカ怒られながら、それでも足を棒にして働いて、頑張ってくれたこと、オカンから聞いてる。それがなかなかできないんだよな。根性がないというか、困ったね。


まあ、なんとか生きてるからさ、そっちはそっちで気楽にやっとくれ。お盆になったらまた来てよ、最近のいいビール揃えておくよ。
posted by 西中島南方 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンジ復活の理由。

シンジの基本的な動きのパターンは3つしかない。本当に。J2にセレッソがいたころ、試合に出始めた時から変わっていない。

それは「守備」「ビルドアップ」「フィニッシュ」

前の二つはカタール戦より前の試合でも出来ていた。けれど他の選手と違う、シンジ独特の持ち味である「フィニッシュ」が上手くできていなかったところを「不振」だと言われてしまっていた。カタール戦の2点目、そして伊野波のゴールを呼び込んだライン突破からのドリブルこそが、シンジをシンジたらしめているオリジナリティだ。

カタール戦での2点目は「守備」から「フィニッシュ」までが上手く決まった。

110122shinji01.jpg

後半23分。まず複数人で囲い込んで高い位置から上手くボール奪取に成功。シンジはそのメンバーとしてまだ右サイドにいる。

110122shinji02.jpg

そこから目の前に加速するに十分なコース、スペースがあることを見つけると、最大戦速で侵入する。ナナメの動きで、カタールの中盤の選手はボールホルダーと正対すると後ろを動き出しているシンジに気がつかない。ラインの選手としても応対しづらい距離感になる。

110122shinji03.jpg

ここで本田がうまくそのスペースのウラを通すボールを入れてくれた。多分もう一人のシンジ、岡崎を狙ってパスを出したものだけれど、シンジもおなじポイントを突く動作に入っていたので、結果としてゴール左サイドでキーパーと1対1になるというシンジの一番得意なパターンに持ち込む導火線になってくれた。


守備時、ビルドアップ時などのシンジはトップスピードで中距離をスプリントすることはあまりない。どちらかというと一定のスピードで運動量を稼いで、チームの穴を埋めたり、相手の穴にスルスルと入り込むようにしている。だから不振で「フィニッシュ」つまり一気のスピードで相手の急所を突く動きが減ると、途端に緩慢に動いているように見えてしまう。パスも大きな展開よりも、細かいパス、スイッチする動きが好みのようで、押さえ込まれるときは大抵細かいスペースで難しいことをやろうとして空回りしてしまう。

ただスペースが生まれ、それを感じてくれるパートナーがいれば、香川の持ち味、ゴール前でのトップスピードの動きが生きてくる。代表では岡崎、長谷部あたりと相性があってきた。ここからがシンジの本当のアジアカップになると信じている。
DSC_1308.jpg
posted by 西中島南方 at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンジはワシが育てた、けれどオオカミ。

シンジは、ずっと変わってないね。変わり続けていくところが全然変りなくて、ホッとした。

他サポ代表厨の皆さん、お待たせしました。これが普段のシンジです。どんな相手でも努力して研究して練習して我慢して、最後に乗り越えていく、香川真司です。

セレッソは、セレサポは、彼に何度も何度も救われました。モリシが引退を決めた時は、26のユニの下に8のユニをつけて、それを見せつけるためにゴールを奪い続けてくれました。昇格争いの時は骨折をおしながら限られた時間でプレーをして、それでも得点王になりました。J1復帰のあと、すぐに海外にという気持ちを抑えて、チームの為に頑張ってくれました。

香川真司という男は、若いかもしれませんが、義理堅く、結果を残すために自らを犠牲にする、古い気質をもった、不器用な男です。サッカーはうまいですが、生き方はぎこちない。


そんなシンジをずっと見てこられて、これからも見られるのだと思うと、それは嬉しいことです。


あと二つ勝とう。もう何度かシンジのチャントを歌いたいんだ。
DSC_4307.jpg
posted by 西中島南方 at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/20/11

Obrigado. Adeus.

アドリアーノは、もう遠い遠い、どこよりも遠い、世界の果てに行きます。

声も届かないし、心も届かない、暗く遠い場所に行くのです。



彼を留めておくお金が足りませんでした。

政治力もありませんでした。

責任は、彼にないから、だから責めることはしません。


ただ、まだ彼の耳に、オレの声が聞こえるなら、二つだけ知っているポルトガル語を、精一杯叫ぶよ。


ありがとう。 さようなら。
DSC_2771.jpg


CEREZO OFFICIAL


【11/01/20】アドリアーノ選手との契約について

インテルナシオナルから期限付移籍していましたFWアドリアーノ選手について、契約期間満了となりましたのでお知らせいたします。アドリアーノ選手のプロフィールは下記のとおりです。

【アドリアーノ フェヘイラ マルティンス(Adriano Ferreira Martins)選手 プロフィール】
■登録名:アドリアーノ(Adriano)
■生年月日:1982年1月21日(28歳)
■出身地 :ブラジル
■身長/体重:175cm/76kg
■ポジション :FW
■経歴:インテルナシオナル('07)−マラガ('08)−バスコダガマ('09)−インテルナシオナル('10,1〜)−セレッソ大阪('10,2〜)
■出場記録:J1通算 リーグ戦27試合出場(14得点)/カップ戦1試合出場(0得点)/天皇杯3試合出場(5得点)
posted by 西中島南方 at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/18/11

蒼天已死 桜天當立 歲在辛卯 天下大吉

CEREZO OFFICIAL

【11/01/18】2011Jリーグ 第1節・第2節カード決定のお知らせ

2011セレッソ大阪の第1節、第2節のカードが下記の通り決定しましたので、お知らせいたします。
なお、キックオフ時間、TV放送などにつきましては2月2日にJリーグより発表となります。

【2011Jリーグ ディビジョン1】
■第1節 3月5日(土) ガンバ大阪 vs.セレッソ大阪 @万博記念競技場

■第2節 3月12日(土) セレッソ大阪 vs.柏レイソル @キンチョウスタジアム

「3月12日はキンチョウスタジアムをセレッソカラーに染めよう!!」


おもんないぞ〜!Jリーグ!!第2節の柏@キンチョウはすごく楽しみやけれど、問題は開幕カード!なんでいきなり万博ですねん。

ダービーってのはもうちょっとお互い力量わかったところで、待ってました!って感じで出てくるカードで、何週間も前からキリキリくる感じを楽しみたいのよ!んで、開幕は開幕で、今年一年どうなるんかな、というドキドキがほしいのよ!!どっちもいっぺんに来てほしくない!!なんていうか、とん汁とぶた肉炒めが一緒に来たみたいな。ぶたがかぶっちゃったぞみたいな。それでいて漬け物が無いみたいな!!(わからん人は孤独のグルメの一話を読んでねウオオォン!!)



でも、決まったものは仕方ないか。どこでいつやるにしてもダービーであることにかわりは無し、楽しむだけ楽しませてもらうよ。今年こそ万博で勝ちたいね。
IMG_0140.jpg


蒼天已死 桜天當立 歲在辛卯 天下大吉
posted by 西中島南方 at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/17/11

ニコンには標準DXレンズが無い。

最近は補強の話も少なく、他のチームが続々と新体制を発表しているのを横目で羨ましく見ていたりするわけですよ。ハネケンさんも神戸で初お目見えしていたな、ウチとの試合以外では頑張って、ウチと当たるときにはそこそこでお願い出来ればな…。

こんな時間も今月までで、来月には日程やら体制やらが固まってくるんでしょうよ。それに向けてカメラのお手入れなどに力を入れてるところ。腕も上げなきゃな。


何度も書くけれど、今のメインはD7000。軽いし、頑丈だし、暗い場所にも強い。ニコンっていいなと思えるマシン。これに標準レンズとしてシグマの17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 、望遠としてニコンのAF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED の2本を用意、大抵のものならこれで全て撮れる。Ai AF Nikkor 35mm f/2D もたまに使うけれど、解像度が足りなくてシャープな像が出てこないのが泣ける。

ニコンって昔の社名は日本光學工業って言って、光学機器メーカー、だからレンズの精度はいい。プロがよく使う何十万もするようなレンズなんか、それは素晴らしいもの。値打ちがあるのは重々わかってる。

しかしその反面、そのデータをアマチュアが使うようなレンズに落としこむのが苦手。APS-C専用のレンズはたくさん(10-24、17-55、16-85、18-55、18-105、18-135、18-200、55-300。まだあったか?)出ているのに明るさと解像度が両立しているレンズが無い。標準レンズとしてはAF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR がベストの選択だと思うけど、暗いので大事なところでシャッタースピードを稼げないし、いいボケ味が出せない。

なのでニコンのAPS-Cユーザーで、お金がなくて気合はあるという連中はシグマやタムロンの17-50f2.8が頼りになってしまう。解像度重視ならシグマ、歩留まりを狙うなら手ぶれ補正のいいタムロンか。


これはニコン好きとしては悲しい。やっぱりニコンのボディにはニコンのレンズをつけたい、それで外に出てみたい。そりゃD7000+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR でもいいけど、見た目がよくても撮った絵がアレなのは本末転倒だしさ。

できればAF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED の次が出てほしい。多分10数万するだろうからDX 16-85mm f/4 VR とかでもいいんだけど。無理なんかなぁ…。
DSC_4725.jpg
posted by 西中島南方 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。