head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

08/31/10

お祭り。

暑いのだ、とっても。もう数時間で季節も秋に変わるというのに、毎日のように気温が35℃を超えて「猛暑日」なんて言われている。子供のころはそんな日なんて数えるほども無かったと思うのだけれど、温暖化というやつなんだろうか。

外に出るにしても水分塩分の類は欠かせない。少し出歩くならスポーツドリンクのペットボトルぐらいは持っておかないと危ない。

夏の間はナイトゲームが続いて、観るだけの人にとってはある程度過ごしやすかったかもしれないが、事前搬入で横断幕を掲出するようなコアサポには厳しい状態だった。何せ18時キックオフなら事前搬入開始時刻は14:30ごろ、一日で一番暑い時間帯に始まるのだから。自由席、ゴール裏などそれ以前に列に並んで待たなくてはいけない、本当に辛い日々だ。


幸いだったのは、キンチョウスタジアムになって、フードコートの出入りが屋台の準備が出来次第フリーになったこと。あれが無かったら本当に誰か病人が出ていたかもしれない。
DSC_848601.jpg


セレッソのフロントとすれば、やはりフードコートは「チケットを買った人の特権」にしておきたかったと思う。しかしそれだとフードコートを利用できる時間が開門から試合開始30分前くらいしかない。普通にチケットを買って来られた人にすれば1時間半程度。試合開始1時間前にスタジアムに入り、フードコートに行ってみれば行列、では買う気も失せてしまう。オレも一度フードコートで並んでいたら香川のゴールを見逃したことがある。

その点試合開始のはるか前から、誰でも購入できると利点が多い。購入可能な時間が長いのだから、行列もできにくいし、お店の人からしても売り上げが上がりやすい。その上ストレスを感じたお客からの苦情もうけにくい。スペースもゆったりとれるので(とってはいけないのかもしれないけれど)圧迫感も無い。


何よりキンチョウスタジアムと長居スタジアムの間のスペース全てが「セレッソの空間」になる、これが大きい。論理的に考えれば動線がぐちゃぐちゃになっていて整理が大変な分好ましくないのかもしれないが、桜色のユニやシャツを着た人達でスペースが埋まっているのはなかなかにいい光景だ。子供のころに見た縁日を思い出して、少しワクワクしたりもする。さあ、これから祭りが始まるのだという高揚感は長居スタジアムで開催していた頃にはあまり感じなかったものだ。多分何も知らずに長居に来た人でも何事かと興味をひかれるはず。

災い転じて福となす、などというが、こういうのも福のひとつ。次の広島戦は長居スタジアム開催だけれど、そのあとはずっとあの祝祭空間が現れるのだ。楽しみである。
posted by 西中島南方 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/29/10

大宮戦写真日記。

もうね、お腹いっぱい。ハハハ。

DSC_844901.jpg


サンユー都市開発サポーティングマッチということでマスコットのガオウ丸くんもユニを着て参戦です。何気にキチンとユニを着てくれてるのがカワイイし嬉しいし。ありがとうございます!!

DSC_845301.jpg


「セレッソ大阪ゆかたデー“どんな浴衣を、Youかった?”」ということでキレイな浴衣姿の女子がチラホラと。こんなカワイイ女の子には藤田社長も顔がほころびます。

DSC_847001.jpg


おかんもセクシーショット!!なんか色気づいてないですか?

DSC_846101.jpg


Dentsu Design Ninjaとのコラボ企画もスタート!しっかりサッカーの楽しさを表現しちゃってください。

DSC_846401.jpg


みんなで作る写真展にも参加したり。カメラの撮り合い。勝ったと思う。何がと言われると苦しいけど。

DSC_847901.jpg


激辛グルメバトル!“ヒィ〜ッ、ハァ〜”ワールドカップにちなんで激辛キーマカレーwithナーン。これが結構うまい!あったかいし辛味も程良くて美味でした。いいかい?料理はおいしそうに撮らないと!!

DSC_848401.jpg


新グッズのカバンを発見!シックな色とも合いますな〜。

DSC_850401.jpg


楽しむだけ楽しんだら応援に集中!!最初から最期まで楽しみまくりでした!ごちそうさま〜。
posted by 西中島南方 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/28/10

J1 第21節 C大阪2VS0大宮 JAZZ!

前半23分 清武 弘嗣(C大阪)
後半33分 アドリアーノ(C大阪)



神戸もそうだったし、キンチョウスタジアムに来た川崎もこれだった。確かシステムこそ違えど京都もこんな感じだった。7人8人が守備をガチガチに固めて、ボールをとればトップにお願いしますというサッカー。リスクが少ないと言う人もいるし、まず失点をしないためには仕方が無いと言う人もいる。しかしセレッソはそんな杓子定規にディシプリンを優先するチームに対して、少なくとも互角かそれ以上の結果を残している。魅力的なサッカーをして、なおかつ勝つ。これほど気分がいいことはない。
DSC_858201.jpg


スタメンとベンチは鹿島戦と全く変わらず。鉄壁の守備、魅惑の3シャドーが居並ぶ。

field-2010-08-28-00.gif
試合開始時


試合は序盤からセレッソが主導権を握る。大宮が守備のブロックを少し低い位置にとり、マルチネスに対して圧力を加えなかった事が大きい。背番号10が自由闊達、キンチョウスタジアムのピッチを駆け、右に左にボールを散らす。マルチネス、アマラウから3シャドーに、彼等を捕まえようと絞れば高橋、丸橋が上がっていてクロスを上げられる。深谷、マトを中心に最後の部分で持ちこたえていたり、こちらが雑なミスをしたりでフィニッシュこそ少なかったが、流れはセレッソだった。

大宮はラファエル頼みが明々白々。しかしそれでも止められないからこそこの攻撃ができる。茂庭をもってしても止めるのが厳しい。それに加えて李 天秀が嫌らしい位置取りからクイックにゴール前に入ってくる。ヘディングで一度、カウンターからのクロスで一度ゴールに迫ったが、何とかしのぐ。とにかく約束通り、規律重視なので、そこを押さえればなんとかなる。
DSC_875501.jpg
スピードでは負けない


この試合最初のゴールは、今の大宮では決して作れない形から生まれた。CB上本が流れの中からスルスルと左サイドまで侵攻、フリーでボールを受けるとサイドの選手ばりの優しく正確なクロス。ファーにいたアドリアーノはCB2枚と対峙しながらこれに競り勝ち、ゴール前でフリーになった清武に落とす。清武はこのボールを力強くミート、ゴールネットの上っ面に突き刺した。閃きと信頼と技術が大宮の組織力を上回った瞬間。
DSC_869201.jpg
やったぜ!


組織ありき、先制点重視のサッカーは、1-0になった時点で必ず方向転換しなければならない。大宮は点を取るためにブロックを上げ、中盤に対するプレスをきつくしていく。セレッソは焦らず、闘牛士のよう鮮やかなボール回し、心身のスタミナを少しずつ奪っていった。前半1-0ながら内容は数段いい。


後半早々、さらに旗色がよくなる。相手キャプテン藤本が遅延行為で2枚目のイエローを受けて退場となる。現地で観ていてよくわからなかったのだが、少し不可解なジャッジではあった。
DSC_874301.jpg


この退場で李 天秀はラファエルとの距離が離れてしまい、少しずつ関係性が薄くなっていった。ただ10人になったことで何か吹っ切れた大宮は全体として攻撃に対する意識が強くなり、余裕を持ちすぎたセレッソは僅かの間受身にまわる。

その悪い流れを絶ったのは3シャドーとアドリアーノの頑張り。とにかくよく動く。家長の独特のリズム、清武の献身的な動き、乾の切れ味鋭いドリブル、アドリアーノのボールに対する執着。相手の攻撃を力で押さえ込む。
DSC_860301.jpg
アドリアーノはいつものアドリアーノ


流れをもう一度引き戻したセレッソは、運動量を維持するべくフレッシュな選手を投入する。小松、酒本が入り、よく動いていた清武、高橋がアウト。

field-2010-08-28-2nd26.gif
後半26分


field-2010-08-28-2nd28.gif
後半28分


小松はトップではなく、1.5列目のような位置に入っていたのが印象的だった。中盤の運動量低下を懸念していたのか。ただ小松はやはり2トップでこそ生きる選手なので、少しぎこちない動きになってしまったのが残念だった。酒本は、良くも悪くもいつもの酒本。


直後の後半33分に、試合の流れを決定づける1点がセレッソに入る。相手MF李 浩がヘディングで不用意なバックパス。それをアドリアーノが狙っていた。かっさらってスピード勝負に持ち込めばマトは苦しい。簡単にちぎられて勝負あり。2-0。

後はセレッソのやりたい放題。無理に攻める大宮をいなしてカウンター。獰猛な狼達が栗鼠を追い詰める。ここで3点目が入れば文句なしだが、これは贅沢。

field-2010-08-28-2nd45.gif
後半45分


名古屋が勝ったために首位との勝ち点差5は変わらずだが、しっかりと追随する姿勢は崩していない。この流れを秋以降の試合にも持ち込めれば、ACLやタイトルなどという言葉も現実味を帯びてくる。去年の今頃、サッカー専用スタジアムで躍動するセレッソなど想像もつかなかったことを考えるとまるで夢のようだが、これは現実。チーム、スタッフ、サポーターの頑張りが創りだした、紛れもない現実だ。嬉しい。
DSC_882801.jpg
posted by 西中島南方 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/27/10

どこだろうと、オマエはオマエだよ。

ユニフォームが何色でも、いつものとおりにやればいいさ。

感じるままに動き、考えたとおりに進めばいい。

シンジと二人、また長居をしびれさせてくれよ。頼むわ。
DSC_208201.jpg


CEREZO OFFICIAL

【10/08/27】乾 貴士選手 日本代表 キリンチャレンジカップ2010メンバーに選出

乾 貴士選手が日本代表キリンチャレンジカップ2010(9.4パラグアイ代表戦、9.7グアテマラ代表戦)のメンバーに選出されましたので、同選手のコメントとともにお知らせいたします。(後略)
posted by 西中島南方 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/25/10

今敏。

今敏さんが亡くなられた。
DSC_642901.jpg


サッカー系のブログとしてここをご覧いただいている方にはなじみの薄い名前かと思うが、過大評価ではなく、今の日本のアニメ界を引っ張っていた素晴らしい映画監督だった。宮崎駿や細田守という名前がメジャーになっているが、そのとっつきの悪さ(独特のクセのようなもの、庵野さんともまた少し違う感じ)を乗り越えられれば、あれほど素晴らしい世界を作り、話を紡ぐ人もいない。

狂気と幻覚の狭間に心揺れる「パーフェクトブルー」虚構と現実、現代と過去と未来をさまよう「千年女優」一見バラバラにはられた伏線が一本の流れとなって結末に向かう「東京ゴッドファーザーズ」筒井康隆の脳内から夢幻の世界を引きずり出した「パプリカ」監督された長編映画は全て見ている。「妄想代理人」も全話見た。大好きな人だっただけに、ショックだ。


他人からすればたった4作かもしれないが、そのどれもがいい。説教じみてもいないし、感動を押しつけるわけでもない、ただただ人の生きることの美しさを、写実的に映していく。

「ほら!美しいでしょう!」

なんて、口が裂けても言わない。ドロドロとした暗い部分ばかり描くこともある。それでもなお、人として生きることが素晴らしく、美しいことを、ほんの少しスパイスを効かせて伝えられる、それが今敏の才能。今までいなかったし、多分、これからも現れることは無いだろう。


もしパプリカがいたら、これは夢だと教えてほしい。黄金バットがいるなら、このふざけたストーリーを終らせるためにオレの頭をぶん殴ってほしい。ガツンと頼む。

posted by 西中島南方 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/24/10

魔法の杖。

最近写真関係のエントリが増えていますがご容赦下さい。何せまだ代表監督も決まらないようなご時世ですので、たまには脇道にそれさせてください。

さてさて、Photoshopには「アクション」という機能があります。いろんな画像に同じ効果をかけたいけれど、一枚ずつやっていくのはひたすら面倒、という時に「このアクションを指定したらこういうふうに画像を加工してね」と決めておくことができるんです。いろんなことができて楽しいですよ。

今回は少し古めかしい感じに加工するアクションを入手、早速使ってみました。

例えば西京極での京都戦の時にお邪魔したフジヤマプリンさんの店内。普通に撮るとこんな感じ。
DSC_799001.jpg


これにアクションをかけると…。
DSC_799002.jpg


なんかアメリカの片田舎にあるダイナーって感じになりました。これはすごい!

タカシも…。
DSC_37470102.jpg


DSC_37470103.jpg


こんな風に!まああんまりこういうゲタを履くようなのは好きくないんですが、たまにはね。
posted by 西中島南方 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/23/10

もっとうまくなりたい。

新しいレンズを買って数週間、ようやっと性格がわかってきて、友達って感じになりました。キンチョウスタジアムにあと何試合か付いてきてくれたら戦友になるのかなと思います。マクロが撮れない以外はすごく万能で、写りもシャープで、とてもいい。カメラバックに入れていてワクワクする感じです。

DSC_83250101.jpg
料理を作る楽しみがひとつ増えた感じです。


このレンズのおかげで、今までの自分に足りなかったところも見えてきたように思います。人を撮る時はしっかり目にピントを合わせないと見られたものではないし、何気ないものを撮るのにもしっかりと注意しないと、写真として成立しない。

DSC_82910101.jpg
花だってしっかり花弁の中にピントが入ってないと!

当たり前のことですが、だからこそキチンとしておきたい。D95が出て、このレンズといいタッグが組める頃には、自分もアマチュアカメラマンとしての技術、センスを磨いておきたい。そうしないと被写体にも失礼だし、写真を冒涜しているし、カメラやレンズを作りこんでくれた人たちにも礼儀がない。


俺はサッカーの、セレッソの熱気を切り取りたい。


人と過ごす幸せな時間を留めておきたい。


作った人が一皿に込めた想いを表現したい。


いつか消えてしまう街角の風景を残しておきたい。

DSC_691201.jpg

そのためには、もっとシャッターを押さなければなと思っています。キンスタでもガシャガシャやっていると思いますが、どうかご容赦下さい。

DSC_719001.jpg
花火ももっと綺麗に撮るぞ!
posted by 西中島南方 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/22/10

どっちがいい?

今某サイトのデザインリニューアルを画策中。で、ざくっとしたレイアウトは決まったんだけど、写真どっちがいいですか?

A案
tpltop02.jpg


B案
tpltop03.jpg


両方とも左上のロゴと右下のナビは固定。メニューを押すと背景だけがざざっと横スクロールして違う画面に行き着く作りです。A案の場合は背景はずっと布目で、その上に切抜きした写真が載り、テキストがついてきます。B案なら背景全面写真です。

さあ、どっちがいいかいな?
posted by 西中島南方 at 19:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/21/10

J1 第20節 鹿島0VS1C大阪 大阪の街の誇り。

後半10分 乾 貴士(C大阪)


完勝とは言わない、苦しいタフな試合だった。でも、だからこそ勝てた。相手が鹿島だからこそ、セレッソもまたベストな、素晴らしい緊張感と集中力を96分間維持できた。Jリーグでも、夏の酷暑の中でも、これだけ素晴らしい試合ができるのだ。それは幸せなこと。

スタメンとベンチはキム・ジンヒョンが抜けた以外はベストメンバー。前節前半のみで退いたアドリアーノも先発出場を果たしている。

field-2010-08-21-00.gif


鹿島はここ3節勝ち星から遠ざかっているとはいえ、昨季三連覇を達成した「勝ち方を知っている」チーム。今季もホームでは無類の強さを誇り、ここまで負けなし。この試合も立ち上がりから正確なパス、効果的なランニングでセレッソを苦しめた。

印象に残っているのは興梠、小笠原、そして今季初スタメンという左サイドバックの宮崎。興梠の速さ、ウマさは何度見ても恐ろしいものだし、宮崎の運動量も試合を通して驚異だった。

そして小笠原。とにかく嫌なところにポジションをとり、測ったように正確なパスを出す。ボランチとしての強さもある。この3人を止めるのは容易ではなかった。正直なところミスに助けられた場面もあった。

前半15分までの鹿島はとにかく点を奪い、試合のイニシアチブを取ろうと仕掛けてきていた。キーポイントはここだった。そこを凌げば光明は見えてくる、それはわかっていた。ここまで鹿島に屈してきたチームは、要所要所でこの仕掛けに耐えられなかったのだろう。

しかしセレッソは逆にカウンターを繰り出すなどして応戦した。鹿島にはロジックがあり、セレッソにはそれが無い。理屈抜きに、常識に縛られずに、自分のサッカーをする、それがセレッソ。前半最もゴールに近かったカウンターから家長、乾、丸橋と繋いでクロス、ファーから詰めていた清武のヘディングシュートはこの時間帯に生まれている。DFの足にほんの僅か触れてポストに嫌われたが、効果的な崩しだった。


そう、この試合に参加した14人のプレーヤーは、全員が全員、今季一二を争う出来だった。前半の後半、守備に傾倒するあまり攻めに対する意識が薄れ、パスワークが雑になるところがあったが、それ以外に責める場所がない。特に守備陣の集中力は素晴らしいものだった。

献身的にDFギャップを埋めるマルチネス。味方と連動してスペースを埋め続け、シュートでプレーを終えようと徹底していたアマラウ。冗談ではなくて、本当の話。上本も相変わらず体をはったプレーで大迫を封じていたし、茂庭の安定感もいい。野沢に殆どいいプレーをさせなかった。前半0-0。スコアは動かなかったが、なんと濃密な45分だったろうか!


後半、セレッソはプレーを修正して入ってきていた。パスの精度を上げること、キッチリ繋いで崩す。指示はハッキリしている、後はそれを実践するだけ。今のセレッソはそれができる。

唯一のゴールシーン、決勝点となった乾のシュート、それに至る流れはその意識がはっきり出ていた。乾、家長、高橋の早いパスワークで鹿島の動きが止まり、乾が抜け出すに十分なスペースが生まれた。角度のない位置、普通なら中に折り返すところでも思い切りよくシュートを放った。規格外、理論理屈の外にある選択をとり続けることで、鹿島の常識とゴールネットを揺り動かした。


スコアが動いたことで、鹿島の交代を後手に回すことには成功したが、消えていた大迫、フェリペガブリエルに代えて試合の勘所を知る本山とスピードのある佐々木、気味の悪い二人だった。実際一度佐々木に左サイドを崩されて、あわや失点というところまで持ち込まれてしまっている。アマラウと高橋が中に走りこんだ興梠をサンドしてシュートミスを誘っていなければ…。

対するセレッソはこの高いテンションを維持するために疲弊した選手を下げる。1トップとして走り回っていたアドリアーノに代えて小松、後半26分。

field-2010-08-21-2nd26.gif
後半26分


相手の攻めが自陣右サイドに偏ってくると藤本を投入し、変則の3ボランチを組む。

field-2010-08-21-2nd38.gif
後半38分


ここも耐えて凌ぐ時間だったが、無駄に自陣に張り付いていても勝ちは見えない。隙を突いて乾が上手く相手陣内に侵攻、相手のブロックを押し下げる。鹿島にすればさぞ歯痒く感じただろう。

最後にピッチに立った播戸も、何を求められて送り出されたのかをよく理解していた。ボールを持てば全力疾走でライン際を駆け上がり、相手陣内で孤軍奮闘キープに専心、アディショナルタイムを削る。最後はフリーキック、コーナーキックを全員で(レヴィー・クルピと白沢通訳までピッチに飛び出して!)防ぎ、難攻不落の赤壁を落城させた。

field-2010-08-21-2nd47.gif
後半47分


中二日、中二日できた酷暑の3連戦、1-0、4-1、1-0。何の文句をつければいいだろう。心配されていたキム・ジンヒョンの抜けた穴も松井が完全に埋めている。今日も野沢の決定的なシュート(ラストパスはたしか興梠!)を止めた。ここから先、(残念ながら)ナビスコ杯の無いセレッソはリーグ戦に集中して臨める。藤田社長が開幕時に目標とした賞金圏はおろか、ACLまで見えてきた。しかし慢心はすまい、セレッソがつまづくのはこの厄介な石ころからだから。これからの一試合一試合を大切に戦おう。
posted by 西中島南方 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08/19/10

Come on ! D95 !!

いかついD200を抱えてウロウロしていると「いいカメラを持っていますね」と言われる。

確かにD200はかわいいし、いいカメラだと思う。なんか賞とか貰ってるし。いい天気の時など外に飛び出して何か撮りたい衝動にかられたりする。

DSC_722601.jpg


そう、天気がよければ。

最近のカメラのトレンドは「高感度に強い」こと。平たく言うと暗い場所でもキレイに撮れるカメラほど評価が高い。暗い場所を撮るとどうしてもノイズがのってしまうのだけれど、それを何とかして抑えこむ技術がどんどん進歩している。しかしD200の高感度は、それほどいい写りではない。

その上俺がカメラをいじっているのは、もっぱらカフェの室内であったり、食べ物の前であったり、夜のスタジアムであったり、暗い場所が多い。このすこし歳をとってしまったD200で撮っていては限界、と感じるところも少なくないのだ。キンスタはフィールドに近くていいスタジアムであるけれど、長居スタジアムに比べるとわずかに暗いようで、川崎戦の時はノイズザリザリ被写体ブレブレ写真を大量生産してしまった。その日その時その一瞬は二度と来ないので、ただ泣くしか無い。

DSC_765601.jpg


当然少しずつ貯金をして新機種を、と去年辺りから息巻いていたのだが、D200の後継機D300の、そのまた後継機を狙っていたところ、マイナーチェンジのD300Sが出てきた。アチャー、それでは財布のヒモは緩まないぞ!!

そして今夏である。とあるウワサがニコンユーザーの間で飛び交っている。D300の一つ下のグレードであるD90、その後継機がハンパない、というものだ。画素数、AFポイント、そして高感度、どれもいい感じとか。おまけに樹脂製のボディから合金製のボディになるなんて話まである!ハードワークにうってつけじゃないか!!

さらにさらに、今日ニコンから新しいエントリーモデル、D3100が発表された。1420万画素、フルHD動画なんてのはD200どころかD90、D300Sを凌ぐスペックだ。まかり間違ってもD95がD3100よりもロースペックになるわけがない。今からワクワクが止まらなかったりする。さあ、来いよD95!待ってるぞ!!
posted by 西中島南方 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。