head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

10/14/10

チチチ!レレレ!を聞きながら。

ずっとテレビを観ている。こんなのはセレッソの試合の日くらいだ。2ヶ月以上地下に閉じ込められていた32人のチリ人と1人のボリビア人が、一人ひとり救出されている。他人事のはずなのに、なんでこんなに嬉しいんだろう。下戸だけど週末はチリワインの一つくらい買おうかと思っているほど。


印象的だったのは、地下深くから生還した人々が、皆口々に自国に対する愛情を爆発させていたところ。サッカー好きならおなじみの「チチチ!レレレ!」を叫ぶ姿は、日本という少し変わった国に住んでいる自分にとっては新鮮だった。

日本で同じような事故が起きて、同じように生還したとして、日本人であるその人達は「日本万歳!」とか「ニッポン!」とか、多分、言わない。自分が同じ境遇でも、言わないだろう。そもそもそんな発想が起きない。そういう生き方の人がほとんどのはずだ。

そう言えばアメリカ人は事あるごとに「USA!USA!」とうるさい。中国とフランスは「おらが国が一番」と言って譲らない。お隣さんも「ウリナラマンセ」という言葉が国歌に織り込まれている。それが普通なんだろうか?日本に住み、日本で教育をうけていると、どうもそういうのに違和感を感じたりする。


サッカーなら、素直に「おらがチームがいとおしい」と言える。セレッソが大好きだし、どんなヨーロッパのビッククラブのチケットよりセレッソのチケットの方が欲しいと言い切れるし、セレッソやサッカーを悪く言われると腹が立つ。

ひょっとして、どっちかというとこういう素直な表現のほうが当たり前なのかも知れない。日本に対する感情は22年間受けてきた「教育」という、強烈なバイアスがかかっているが、サッカーや自分のクラブに対する愛着は誰にも教育されていない、自分で選んだ行動の結果だから。


それを思うと自分や他の多くの日本人が、何かの時に「日本!」と言えないのは、少し寂しい。自分の住んでいる国が愛せないって、ちょっと切ない。
DSC_339001.jpg


posted by 西中島南方 at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/11/10

天国じゃない。

昨日はナショナルトレセンに長居していた。天然芝ピッチ5面、人工芝ピッチ9面、屋内フットサルコート3面、屋外フットサルコート5面、陸上トラック、ロッカー4箇所、これ以上贅沢な施設はそうないと思う。環境だけで言えば、天国と言うにふさわしい場所。真新しいクラブハウスにはシンジのサインが入ったドルトムントのユニフォームが飾られていた。
DSC_21860101.jpg


ただ、ここで一所懸命に努力したとしても、全員がシンジのようになれるわけではない。優劣は必ずつく。セレッソがトレーニングマッチをやっている間、他のピッチでは大阪府の社会人リーグの試合であったり、学生サッカーのそれであったり、そうしたものがこじんまりと開催されていたりした。かつてJリーグで活躍していた選手も、僅か数人の観客(見学者というべきか)の前でプレーしていた。彼等の境遇はトレセンができた今でも決して恵まれているわけではない。
DSC_21930101.jpg


そうだ、この場所は天国かもしれないが、この場所にいるからと言って全員が神様天使様になれるわけではないのだ。そうしたなり損ないの人間が、あちらこちらでゴロゴロとしていた。まだ天使になるか、人間のままでいるのか決まってはいない子供たちも、たくさんいた。サッカーの聖地、その実はいろいろな人間の生きざまの交差点なのかも知れない。何も無いように見えて、随分と残酷な時間を過ごした。
DSC_218001.jpg
posted by 西中島南方 at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/10/10

堺のトレセンに行ってきました。

昨日の天皇杯観てなくて、ただ勝つには勝ったが不甲斐なかったという話だけが流れてて、それでも一週間セレッソの試合無いと寂しい。ということでMIOびわこ草津とのトレーニングマッチを観に堺のナショナルトレセンまで行ってきました。デカイね。
DSC_220501.jpg


DSC_195501.jpg

なんて言うか、和やかムードというか、これではいけないのだけれど…。

DSC_203901.jpg


DSC_202001.jpg

小松、播戸の2トップは少しお疲れ?特に播戸は消え気味。燃えてない時は動きも目立たない。

DSC_213501.jpg

かと言ってMIO草津も本調子ではなかったようで、最後までボールが落ち着かない試合。

DSC_206201.jpg

ボランチは扇原と山口蛍。ここで落ち着いてボールが動かせればよかったんだけど。


トップも少しコンデイションを崩し気味なんで、今調子を上げておけば入れ替えもあるチャンスのはずナンだけれど、全体的に低調。おっ!と思ったのは藤本くらいでした。練習試合なんてそう観ないので、こんなものかもしれないけれど、アピール不足。大丈夫かな。
posted by 西中島南方 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/08/10

Japón 1 - 0 Argentina ! 10/08/2010

歴史を見たんだ。

いや、作ったのか。

日本が?日本が!!


今日この日は、ずっとずっと残る、サッカーの歴史に。

日本人にとって誇るべき日、アルゼンチン人にとっては、屈辱の日か。


そうして、この試合、歴史を作った一人として、香川の名前が残る。

サポーター達と苦楽を共にしてくれた、青年の名前が。


神様、なんて特別な日を用意してくれたんだ、しびれるじゃないか。

DSC_229501.jpg
posted by 西中島南方 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/07/10

自由席増やそうぜ。

大不評でしたカメラ入門、いかがだったでしょうか(汗 今日からは平常運転です。

DSC_085401.jpg


まず新潟戦のお話、試合では無くて席種について。

新潟戦から「見切り席」として開放されていなかった北側メインスタンドの2ブロック(A、Bブロック)がメイン自由席として発売されるようになった。実際殆どの席はピッチ全体を見渡せていたのだから有効利用できてよかった。

反対側のバックスタンドから注目して見ていたのだけど、突発的にできた席の割にはなかなかの入りだったのでは…。何より「自由席」というのがポイントだと思う。


指定席は、当たり前だけれど試合開始ギリギリに来ても空いている。空いて無かったらスタッフを呼ぼう。一方自由席は早い者順。開門は試合開始2時間前(先行入場なら2時間15分前)だから、本当にいいところを確保したかったらその時間にスタジアムに行く必要がある。「指定席だからギリギリでいいや」だったのが「自由席だから少し早めに家を出るか」ということになる。

そうしていつもより1時間でも早く来ると、その1時間をうまくつぶさないといけない。夏場ならビールがほしいくなるだろうし、冬場ならモツ煮にお酒かな?お腹も空くし、グッズ売り場の前を通れば新しいアイテムが置いてあったりする。とにかくいろんな誘惑が待っているものなのだ。球団からすれば売り上げを上げるチャンスが増える。ペアならチャンスは2倍になるし、4人家族なら4倍になる。仮にスタジアムの周りで弁当などを買ってこられたとしても、それはそれで地域に貢献していることになるのだし、悪い話ではない。少なくとも「セレッソが試合をするのに経済効果が全くない」なんて陰口をたたかれるよりはずっとましだ。


以前意見交換会で廣畑さんが説明してくれた話によると、セレッソサポーターが一番買っているチケットはカテ5、カテ4なのだそうだ。ところがキンチョウスタジアムではその席がほぼ完売状態。席数も少なく、指定席なので観客の入りも遅くなる。席種別観客数のグラフを見せてもらったけれど、長居スタジアムではカテ5、カテ4を中心に整った山形のグラフになっているものが、キンチョウスタジアムのそれではカテ5、カテ4のあたりが頭打ちになって、台形のようになっている。この「削れた部分」はそのまま入場料収入に跳ね返る。説明では客単価が500円程度上がったという話だが、意地悪ないい方をすれば低価格の席が減った分中央値が動いただけともとれる。


だからこそ、一番売れる価格帯にあるメイン自由席はうまく使いたいところだ。カテ1、カテ2上段がガラガラなのを見るのは寂しいものだし、カテ3もあまり埋まっているとは言えない。ならメイン自由のゾーンを拡張してでもスタジアムに観客を呼び込み、グッズやスタジアムグルメでお金を落としてもらった方がずっと収入は増えるはずだ。空席はどう工夫してもお金を生まない。とにかく一人でも多くの人に観て、感じて、楽しんでもらう機会を作るべき。それはスタジアム改築を立ち上げた際のコンセプトの一つだった「常に席が埋まっている、臨場感のある状態で選手をプレーさせたい」という願いにもかなっていると思うのだが…。
DSC_085601.jpg
posted by 西中島南方 at 20:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その三 カメラの目を知ろう!!

さて、大不評シリーズ、今回でラストです(笑 今日はホント簡単。露光の話です。

露光ってなんじゃい?という話の前に、少しだけカメラの話を。実はカメラのセンサーって、肉眼よりもずっと性能が悪いんです。

カメラの性能を測るモノサシの一つに「ダイナミックレンジ」というものがあります。平たく言うと、どれくらいの明るさまで描写できるか、どれくらいの暗さまで描写できるかということ。

まだピンと来ないですよね。下の図を見てください。

thumb2.jpeg


こんな感じの紙を撮ってみて、階調をどれだけ表現出来ているかテストするんです。左上が真っ白になったら、そこから先は「白とび」右下が真っ黒になったら「黒つぶれ」肉眼ではわかるのにカメラでは表現できない領域が存在するわけです。そこでこの限られた範囲を明るい方に持っていくか、暗い方に持っていくかして、撮りたいものをコントロールする、それが露光というわけです。


作例を用意しました。
DSC_040301.jpg


これが手前の人を中心に露光をいじった場合。暗い人物の部分を表現する為に露光を明るく(プラスに補正)しています。ただこれだと後ろの景色が「白とび」していますよね。

DSC_040302.jpg


景色を生かそうとマイナスに補正するとこんな感じ、見事に人物が「黒つぶれ」してしまいました。その一でマイナス補正は程々に、と言ったのはこの「黒つぶれ」をする危険があったためです。

これをバランスよく補正すればこんな感じになります。
DSC_040303.jpg


ただこれはあくまで「例」です。あえて白とび、黒つぶれを作って味のある写真を撮るのもテクニックなので、場面場面で使い分けてみてください。

スタジアムのピッチはほぼ均等に光がまわっているので、それほどコントラストを気にする必要はないと思いますが、スタジアムのコンコースや周りの様子も写真におさめたいという時は注意してみてくださいね。

------------------------------------------------------------------------------------

さてさて、ここまでいろいろと引っ張ってきたこの講座ですが、あくまでこれはjpegで保存する場合のお話です。もしお金と時間に余裕があって、もっとこだわった写真が撮りたい!という時は、RAWで撮影してみましょう。実はRAWで撮ったほうがある程度の失敗は補正できてしまうのです。

RAW現像の魅力や方法に関してはこちらのサイトが詳しいので割愛しますが、これまた平たく言うと、記録したデータをまるごと全部生かす現像方法です。しかし自由度が高い反面、現像がややこしかったり、時間がかかったり、お金がかかったり、知識が必要だったり、まあとにかくいろんなものが必要になるんです。jpegとRAWではパックのお刺身と釣ったその場の魚くらい違います。まずはいろんな設定を試して写真撮影に慣れるところから初めてください。写真が好きになったら、必ず不満な部分が出てくるはずです。その時から勉強しても決して遅くはありません。

------------------------------------------------------------------------------------

このカメラ講座はあくまで最初のステップ、付け焼刃、一晩づけの知識です。ホントはもっと奥深くて、ずっと楽しい。カメラを持って出かける楽しさ、現像する面白さが一人でも多くの人に伝われば幸いです。
posted by 西中島南方 at 10:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 西中島流カメラ術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/06/10

その二 光の性格をつかもう!

はい!全然好評じゃない(笑 写真入門です。これだけ読んどけばとりあえず変な写真にはならないけれど、本気で写真を勉強したい人にはちっともためになりません。だってそんな風に書いてますから。


第二回の今日は「ホワイトバランス」よくWBとか書いているアレです。

平たく言うと「光の性格に合わせて色見を調節する」ことを「ホワイトバランスをとる」と言います。カメラには「晴天」とか「日陰」とか「夜景」なんてモードが付いてるのがありますが、あれをいじることをそう言うんです。

光の性格って何じゃい?というアナタ!お教えしましょう。光にもいろんな色があるんです。

昼間なら自然光なので特に意識しないですが。
DSC_92740101.jpg


夜にムーディーなお店とかに行くとこんな感じの照明になっていたりしませんか?
DSC_043001.jpg


こういうところで人を撮ったりしても不自然に黄色い写真ができちゃいますよね。そういう時はホワイトバランスの設定を「電球」や「蛍光灯」に変更して、自然な色味に変えていくんです。光の色見は色温度というモノサシで図ります。単位はK(ケルビン)。高いほど青っぽく、低いほど赤っぽくなります。ろうそくの光が2000K、昼間の光が5200K、晴天の空が10000Kらしいです。


スタジアムでも場所によって照明の性格が違います。

例えば長居スタジアムは少し色温度が高い(青っぽい)照明。
DSC_333901.jpg


キンチョウスタジアムは温度が少し低い照明です。
DSC_882501.jpg


もしナイトゲームを撮るならば、何でもいいのでスタジアムのピッチにあるものを撮ってください。スタンドではなくピッチです。スタジアムで選手が見えないとお話にならないですから、ピッチが一番明るい場合が多いんです。撮るのは選手ですから、設定をいじるのもピッチを基準にしましょう。アップしてる選手でもいいし、看板でもいいです。ゴールポストみたいに白いものなら見極めやすいですよ。撮った写真をプレビューしてみて、イメージとのギャップを感じたなら設定変更!

最初はあらかじめ決められた設定を選んでください。それでOKならいいのですが、問題はどの設定でも色味が合わない時。

そんな時は最終手段。色温度を直にいじるんです!

カメラの色温度設定を下げると、色味が青くなり、高くすると赤味が強く出ます。これを100Kくらいずついじってベストな色温度を見つけてください。ちなみに長居だと4700K位がベストな感じです。4000K〜5000Kくらいに落ち着くんじゃないかと思いますが、やはり現場にいかないとわからない部分なので、キックオフまでに見定めてください。


これでブレてない、素直な色味の写真が撮れるはずです。シメは光の向きを意識して露光をいじってみましょう。今までの二つに比べればずっと気づきやすいですし、設定する項目も一つだけですよ!
posted by 西中島南方 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西中島流カメラ術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/05/10

その一 シャッタースピードを把握せよ!!

えーっと、とある方と話が盛り上がって、我流の写真講座をすることになりました。だってさー、ドイツ行くらしいんだもんよ、シンジ撮るっつーんだもん。失敗してもらわれたら困るんです!ハイ!!

なのでこのカメラ講座は偏ってます。失敗しないために芸術性とかは殺します。スタジアムでいい写真を撮ってもらうためのテクニックだけ、自分が勝手に身につけた技だけをお教えします。それでよければお付き合いしてね。


まず第一に、いい写真を撮るためには光と仲良くすることです。

光の量、質、方向を理解して、それに合わせた設定をすれば、失敗しないです。

今日はシャッタースピード。関係するのは光の量です。


写真に像を残すには、決まった量の光が必要です。よくコップと水の関係に例えられます。

天気のいい昼間では光がタップリとあるのであっという間にコップに光がたまります。なので一瞬を簡単に捉えることが出来ます。そんな時は特に設定を気にせず撮影してください。
DSC_030401.jpg
動きのあるシーンでも手足がピッタリ止まっていますね


問題は街灯や照明しかない夜、なかなか光がたまりません。

なので昼の設定のまま夜写真を撮ると、シャッタースピードが落ちて被写体がブレブレになります。
DSC_814601.jpg
これはまだマシな方


なので、カメラの設定を変えてコップを「上げ底」してあげます。関係しているのはISOと、絞りと、露光です。この3つの設定を変えて、シャッタースピードを早くします。

一般に、1/焦点距離 秒だと被写体がブレない、と言われています。50mmなら1/50秒、300mmなら1/300秒あればいいわけです。

ところがややこしいことに、レンズに書かれている焦点距離はAPS-C規格のデジカメでは1.6倍になります(このあたり説明がややこしいので省略。キヤノンは1.6倍、ニコンは1.5倍、フォーサーズは2倍、APS-Hは1.3倍、フルサイズは1.0倍です)なので例えばキヤノンのKissに300mmのレンズをつけた時は300×1.6ですから1/480秒以上のシャッタースピードが必要になります。


まずいじるのはISO感度。これを先程計算したシャッタースピードになるまで上げましょう。今のデジカメなら1600くらいまで上げても大丈夫だと思います。

絞りもナイトゲームの時は開放でいいと思います。細かい説明はパス(汗 レンズに書かれている一番小さい値まで「F値」を動かしましょう、苦肉の策です。

それでも厳しい時は露光の値をマイナスに動かします。あまり動かして-1.0以上にすると暗い写真になって後で泣きそうになるので-0.6くらいまで。


もしこれで十分なシャッタースピードを稼げない時は、泣いてください。それがカメラとレンズの限界値です。あとスタジアムが暗すぎです。ドイツのスタジアムはそんなに暗くないはず、多分。
DSC_116901.jpg
D200 450mm ISO1600 F5.6 露光補正+-0 1/500secをノートリミング



これでとりあえず「ブレ」対策は完了です。次はまともな色味になるようにしてみましょう。ホワイトバランスというやつです。また明日。
posted by 西中島南方 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西中島流カメラ術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/04/10

新潟戦写真日記。

最近はなんか公式サイトの補足になってますが、それはそれでありかなと。ガンバリマスデス。

DSC_074501.jpg


キンチョウサポーティングマッチということで先着1万名に「キンクリア」をプレゼント。普通に買うと350円から400円くらいする商品を一万個!ってことは400万円分!まあ結果として全員プレゼントだったわけですが(汗 さすが大日本除虫菊株式会社、太っ腹だなと思うですよ。ありがたい!それを学芸高校のカワイイ学生さんから受け取る、またまたありがたい!!(コラ

DSC_078701.jpg

この試合から喫煙ブースが移動、北ゲートと正面ゲートの間に設けられています。バックスタンドの人はちょっと遠くなりましたが、分煙にご協力下さいね。このブースにはJTさんもご協力頂いてるとかいないとか。綺麗な喫煙ブースが出来ていました。

DSC_073401.jpg

お昼ごはんは「裏メニュー」です。オムライスのブースで限定発売している温玉タコライス。ご飯の上にレタス、タップリチーズ、ピリ辛のひき肉、そして温泉タマゴです。黄身がトロリとしてピリ辛のひき肉がマイルドになります。本当に数に限りがあるメニューらしいので、お早めに!!

DSC_076701.jpg

このドリンクで救われた方、多いと思います。日本コカコーラさんからグラソービタミンウォーターの無料配布。これも太っ腹でした。熱い時はこれくらいさっぱりしたスポーツドリンクの方が飲みやすいです。

DSC_075401.jpg

サンユー都市開発さんのブースではマスコットのガオウ丸くんのサンディちゃんのグッズが販売されてました。フツーにカワイイ。こういうのってスゴイグッズが多いんだけど、いい意味で期待を裏切ってるな。

DSC_075901.jpg

最後は告知です!M2PLANTでおなじみ勝田被服株式会社さんでは「2010セレッソ大阪オフィシャルスーツベストドレッサー」投票会を行っています。誰がスーツをクールに着こなしているでしょうか?皆さんの投票お待ちしていますとSさんも言ってました。投票は10月23日の仙台戦、11月6日の清水戦でも行われます。その際は投票用のボード写真がスーツ姿になるそうです。スーツ男子にクラっとする方もそうでない方も是非!!


くはー、駆け足で書いてきたけどボリュームあるな。試合も楽しいけど試合前の時間も好き。キンチョウスタジアムになってお祭り感がアップして、楽しい。フードブースだけでもいいお店揃ってるし、これからお出かけにはいい季節。みんな友達や家族、恋人を連れてスタジアムに来て下さい。
posted by 西中島南方 at 11:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/03/10

熱い気持ち、この歌に込め。

昨日のゴール裏は特別だった。こけら落としの時もそう感じたけれど、それ以上に特別だった。
DSC_087701.jpg


ゴール裏にいた知り合いに聞くと、試合前、何度もコールリーダーから「今日はやろう!」と話があったらしい。上からではなくて「いっしょにやろう!」という切り口なのが、らしいなと思う。とにかく、ゴール裏は相当な危機意識を持って試合に臨んでいた。バックスタンド、メインスタンドにもハッキリと聞こえる声で共に応援することを呼びかけていた。観客はキンチョウスタジアムになってから最低の8,041人だったけれど、サポーターは、しっかり、キチンといた。それもかなりの数。ひょっとしたらサポーターに「なった」人もいたかも知れない。
DSC_08820101.jpg


それを一番感じたのは、後半、1-1のタイスコアになった時だ。何度も弾き返そうと奮闘していたにもかかわらずの失点、それもほんの目と鼻の先での出来事。一ヶ月勝ちがなく、この試合もなかなかゴールが決まらなかった、その上でのこれだから、普通なら気持ちが萎えたり折れたりしても当たり前。

なのにゴール裏は、声を出した。しっかりと、はっきりと。サポーターになって10年以上経つけれど、気持ちの奮い立つようなシーンだった。あの声が無かったら、丸橋のゴールはあっただろうか?松井の身を投げ出すような、懸命のセーブがあっただろうか?体を動かすのは心、心を動かすのも心。一ヶ月も続いた悪い流れを絶ち切って、再びこちらに引き戻すには、あれだけの力が必要だった。もしピッチからスタンドまで40メートル以上ある長居スタジアムだったら、あの流れが作れたかどうか。


試合後、ゴールを決めた播戸が、約束通り「1、2、3、バーン!!」コールをする為にゴール裏にやって来た。今度はサポーターの心が踊る。選手とサポーターの心が一つになれば、こんな素晴らしい時間が味わえる。サッカーが、セレッソが好きでよかったと感じる瞬間。
DSC_130801.jpg


できれば、こんな瞬間をもっとたくさんの人と共有したい。この感動を1万人、2万人と共有できたら、どれほど素晴らしいだろう。阪和線普通一編成分だけでも増えてくれれば…。

もう一つ「地蔵」と呼ばれる人にも。せっかくスタジアムに来て、この試合に加われないというのは、どうだろう。次の試合、もし出来るのであれば、是非参加してほしい。声を出せば、跳ねれば、違う世界が待っているよ。
posted by 西中島南方 at 16:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。