head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

04/08/07

阿以栄三点伝説。

 今日は一日中ブログ作りですよ。昨日が昨日だけに…。


 試合前は小雨も上がって、雲も薄くて、花見してもいいかなって感じでした。

 お昼はゲンをかついで、京都戦の時に食べた阿以栄さんの「牛すじカレー並盛ロースカツトッピング」にしましたよ。余程インパクトあったのか、顔を覚えてもらっていました。

IMG_355901.jpg


 カレー食べながら店の方とお話。セレッソの営業の人来てますかとか、そっち系の。地域に根ざしたチームになるのなら、こまめな活動いるよなと。

 一応ポスターは回っているようで(チーム全員の写真が載ってるやつ)お店の方のお気に入りは吉田でした。いかついけれどいい男というのがポイント高いみたいです。


 お店を出るとさっきよりどんよりとした気配。それでもスタのまわりの桜の下には花見客がチラホラと。第二はメインスタンド以外は盛り土のスタンドなので、スタのすぐ裏手が桜並木になってるんですよね。小雨が降ろうが桜の木とブルーシートを使って即席の屋根をしつらえ、花見続行。たくましいよな、大阪人は。


 スタンドにつくと、恒例グッズコーナー。今回はメールブロック。ヨコから携帯を覗き込まれないというアレです。

IMG_356701.jpg


 SB声出し隊リーダーもご愛用です。

IMG_356801.jpg


 ここでみの字氏登場。開口一番「昼カレー食ったろ」おう!いつから超能力が使えるようになったのだ?

 と、思ったらみの字氏も行ってたのね。ちなみに普通のカレーにしたのは「トッピングをつけるとカレー本来の味がつかみづらくなるから」とか。ごめんなさい、貧しいものでカツつけると豪勢とか考えてました。


 そしてその頃から雨脚が強くなるなる。カサも無いのであっちゅうまにびしょ濡れですわ。ということでアイテム「ポンチョ」追加。

IMG_357101.jpg


 そんな悪天候でも、勝てば嬉しいものです。応援に使ってた旗が吹っ飛んだり、帰りに自転車のタイヤがバースト(パーンとか音がしやがんの)しても、不思議といい気分でしたよ。こんな日がずっと続けばいいのにな。


posted by 西中島南方 at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪3VS0鳥栖 雨中桜宴。

 スタジアムのすく外には、見頃の桜が咲いていて、小雨にもかかわらず沢山の花見客がいた。しかし今日、長居で一番美しく咲いた桜は、ピッチに立った11本の名木達。

IMG_357601.jpg


 スターティングラインナップには若い選手の名前が目立つ。

field-2007-04-07st.gif


 キーポイントは2つ。まずは右サイド。初スタメンの山下、久しぶりにスターターとなった柳沢、そして森島寛に代わって攻撃的な位置に入った酒本。この3人がどれだけ頑張れるのか。

 いま一つはボランチで起用された濱田。セレッソで最も脆弱だった攻守の繋ぎ役、彼のパスワークが、タフさを要求されるこの位置で生きるのか。


 試合前、まだ冷たい春雨にうたれながら、悶々としていた私の悩みは、前半15分ほどで霧散していた。後の75分は、若い桜の木々達を愛でる花見になった。


 まず開始早々、酒本が右サイドを素早く遡上。ゴール前まで切り込むと混戦を演出し、ゼ・カルロスのゴールを呼び込んだ。この間僅か30秒。

 ラッシュはまだまだ続く。要因は、前線からのがむしゃらなプレッシングと、コンパクトなディフェンス。


 ボールを奪われた時、そのボールに最も近いのは、たいていボールを奪われた選手。その選手がボールホルダーにプレッシャーをかけて、一瞬でも相手の攻撃をでディレイできれば、守備の負担は減る。判ってはいても出来ないプレーを、前線の4人は積極的に続けた。

 相手最終ラインでのボール回し、バックパス、仮に追ったところで、結実することはまれ。それでもそうした努力を続けていれば、相手の心身のスタミナを少しずつ削り取ることが出来る。


 前がそれだけ頑張れば、中盤から後ろは楽になる。出てくるボールのコースがある程度限定されているから、その時点でアドバンテージが生まれ、人数をかけて守備をすることが可能になり、奪取位置も高くなる。

 また守備の際は古橋が二列目辺りまで下がり、4-5-1気味にして全体を厚めに保つ小技も利いていた。

field-2007-04-07df.gif


 15分に生まれた二点目、酒本の強烈なミドルを呼び込んだのも、そうした貪欲な意思に他ならない。相手のミスがあったとしても、そこに行こうという気持ちが無ければ、あのゴールは生まれなかったはずだ。ルーズボールを拾い、前半にして試合を決めた古橋のゴールにしても、あの場面まで、何度も何度もプレスをかけていた、その努力が実っただけに過ぎない。

 勿論3-0というスコアに対しての喜びは大きい、でもそれ以上に、アグレッシブで、泥臭くて、かっこ悪いのにかっこいい、大好きなセレッソが見られた事、それが嬉しかった。

 その輪の中に、濱田もいた。寧ろ最も泥臭いプレーをしていたかも知れない。以前の濱田とは全くの別人。ボランチとして相手プレーヤーを弾き飛ばすシーンすらあった。宮本との連携も及第点。アレーには悪いが、こういうのも怪我の功名というのだろうか。


 後半は、若手の為に用意された。特に相手選手が一人退場してからは、その傾向は顕著になった。

 まずは左サイドで奮闘していたゼ・カルロスにお役御免の交代。代わってスタメン落ちに奮起する苔口。

field-2007-04-07-71.gif


 再び前線での起用となったが、相手の疲弊もあっていいプレーが出来ていた。一度決定機かというシーンがあったが、これはオフサイド。


 二人目は柿谷。

field-2007-04-07-74.gif


 スペースさえあれば十分な働きができる、という印象。ポスト役がいない中、地上戦でしっかりした足技を披露した。パスの視野も広く、少しずつでも試合経験を積ませたい。


 ラストは香川。

field-2007-04-07-79.gif


 正直柿谷等と比べると、派手さは無い。しかしこの位置で働ける選手が少ないセレッソでは、アレーが復帰するまで暫く出場機会が増えるだろう。この間でどれだけ成長出来るか。


 スタメンだった山下に関しては、デビューした頃の前田のような、溌剌さ、果敢さが印象的だった。危なっかしいシーンもあったが、山下だから防げた、という場面も多々あった。

 無失点という結果を考えても、4バックは暫くこのメンツでいいだろう。それで控えに回った前田、藤本が奮起してくれれば、いい刺激になる。

IMG_357901.jpg


 攻守で今年の形がようやく整いつつある感のあった一戦。この流れが持続されていくのか、この試合だけに終わるのか。注目されるところではあるが。とにかく今日は、この喜びを味わうことにする。

IMG_360601.jpg
posted by 西中島南方 at 00:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。