head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

01/14/08

選挙に行こう。

 土曜日、家内が2泊3日の一時帰宅に帰って来た。あと何回か外泊をすれば退院と言われているだけあって、心身ともに明るい。家に着くや否や病院で描いたラフスケッチなどをPCに読み込んで本の制作をしていた。

DSC_947301.jpg


 やっている人ならわかると思うけれど、こういう制作というのは思いのほか体力がいるし、根気も必要で、つまり健康状態が良くなければしようという気にすらならない作業だ。それを率先してやっているのだから、家内は間違いなく良くなっている。


 家内とは二人で府知事選挙の投票に行こうと約束している。1/27までには、再来週までには退院しよう、ということだ。それを決めるのは担当のお医者様なのだけれど、何とかお墨付きを頂きたい。週頭に話をする機会が多いらしいから、明日の今頃は何か進展があるものと思う。上手く行けば明日の会議中に小躍りする私がいるはずだ。


posted by 西中島南方 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フロントの仕事って…。

 別にフロントに限ったことではないけれど、仕事をしていく上で相手に信じてもらえるかそうでないかって結構重要なんじゃなかろうか。野球だと年俸更改の際にフロントがアクビをしていただとか、携帯を持っていただとかで、金額的には問題が無いのにゴタゴタが起こることがあって、それがたいそうな記事になるけれど、大なり小なりサッカーでもそういうことって起こっていると思う。そういう小さな出来事一つで人の心象って変わってくる。本当に心がけ一つの話なのだけれど、一度ボタンを掛け違うとなかなかもとには戻らない。


 今年は千葉やFC東京がお家騒動でドタバタしているけれど、セレッソだってそこそこ酷い。毎年「やや酷い」辺りがベースになっているからあまりサポーターとして実感がわかないのだけれど、そういうシチュエーションになっているのがそもそもマズイ。

 久藤と布部が抜けた時、降格して主力が大量に抜けた時、西村GMと都並監督が更迭された時、その時ごとにサポーター(の一部)はどうしてこうなったんだ、もうそういう話は無しにしてくれと懇願してきた。別に移籍や更迭という判断に対して怒っているのではなくて、そこに至る経緯があまりにお粗末で、悲しくて、それに対して怒っていたんだ。


 たとえどんなにお金があっても、気持ちが無ければ人は本気で信用したりしない。お金が無いんならなおさらそういう部分をしっかり見せなきゃいけない。昇格したいなら、フロント(の一部)もJ1規格でないとね。

DSC_770201.jpg
posted by 西中島南方 at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。