head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

03/20/07

東京V戦前予想。

 あー、憂鬱だ憂鬱だ、予想をするのも憂鬱だ。しかしするぞ、しつこいぞ。あきらめは悪いほうだ。

 ただことこの試合に関しては、スタメン予想は本当に憂鬱。

field-2007-03-21.gif


 というのも、前節湘南戦、ゼ・カルロスが「自分(都並監督)の指示通りに動かない」という理由から、前半で交代してしまったから。理由が理由だけに今節スタメン出場は厳しいだろう。ただでさえ攻撃の起点になるプレーヤーが少ない中で、これは痛すぎる。

 かといってカルロスが何の咎めもなしに出場すれば、チームのディシプリンがとれなくなってしまう。だから事これに関しては、仕方が無いと言う他無い。

 勿論「監督、俺が悪かった」「判ってくれればいいんだ」なんて流れがあって、「チームの為にがんばるよ!」となればそれが最良なのだけれど、そんなスポコン漫画的な展開など有るのだろうか?


 というわけで、東京V戦はひたすら耐える90分間になるだろう。フッキのドリブル、船越の高さ、服部の粘り、そして名波のパスワーク。バックには厳しい。

 それを耐え、ボールが奪えたとしても、セレッソには高速カウンターなど無い。タテ一発のロングパスが、苔口や古橋にピタリと合うのを待たなくてはいけない。

 前々節、前節と比べれば、押し込まれる分、逆に相手の裏にスペースが生まれ、苔口の足が生きてくる可能性は多分にある。しかしチャンスはそう何度も有るまい。死中に活を求めるのなら、二の矢は無いと心してプレーしなければ。それ以外の得点パターンはセットプレー程度。それとて決して精度が高いなどとはいえない。


 という訳で、もし勝つとするならば、ロースコア。1-0とか、出来て2-1というところか。緊張の糸が切れれば悲惨な状態になる可能性だってある。


 それでも、たとえクソサッカーだと思っていても、それがセレッソである限り、勝利を信じる。それがサポーターってもんだと思うから。よっぽど酷い時は、その時に考えるよ。


posted by 西中島南方 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。