head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

04/30/09

横浜FC戦 写真日記。

まずは昨日の一枚。

DSC_814101.jpg


ご指摘いただきましたとおり、昨日のお昼ご飯はロビーナの喝サンドを調達してまいりました。プレゼントくじがあるってことですごい行列!!

DSC_812801.jpgこれ全員喝サンドの行列デス


20分くらいならんでたのかな、とにかくすごい列でした。

DSC_813001.jpg途中でハムリンズ登場


ハムリンズデーってことで北バック入り口付近では塗り絵コーナーが、子供達が楽しそうに色を塗ってました。

DSC_813401.jpgここにもハミューが!!



DSC_813601.jpg

お昼ごはん、肉まみれです。喝サンドの横は桜ギョウザ。色はあれで食欲がわかないんですが、食べてみると意外と(失礼!)焼き立てで激ウマでした。ミルカツサンドはお肉がとにかく柔らかいのです。ゴチでした。


DSC_844001.jpg

おまけ、なんかやる夫とやらない夫のアスキーアートに似てる…。

          / ̄ ̄\
        /  ヽ_  .\  
        ( ●)( ●)  |     ____
        (__人__)      |     /      \
        l` ⌒´    |  / ─    ─  \     
       . {         |/  (●)  ( ●)   \    
         {       / |      (__人__)      |    
    ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/_     
   / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ヽ,   
  /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト  
     _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
     >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'
  __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
posted by 西中島南方 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/29/09

J2 第11節 C大阪2VS0横浜FC おかえり、ヒーロー。再び。

前半44分 乾 貴士(C大阪)
後半5分 濱田 武(C大阪)




もう少し先だと思っていた。お前がいない寂しさをどう乗り越えようと苦心していた。チームは不振に喘ぎ、今年最初の苦難。でも帰ってきてくれた、元気に暴れまわってくれた。それがどれだけ嬉しいか。おかえり、ヒーロー。待ってたよ。

DSC_836101.jpg


スタメン、リザーブ。カイオが驚異的な回復力で全治6週間を1週間半に縮めて帰ってきた。小松もリザーブで復帰。羽田は一列下がり、マルチネスの代役は濱田、黒木は中盤の底でボールを散らす。

field-2009-04-29-st.gif


DSC_815401.jpg


今でこそ会心の試合と言えるが、立ち上がりは非常に悶々としたものだった。黒木、濱田のダブルボランチは少し軽い。特に黒木は持ち味が微妙に生かせない役どころなので苦労していたように思う。最終ラインの江添、チアゴ、羽田は初めてにしては安定していたか。流れがつかめた前半の中盤あたりでようやっとセレッソらしい動きが出始めた。

DSC_833901.jpg前半光っていたカズ


DSC_820301.jpg


攻撃は、それはもう前節とは見違えるようで、カイオが縦横に動いて作ったスペースを香川、乾が切り開いていく。その流れの楽しいこと、美しいこと。タテへのスピードがまるで違う。石神(多分)のクロスからカイオヘッドは枠外、乾はワンツーで作ったチャンスを潰すが、得点の匂いがプンプンする展開だった。

DSC_829401.jpg


結実したのは前半ロスタイム。左サイドを乾が侵食、少し時間とスペースが出来ていた。位置関係からすれば中へのグラウンダーがベターな選択だが、乾はそのウラを突いてキーパー岩丸の頭の上を打ち抜いた。それまで乾が掴んだチャンスの中で最も難しいものだったこの好機を見事にモノに出来た、これが大きかった。ゴールの余韻に浸ったまま前半を終える。


後半のアタマ、横浜FCは少し飛ばしていた。プレスがきつく、押し込まれる。コーナーキックのピンチだったが、よい流れを作っていたセレッソに運が巡ってきた。弾き返したクリアボールが上手く納まる。逆襲。十重二十重と横浜FCゴール前に、ボールホルダー香川にマークが集中し、濱田が空く。パス、ボレー。ボールはネットに突き刺さる。絵に描いたようなカウンターが決まり、2-0。押し込むはずが追加点を奪われた横浜FCはここから戦意と運動量を低下させていった。

DSC_834701.jpg


ただセレッソも中盤から後ろは慣れていないメンバーというところがあり、散発的ながらピンチのシーンもあった。しかし、そこはキム・ジンヒョン。ハイボール、弾丸シュート、クロス、至近距離からの一撃、どれも完璧に弾き返す。

DSC_822601.jpg


かくて、セレッソはおよそ半月ぶりの勝利を手にした。湘南が敗れたため首位も奪還、サポーターとすれば感無量の展開だ。それもこれもチームを愛してくれた一人のヒーローの頑張りあってこそ。もう一度言わせて欲しい。おかえり、ヒーロー!

DSC_840601.jpgマダムに「はよサポのところに行き!」と叱咤されるヒーロー
posted by 西中島南方 at 17:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/28/09

やべぇ!やっつけそこなっとるぞ!!

えー、横浜って中華以外に思いつかないよ、どうしよう…。やっぱ横浜に本店のある中華のお店探すかな。

と、思っとったらあるね!あるもんだね!天王寺に横浜桂林というお店のイートインスペースがあるとの情報をキャッチ!!意見交換会の時に行ってみました。

_DSC804201.jpg


あー、そういや近鉄阿倍野店って改装工事中だったよね。地下も工事中なのね。当然お店やってないね。ないのよね。


どうしよう…。



_DSC805201.jpg


うーん、やむなくHOOPの龍圃小吃館で代用してしまったけれど、これでいいのかなぁ。五目そばよ、セレッソを勝利に導いてくれ!くれくれ!!
posted by 西中島南方 at 19:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | やっつけたシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/27/09

小さな街。

意見交換会の折、久しぶりに天王寺の街を歩いた。学生時代は阿倍野に住んでいたから、天王寺は庭のようなものだった。画材や本も買いあさったし、友達ともよく遊んだ。生野に生活の場を移してからはめっきり足を運ぶ機会が無かったので、最近はここに来る度に驚いている。

いつもどこかしらで「再開発」というのをやっていて、昔懐かしい場所は瓦礫の山になっている。そこもしばらくすると小奇麗なファッションビルが建ったり、昔のSFに出てくるようなタワー型マンションがドンと鎮座したりする。子供の頃よく遊んでいた近鉄百貨店も旧館が閉鎖され、3年もすると場違いと思うほどバカ高いビルになるらしい。


学生時代によく足を運んでいた書店、建物はそのままだったが品揃えが変わっていた。

_DSC80600101.jpg


3階は学生用のドリルや赤本、それにコミックという、相反するものが並んでいるフロアなのだけれど、少しずつコミックのスペースが広くなっている。そのコミックも一番読んでいた大学時代(今から10年くらい昔になるのか)から比べれば流行の絵柄も様変わりしていた。学生時代に同人誌を描いていた様な人が、今は一線に立っている。よく練られたいい作品がある一方で「萌え要素」のようなある程度ヒットするエッセンスが記号化されて来ていて、それがなんとなくつまらない。


私が過ごしていた街が、私の知っている街が、少しずつうかがい知れない場所に変化していっている。それが少し寂しい。もう10年もすればそんな痕跡など何もなくなってしまうのかな。そう思いながら天王寺駅の北口に立つと、10年前と変わらずギラギラとしてネオンが輝いていた。ここはいつ変わるんだろう。それとも変わらないままなのか。

_DSC80890101.jpg
タグ:天王寺
posted by 西中島南方 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/26/09

J2 第10節 富山0VS0C大阪 雨と風とカード。

得点者無し


セレッソが富山で貰ったものはタイトルに書いた三つだけ。惜しいシーンも数えるほどで、本調子には程遠い内容だった。


スタメン、リザーブは札幌戦をベースに、怪我のカイオに代わってトップに柿谷がスタメン出場。リザーブのFWには苔口が入った。

field-2009-04-26-st.gif


会場となった富山県総合運動公園陸上競技場は気温が11℃、湿度90%以上、氷雨の中という最悪のコンディション。試合を通して濡れた芝に足をとられる選手が続出した。細かいパスワークも精度を欠き、いつもなら崩せる守備ラインを突破できない。そもそもさあ勝負というシーン自体が少なかった。前半は香川、乾に一度ずつあったくらい。富山のフィジカルに長けたディフェンスも厳しい。

守備はどうかというと、非常に落ち着きがなかった。前節の2失点目に懲りたのか、最終ラインでカットしてもバタバタと展開を急いてしまって、結果としてパスミスというパターンが多かった。その分両WHである石神と酒本は上下動が激しくなり、こちらもプレーの質を下げてしまった。

そう、今日のセレッソにはタメやプレーの緩急が殆どなかった。今年のセレッソは最終ラインにチアゴ、中盤にマルチネス、2列目に香川と乾、トップにカイオとボールをキープできる選手が揃っていて、そこがボールを失わないから回りの選手は余裕を持ってプレーできていた。しかしカイオが抜け、負ける怖さを知ってしまった今のセレッソは、連勝中にあったようないい意味での力の抜けたプレーが無い。柿谷は良いプレーもあったが、カイオの穴を埋め切れなかった。

泣きっ面に蜂とはよく言うが、この前半でマルチネスがダイビングの反則を取られ、通算4枚目のイエロー。次節横浜FC戦は出場停止となった。これで二人、ボールを保持できるプレーヤーがいなくなってしまった。2戦先の大一番、湘南戦に出場できるというのがせめてもの救いか…。


もう一つ収穫があるとすれば、後半から出場した黒木。

field-2009-04-26-ht.gif


恐らく次節マルチネスのポジションに入るであろう黒木、比較的落ち着いたプレーでチームをコントロールした。左右にいいボールを散らしてボールがサイドに偏らないようタクトを振るった。マルチネスの代役というのは荷が重いが、想像していたより悲惨な状態は回避できそうだ。


後半になると両チーム芝に慣れたのか時折イメージとプレーの差異が無いシーンが出始めた。印象に残ったのは度重なるコーナーキックのチャンスと、マルチネス、チアゴのミドル。そして柿谷を下げての0トップか。

後半はサイドで基点を作ろうとしていたセレッソ、富山がセーフティーファーストでボールをサイドやエンドラインに出すのでコーナーキックの機会が増えた。残念だったのはボールに変化が無く、富山をそれ程慌てさせられなかった事。羽田のシュートが唯一の決定機だったが、相手GK中川がよく止めた。前述のマルチネス、チアゴのミドルもコース、スピード共に素晴らしいものだったが、この中川に弾かれた。ただ後半チャンスらしいチャンスはこの3つと最後の黒木のシュート、これくらいだった。

攻め手を欠いたチームを見て、レヴィー・クルピは奇策をとった。柿谷を下げて濱田、トップ下に入れて、香川、乾は少し前に。見た目は3-5-2ながら、実質0トップ。

field-2009-04-26-76.gif


チームがとにかくタテにと急いていたこともあり、この試合だけでは機能していたかどうかはっきりとは判らなかったが、厳しい台所事情の中で、選択肢の一つには入るだろう。ロスタイム直前には珍しく3枚目のカードを切り(酒本アウト平島イン)チームコンディションへの配慮を伺わせた(この時間帯での交代でチームがどうなるかは別として)

field-2009-04-26-89.gif


結局スコアレスに終わったこの試合。スコアも不満だが、チームとしての連携に不安を残した。中盤から下が落ち着かないので攻撃もままならず、攻撃する時間帯が少ないので守備も疲弊するという悪循環に陥っている。トップでボールを持てるプレーヤーがいれば少しは変わるかも知れないが、小松の復帰、カイオの治癒までは柿谷のプレー精度、周りとの連携に賭けるしかない。少しでも好機を、そしてゴールを。
タグ:柿谷 黒木
posted by 西中島南方 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/25/09

第5回意見交換会。

家内の誕生日なのに、雨降っていたのに、行ってきました意見交換会。久しぶりの天王寺、なんか懐かしいような。

_DSC8078010101.jpg


それにしても人少なっ!!明日が富山戦だから選手お見送り組やバスツアー組は敬遠気味だったし、内容もさして重要ではないような感じだったし、天気も天気だから仕方が無いと言えばそれまでだけれど、100人いたかな〜。それも、皆殆ど名前は知らなくてもスタで見たことがあるという人ばかり、人がホールに入ってくるたびに「どうもどうも」の繰り返し。私は小岩井が岩手だったので札幌戦に負けたのではというお叱りを頂きました。ごめんよ〜。

まあそういうわけでなあなあな空気の中で始まった意見交換会。確かに内容ちょっと薄めだったような気がしないでもないです。ワンタッチパスの件に関してはJリーグエンタープライズにそれなりの落とし前をつけてもらうってのが一番大きかったかな。あとグッズとホームページがもうちょっといい感じになるようです。少なくとも今日宮本部長が持ってたグッズは仕事用に買います。2コぐらい(せこい)あとアンケートの経過が少しずつ良くなってるのを我が事のように嬉しく感じるのは何故かな。本当に後は昇格さえすればいい感じに歯車が回るんだけれど…。


とりあえず家内のご機嫌伺いの為、阿倍野名物嶋屋のポテトを買って帰りました。明日は勝ってね!!

_DSC80840101.jpg
posted by 西中島南方 at 22:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっつけた!厚身のますの寿司やっつけた!!

はーい、相手チームのご当地グルメを食べて相手も喰ってしまおうというやっつけたシリーズ。出費が順調にかさんでおります(笑 此度の相手は〜、こいつだ!!

_DSC800001.jpg


はい!富山と言えばますの寿司です。口コミサイトで評判だった厚身のますの寿司一さんから「厚身のますの寿司 一重」をお取り寄せです!この写真キラキラしてるでしょ?ますに脂がよくのっていて、テラテラと輝いてるのです。身も厚く、寿司としてはかなり肉厚です。

ほおばるとまず笹のよい香り、そしてますの旨味と生姜のさわやかさが口いっぱいに広がります。奈良や和歌山の柿の葉寿司と比べるとシャリが薄い分こっちの方がちょっと脂っこい感じですね。でも十分に美味い。家族みんなでおいしく頂いちゃいました。

さて、苦境に立ってる我らがセレッソも富山を喰って頂きたいもんです。頑張れ!私も頑張る!日常生活とかカメラ貯金とか!!
posted by 西中島南方 at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | やっつけたシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/24/09

富山ブラックとますの寿司。

やっつけたシリーズ、札幌戦はケチって小岩井ヨーグルトにしたのが裏目に出たのか惨敗でした。でも富山戦、連敗だけは避けなければ!!


と、力んでいたのですが、富山名物の食べ物ってのがすぐに浮かばずにいました。ウンウン唸っておると、富山出身のサポ仲間I氏から

「西中島さん、是非"富山ブラック"を食べてください」

と、熱いメッセージが。しかし富山ブラックとは?


とかテレビ臭い展開しなくても、今はWikipediaがあるのよね。なになに…。

1955年頃、富山市中心部で富山大空襲の復興事業を行っていた食べ盛りな若者たちの昼食のおかずとして醤油を濃くした黒いスープのラーメンを作ったのが起源である。スープが墨汁のように黒いことから富山ブラックと名づけられた。


このおかずってのがミソみたいですね。スープと具でメシを食う為に塩味がきつめなのか。


早速注文と思ったのですが、家内から「まった」が。あんまり食指が進まんのだそうで。さすがに4人前1パックのラーメン一人では食えないです。泣く泣く断念。でもいつか食うぞ。

代わって注文したのは厚身のますの寿司一さんのますの寿司。美味いと評判のお店です。ここならとOKが出ました。到着次第レポートしますです。
posted by 西中島南方 at 21:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | やっつけたシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/23/09

君のいない一ヶ月。

なんか寿司の話とかラーメンの話とかしてる場合じゃなくなったみたいだ。カイオの怪我。毎試合必死に前線でチェイシングをしていたから、仕方の無いことなのか。スタートダッシュがあまりに見事だったから、初黒星、主力離脱とマイナス要素ばかり続くのはメンタルにも来るね。

_DSC687001.jpg



でも年間51試合もあったら全試合ベストメンバーなんてことは有り得ない。勝っている間も尾亦、小松、西澤、前田が怪我で抜けている。彼らがいればカイオへの負担ももう少し減っていたかもしれないし…。


こうなると復帰間近という小松、そして覚醒が待たれる柿谷への期待は高い。特に柿谷は香川、乾と同年代で息も合っている。フリーランの質さえ良ければ素晴らしい選手。彼等が何とかしてくれると信じている。


明日はもう少し肩のこらない話を…。


 
タグ:カイオ
posted by 西中島南方 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/22/09

長崎いきてー。

森谷さん見てますかーっ!!!

以上ノルマ終わり。


なんか、我が愛する長崎の、さらに愛する軍艦島のツアーが開始された模様。NHKとかでニュースやってましたが、はしっこしか見られないのな。もっと中も見られるといいんだけれど。

440101.jpg
これは高島から見た軍艦島。生で見るとすごい威圧感です。


それにしても長崎、いいよなー。街のサイズが丁度いいし、交通は路面電車が100円で街のあちこちまであるし、メシは魚が美味いし、卓袱料理も趣があるし、おしゃれなのに落ち着くカフェがやたらあるし…。住みたい、住み着きたいです長崎。VファーレンがJに上がればねー。勿論J1ですよ。はっはっは。


明日は富山ブラックとますの寿司のお話。


 
posted by 西中島南方 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。