head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

12/11/10

今はただ養生を。

みなが大事な戦力だと言ってるそばからこんなことがあるなんて。

CEREZO OFFICIAL

【10/12/11】高橋大輔選手の手術について

MF高橋大輔選手が、下記のとおり手術を受けましたので、お知らせいたします。
■手術日 2010年12月7日(火) 大阪市内の病院において
■傷病名 右膝軟骨損傷  
※全治まで2カ月を要する見込みです。


CEREZO OFFICIAL

【10/12/11】小松 塁選手の手術について

弊クラブ所属のFW小松 塁選手が、下記のとおり手術を受けましたので、お知らせいたします。
■ 手術日 2010年12月10日(金) 大阪市内の病院において
■ 傷病名 左足第5中足骨骨折
※全治まで2カ月を要する見込みです。


二人とも全治二ヶ月、かなりの重症。膝、足の怪我だから大切にしないと…。


酒本が例年通り、秋になり、寒さを増す頃に好調になったので、結果的には致命傷にならなかったけれど、高橋の離脱を聞いたときは頭が真っ白になった。その時セレッソに欠けていた要素をたくさん持っていたから。

労を厭わず右サイドを必死に駆け上がり、ボールを奪われればその倍のスピードで帰陣する。夏の酷暑の中で、見ているこっちがフラフラになっているというのに、高橋は走り続けてくれた。セットプレーでもタイミングよくスペースに入り込んで競り合いに勝ち、絶妙なヘディングを決める。身を削るような献身的な働きは誰も異論がないはずだ。サイドバックは役割の重さの割に評価されないポジションだけれど、高橋はもっと褒められたってバチは当たらない、それくらいの仕事をしていた。


小松は、それはそれは長い時間待たされたけれど、それは彼がいい選手だということを知っているから。1トップに入ったり3シャドーの位置に入ったり定まらないままだったが、終盤の大事な試合で結果を残してくれた。ホーム清水戦のラインを抜け出し、キーパーを冷静に見て流し込んだゴール。アウェー川崎戦では後半から投入されると、足技で、ヘディングで、相手を翻弄し、流れを変えた。今のシステムでは立ち位置が限定されてしまうけれど、それでも小松塁というストライカーは一廉の男だ。


この二人が揃って怪我、心が暗くなる。このチームは全員が必要な、大事な存在だと重ねて書く。何とか来期開幕に元気な姿を見せてほしい。
DSC_111901.jpg


posted by 西中島南方 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんな必要なんだよ。

日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方」という、タイトルもとても非常識な長さの本が評判らしい。実はオレも読んでる。難しい話が優しく書かれているから、一度手に取ると好奇心を煽られてサックリと読めるのがいい。

この本の著者である山本敏行という人は、平たく言うとIT企業の先頭を突っ走っているリーダーのような人だ。行動の一つ一つが計算されていて、それらは一見妙なのだけれど、よくよく考えると納得させられることばかりというのが、この本を読むとよくわかる。

面白いのは「実力主義」「冷たい」と思われがちなこういう業界の、その只中の人であるのに、文章の端々から人を大事にしようという強い意志が感じられるところ。カタガキがカタカナな人達は恐らく安価なテレビ会議システムや、ペーパーレスなオフィス、様々なツールの活用法に目を奪われるだろう。けれど、それらのキーに触れ、動かし、繋がり、利益や喜びを生み出しているのは、紛れもない人間なのだ。


例えば、この会社には「クビ」という制度がないらしい。自分がそこで活躍したいという意思がある限り、もしくは居心地の悪さに身を引かない限り、誰かに職を奪われることはない。

別に晒し者にするためにそうしているわけではない。その人の良いところ、その人が最も輝ける場所をとことん探し、見つけるのだそうだ。

「何を悠長なことを」

と思われるかも知れないが、今彼が率いている会社、業界のトップを走るといわれているその会社が順調に収益を伸ばしている、その幾らかは、そうして居場所を見つけ、力を発揮している人達によるものなのだ。


と、ここまで書けば、オレが何を語りたいかピンとくるだろう。どんな人間にも、居場所はあるのだ。歳をとったと言われたベテランストライカー、パスサッカーに合わないとポジションを奪われた経験豊かなセンターバック、天才とうたわれながら試合に出る機会を失ったゲームメーカー。セレッソはこの会社にとてもよく似ている。
DSC_256801.jpg


ただセレッソにしてもこの会社にしても、オリジナリティあふれる存在であるが、決して巨大ではない。それが悲しくもある。こうした集団がスポーツシーンでもビジネスシーンでも、数多く見受けられるようになれば、日本人であることに、もう少し喜びを感じられるのだけれど。
DSC_307501.jpg
posted by 西中島南方 at 01:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。