head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

08/16/10

フジヤマプリンにはやっつけられたけど京都には勝ったさ!!

フジヤマプリンはヤバい。おいしすぎる。そんなに奇をてらったカレーじゃなくて、手作り家庭の味の延長線上にある、もっといい感じにほっこりしたカレーでした。
DSC_798601.jpg


店内がもう癒され空間なんだよなー。
DSC_799001.jpg


それがオレが来店する前にすでにバスツアー組のセレサポが何人か来ていたみたいで、オレが来てからも6人来店という…。しかも全員知り合いだし。ちょっとしたホームジャック状態でした。

さて、カレーですよ。ナスと南瓜のライスカレー。これがいいんだ。野菜の味がしっかりしてて!ルーとか好みだし!!
DSC_799401.jpg
ハンパないウマさです


そしてプリン!沖縄産黒糖を使ったプリンはあっさり系の味付けなんだけど、黒糖のコクが生きてるんで食べ応えありデス。
DSC_799801.jpg
アイスカフェオレもんまかった!


お会計の時、あんまりピンクを身につけたセレサポがたくさん来るので店員さんから「今日何かイベントですか?」と聞かれました。

「今日西京極で試合なんすよ。サンガとセレッソ。サンガのサポさんとか来ないんですか?」

「来ないですね〜。レッズのサポーターの人にはたくさん来ていただきました」

「こんなにおいしいのにもったいないですね」

「あー、ありがとうございます!また来てくださいね!!」

この「また来てくださいね!!」と言った時の店員さんのキラキラした表情を、オレ直視出来なかったんだ…。

サンガ頑張れ!おいしいカレーとプリンのために!!


おまけ
DSC_8006.jpg

マイメンになったサポさん特性「モニT」モニうちわもあるよ。こういうグッズ売れると思うな。公式に売り出したらいいのに。


posted by 西中島南方 at 19:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | やっつけたシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1 第18節 京都0VS1C大阪 報い。

後半36分 家長 昭博(C大阪)


大海を削り、茂庭を削り、清武を削り、アマラウを削り…。激しい守備とラフプレーは違う。今日の結果は「報い」だと知るべきだ。今の京都はセレッソ以上に酷過ぎる。
DSC_814401.jpg
お前削っただろう?


スタメンとベンチ。怪我からアドリアーノが帰ってきた。GK以外はレヴィーの考える現時点でのベストプレーヤーだろう。

field-2010-08-15-00.gif

DSC_802401.jpg


ところが前半これが全く機能しない。京都は自陣に7、8人が引いていて、浅瀬の杭のように等間隔に並んでいる。そこにセレッソの攻めが引っかかれば奪ったボールをディエゴに預けて、左右の丸橋か高橋の上がったスペースにボールを供給。そしてクロスか切れこんでシュートでフィニッシュ。分かりきっているのに無駄なボールロストとディエゴの個人技に苦しむ。

それに加えてラフプレー。激しいプレーではなくて、単に技術が足りない危険なプレー。セレッソの選手が次々と倒されていく。10分過ぎには上本がやられた。そもそも上本は体を張ってディフェンスをするプレーヤーだが、それにしても酷い。ピッチに突っ伏したままピクリとも動かないので血の気が引いてしまった。何時ぞや古橋が顎をやられて意志を失った、あの時に似ていた。
DSC_805701.jpg

一度は立ち上がり、プレーを続けた上本だが、結局足の痛みが引かずに藤本と交代してしまった。

field-2010-08-15-15.gif
前半15分


DSC_808801.jpg
ディエゴを徹底マーク


動揺は、少なからずあったと思う。それに加えてカウンター狙い、ディエゴからサイドというプランを愚直に続けた京都の姿勢にも苦しんだ。何とかコーナーまでは行くのだけれども、シュートには至らない。京都がサイドに流れた先のアイディアと個人技を持っていたら危なかった。それがないから今の順位なのかも知れないが…。

というわけで、前半は両軍シュートシーンが少なく、実のない45分間だった。他に心動かされたシーンとすれば清武が痛んだところぐらい。本当に腹立たしい試合。藤本が頑張ってくれたおかげでスコアが動かなかったのは幸運だったが…。


後半は、前半に比べればいくらかマシという感じ。開始直後に家長がいいシュート。そこからのっていければいいのだけど、4-2-3-1の3の部分がおかしい。この3人が自由闊達に動き、相手の守備意識を摩滅させるのがセレッソの攻撃の基礎、それがうまくいかない。乾、家長、清武の動きが質量ともに足りないのだ。もしマルチネスが左右にボールを振っていなければ、試合は局地戦になり、流れはより京都寄りになっていただろう。

レヴィーもそれを感じていたのだろう。攻撃のテコ入れは攻め駒の交代だった。後半24分清武アウト、播戸イン。4-2-2-2にシフト。

field-2010-08-15-69.gif
後半24分


播戸はらしく、泥臭いプレーを続けてくれた。前線でのポイントが増えたことでいくらかチーム全体に血がめぐるようになった。

さらに体力の消耗が激しいアドリアーノを下げて小松。

field-2010-08-15-76.gif
後半31分


DSC_819601.jpg

小松の異端なリズム、高さが加わったことでもう少しだけ京都の守備ブロックをゴール前に押し下げることに成功する。ただし、シュートは少なく、ラストパスもフリーランも僅かで、前節同様に寂しい試合内容。コーナーを蹴ってもゴールの匂いがしない。ボランチの二人のミドルで何か起きてくれればという程度。京都も京都でディエゴが消えれば攻めの形が作れない。

この試合唯一のゴールは、狭いスペースに乾、家長と二人のタレントがいた事でできた、全くの即興演奏。50メートルをドリブル出来なくても、5メートルを効果的に動くことくらいはできる。家長の完璧なボールコントロールからフィニッシュ。山形戦の清武のゴールに似ている。

先制点を奪われた京都に打つ手は少ない。ディエゴを下げて金成勇、前線に高さを加えてもそこまでボールが伝わらない。セレッソもいいコンデイションではなかったが、京都にこの状況を打破できるだけの力はなかった。最後は松井にまで激しいボディーコンタクトを仕掛けたが同点にするまでは至らず。このまま試合終了となった。


勝って兜の…、というわけではないが、今のセレッソの状態は決していいとは言えない。バットコンディションの京都に対してさえ0-1なのだから。FC東京戦は水曜日、土曜日にはアウェー鹿島戦、体力を回復する時間も少ない。この一週間をどう乗り切るかでリーグ戦の目標も変わってくる可能性さえある。大事な7日間をどうしのげばいいだろう?
DSC_825301.jpg
家長の復調がなければ厳しい


DSC_822801.jpg
上本の笑顔と藤本の頑張りは救い
posted by 西中島南方 at 00:52 | Comment(3) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。