head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

01/20/08

ハナサカ爺さんの集い。

 今日は寒かったですね。雪は降りませんでしたが代わりに降ってきたのは氷雨。霧雨なので傘をさしてもその中に入り込んできて冷たいのなんの。でも大事なハナサカクラブの活動報告会ですから行かないわけにもいかんのですよ。

DSC_963701.jpg


 久しぶりの南津守、集まったのはサポコンやサポミでお馴染みの皆さん。あの人この人知り合いばかり。やっぱり濃い人はどこに対しても真摯なんですよ。

 報告をしていただいたのはチーム統括部の副島氏、大畑氏、宮本氏。ハナサカクラブにどれだけの人がどれだけ出資したのか、そしてそれがどのように使われたのか、さらにそれによって下部組織がどれだけ強化されたのか、詳細な説明がなされました。まだ立ち上がって一年の試みでもこれだけのことが出来るのかという驚きがありましたね。三方ともに熱心に報告をされていましたし、質疑応答でも自分の言葉で回答されていたのが印象的でした。おかげで1時間の予定だった報告会も2時間弱かかっていましたが、そういう時間延長は大歓迎です。

DSC_966101.jpg


 そして親睦会と相成りました。

DSC_968201.jpg


 副島氏は風邪気味だったのですが、まめに皆のところを回って話をされていました。宮本氏からもいろいろ有益なお話が…。ここでは書けないですが、サポーターなら誰もが喜ぶような話です、ここらはサポミでも明らかになるでしょうね。


 私はもう少し殺伐系の展開になるのかなと思っていたのですが、スタッフの方が丁寧に、情熱を持って応対していただいたのもあって、終始前向きな会合になりました。セレッソの未来は明るい!と断言は出来ませんが、少なくともクラブが出来たことで明るくなる可能性が膨らんだことは事実です。皆さんもクラブの強化の為、是非ご入会を。


posted by 西中島南方 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残るハネ、飛び立つコケ、別れのトク。

 時系列でリンク。

CEREZO OFFICIAL

田 憲司選手期限付き移籍期間延長のお知らせ

題記の件、鹿島アントラーズより期限付き移籍しています羽田 憲司(はねだ けんじ)選手の移籍期間延長が決まりましたのでお知らせ致します。


CEREZO OFFICIAL

徳重 隆明選手 京都サンガF.C.へ完全移籍のお知らせ

弊クラブ所属の徳重 隆明(とくしげ たかあき)選手が京都サンガF.C.への完全移籍が決まりましたのでお知らせ致します。


CEREZO OFFICIAL

苔口 卓也選手 ジェフユナイテッド市原・千葉ヘ期限付き移籍のお知らせ

題記の件、弊クラブ所属の苔口 卓也選手がジェフユナイテッド市原・千葉への期限付き移籍が決定しましたのでお知らせ致します。
なお、移籍期間は2008年2月1日から2009年1月31日までとなっております。


 羽田に関しては残ってくれてビックリした。どの監督でもどんな場所でも平均点以上のプレーが出来る稀有な才能、何よりセレッソというチームに馴染んでくれたのが嬉しかった。ただ昇格の目が潰れた時に覚悟していなければいけない選手だと思っていた。このレンタル延長は後で大きく効いてくるはず。


 苔口も別の意味で驚いた。

DSC_777601.jpg


 苔口ほどストロングポイントがハッキリしていて、その実それを生かしきれない選手も珍しい。あれだけの足があるのならひたすら裏を狙うとか、そういうことに専心していれば結果はついてきたんじゃなかろうか。でもピッチで見る彼はあまり動かなかった。ブーイングを浴びせたのも一度や二度ではきかない。今になって思うとどちらに動いたらいいのか判らなかったのかも知れない。頭がフリーズすれば体も動かないから。

 だとするなら、千葉への移籍はプラスだ。スヘシャルな選手は移籍しているけれども、考えて動くというベースは残っているだろうし、下村という話し相手もいるから吸収も早いだろう。しかし千葉が苔口を買ったというのは、苔口個人を評価したのか、台所が苦しいのか…。


 徳さんは今までも素晴らしい選手だったけれど、京都に移ってよりその輝きを増した感がある。以前は乖離していたパウリーニョと中盤以降の橋渡しもしていたし、単独でも怖い動きをしていたし。セレッソ戦では何か引っ掛かりがあったのか退場なんてシーンもあったけれども、J1ではもっと活躍してほしい。寂しくないと言えば嘘になる。でもその人が一番必要とされている場所を見つけたのだから、おめでとうと言わないといけない。


 それにしてもセレッソは残留か放出、復帰のニュースばかりで、補強のニュースは尾亦、相澤以外トンと聞かない。これで長丁場のJ2を戦い抜こうと考えているなら厳しいな。
posted by 西中島南方 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。