head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

11/28/08

僕が風邪をひいた日、ジウトンはブラジルへ帰ることになった。

CEREZO OFFICIAL

ジウトン選手の帰国について

ジウトン選手が家庭の事情により、明日11月29日(土)、急きょブラジルに帰国することになりましたので、お知らせいたします。


 判らん。これだけではどう解釈していいやら。

 ジウトン、最初は守備が全然ダメで、とてもじゃないけれどSBは無理だと思った。4-4-2の左SBなら平島の方がいいんじゃないかとブログにも何度も書いてた。

 そうしたら今度は3-4-2-1にシステム変更してまでジウトンを左サイドで使うようになった。ジェルも上がり目だし、左のストッパーはかなりハードワークになるの判ってて。それならジウトン一人代えれば済むだろうと、ブログにも書いた。

DSC_123601.jpg


 でも、最近ジウトンは良くなった。慣れない環境で、それでも全力で頑張ってた。攻撃の時は長い距離を必死で走ってたし、テクニックが足りない分はガッツで何とか補ってた。守備だってアジエルに振り切られまいとこれまた必死に、足がもつれそうになりながら食らいついてた。だから、交代の時、試合後の挨拶の時、笑顔で芝かぶり席のサポーターと握手したりしても、とてもいい気分で見ていられた。

 ジウトンの長所がなかなか見つけられないでいたけれど、今は判る。明るいところ、全力なところ、何よりくじけないところ。トライアンドエラーを繰り返しながら、試合毎に少しずつではあるけれど良くなっていた(それを大事なシーズン中にさせるコーチ陣はどうかと思うけれど)その矢先だから、なんか寂しいね。この先どうなるんだろうか…。


posted by 西中島南方 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きにしろよ!

 アキがなんか非常に苦しい立場らしい。清水で引退か、セレッソ復帰か。ウチの藤田社長が興味持っているらしいけれど、ラストは清水で、って言って出て行ったんだから、スジとかそもそも論で言えばこのまま引退というのが正しいと言えば正しい。足首、腰、体のあちこちにガタが来ているというから、あの柔らかなボールタッチや常識外れのプレーは多分無理だろうし。

 それでも、もし僅かでも「セレッソに戻ってやってみたい」と思っているなら、それはそれでアリだと思う。ようは本人の胸先三寸ってことだ。少しバツの悪い感じにはなるけれど、また桜色のユニに身を包んでくれるのなら、これ程嬉しいことはない。


 ところで立場が危ういのはアキだけではないようで、福岡に行った吉田や久藤、愛媛の宮原も微妙な様子。サッカーの世界は厳しいって事か。一時でもスタメンでバリバリ頑張っていた連中が、少し力が落ちたり怪我をすればすぐに0円提示が待っている。モリシはまだ惜しまれて惜しまれて幕を下ろせるだけ幸せなのか。

 こういう厳しい状況を見ている「将来はJリーガーになりたい、外国でプレーしたい」少年達やその親はどういう気持ちなんだろうね。私のところは娘なんで関係ないけれど、もし息子がいて、サッカーしていたら微妙な感じだね。選手生活のアフターケアが大事と言われ続けているのに、相変わらずな感じがするな。

DSC_090801.jpg
posted by 西中島南方 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。