head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

01/07/07

Stade de France>長居なのご存じなくて?

 2ちゃんねるからネタの提供を頂きました。

739 :U-名無しさん :2007/01/07(日) 11:15:16 ID:MsaqKN8cO
今朝の朝日新聞にまたも大阪市の醜態が掲載。
携帯なので掻い摘んで書いてみる。

世界陸上の集客目標をこっそり修正60万人→45万人

当初300億円の経済効果を前提に財政難の中40億円支出

しかし、来場者が1/4も減れば波及効果に疑問。

目標値の修正は一部の市議にしか説明していない。

ゆとりとみどり振興局は競技場の規模が03年のパリ大会に
似ているだけで60万人を目標にしただけで根拠なし。


携帯ではしんどいので後は西中○南○さんに頼みます


 ウチは産経新聞なんで他紙の情報はとてもありがたいです。しかしこういうの聞くと本当に(一部の)公務員って仕事してないなと思いますね。

 そもそも長居スタジアムの規模がフランス競技場に似ているなんて考え方から酷い。

長居スタジアムwiki

Stade de France wiki

 フランス競技場はサッカーやラクビーの際はせり出し式の席を出しますよね。これで収容人数は約8万人。陸上時にはせり出し席は引っ込めますから収容人数は減りますが、それでも7万弱は入るでしょう。

 長居スタジアムはwikiでは5万人とありますが、最大でも4万5千人。世界陸上では記者席を大幅に拡張するらしいですから、それ以下になるのは間違いない。この図ではメインスタンド南半分が殆ど記者席になるようですから、4万人も怪しいかも…。目分量ですが3万5千人くらいでは。

 これで9日間、午前午後入れ替え制で60万人の動員を見込んだんですからいい加減なもんです。仮に4万席として、終日満員になっても68万人。この状態で60万人動員など有り得ないでしょう。夏休みとはいえ平日込みで45万人も厳しいハードルと言えます。

 前回大会の舞台となったヘルシンキオリンピックスタジアムが丁度収容人数4万人で、かなり長居に近い規模だったのですが、テレビを見ている限り、とても全席札止めとは言えない状態でした。これも考えると35〜40万人程度の入りではと思っているのですが、どうでしょうか?

 気になって陸上板の世界陸上スレも見てみたんですが、陸上ファンからしてもチケット代の設定は厳しい様子。というかなんでここのリンクが張られているのか、炎上狙い?


 競技の時間も海外向けにかなりずらされていてやさしくない。例えば男子100m決勝は26日(日)の22:20からと遅いし、室伏選手が出て盛り上がるだろう男子ハンマー投げの決勝は平日27日(月)の19:30で逆に行きにくいし、苦労の跡は見えますが、やはり少し厳しい。


 本当のところ、世界陸上に関してはさんざっぱら煮え湯を飲まされていますから、陸連や大阪市の皆さんにはせいぜい冷や汗を流していただきたいと思っていますが、陸上ファンの方、そして参加して頂く選手の方々にとって良い大会になってほしいです。下らない市政の犠牲者はセレサポだけで十分ですから。勿論大成功で大阪が、長居が潤えば、それはそれでいい事です。それくらい頑張ってほしいな。


posted by 西中島南方 at 19:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 長居改修問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/06/07

ぐったりした。

 仕事始めでした、きつかったよ。仕事自体はそんなでもなかったけれど、とにかく心身ともにだらけていたんで。明日も仕事だけれど慣れている分今日よりは楽かな、と思っていたら天気が悪いのかー、自転車通勤には辛いな。


 今いろんな事を並列処理しようとしているのだけれど、メモリが足りないのでイマイチ良くならない。あーCPUもHDDの容量も足らないかもね。一応どれも上手くいけば楽しんでもらえる話なんだけれど…。内容が知りたい、という方はメーリングリストに参加してください(w


 正直今日はいい事無しの一日でした。こういう日もあるさと割り切りましょうか。さ、寝よ寝よ。
posted by 西中島南方 at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/05/07

正月の過ごし方。

 寝正月ではなかったんですが、かなりグダグダしてました。たまにはこういうのもいいよね。と、自己弁護できるほど日頃忙しいわけではないのですが。

 そもそも初詣からしてこれだからなぁ(w こんなバカな初詣は今回限りにしたいな、冗談抜きに。でも大吉で良かった。これで凶なんて出た日には…。

 一眠りしてからは前述の通り「パプリカ」を観にいったわけですが、良作です。特に「今敏の世界」が好きな人なら是非。ただオジサンの悲哀を「そういうこともあるさ」で済まさず、キッチリ完結させているところとか、いくつかの箇所は「妄想代理人」をセルフカバーした感があるので、新しさよりも完成度が売りと割り切ってください。


 二日三日はさらにグダグダ、家内と買い物に行ったくらいか。下の画像はスーパーの書籍売り場に有った風景。

IMG_265801.jpg


 「オシムさんがカエルを食べろと言っている様」
 とは家内の弁、私は団塊本と脳のトレーニング本の並びに有ったのが気になりましたが。


 昨日四日はなんばで一席。

IMG_266301.jpg


 久しぶりにいい感じでトーク出来ました。近いうちにいろいろ書く機会があるかも、どうかな?よく判らん。


 まあ、こんな感じで今日から仕事っすわ。体なまってるだろうな、キツー。
posted by 西中島南方 at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/02/07

「どうした?本物のステーキだぞ。食べんのか?」

 私は子供の頃、手塚治虫のマンガに出てきたこのセリフを聞いて、随分ショックを受けた。

 そのマンガの中の世界では、食品は殆ど加工品、天然自然のものは稀にしかない。大地が荒れ果ててしまったその星では、そうしないと人が生きていくだけの食料が生産できないのだ。そしてそのような人工の食料を生産する機械化農場の経営者達が、大多数を占める労働者達から富を搾取していた。主人公の若者たちは不自然でアンバランスなこの社会に危機意識を持ち、農場の経営者に掛け合うのだが、富を築いた経営者の耳にそんな声は聞こえない。食べた事のないようなご馳走でも食わせれば懐柔出来るだろうと、彼らの前に貴重な「本物のステーキ」を出すのだ。

 つまりこの世界では、「本物のステーキ」なんて滅多に食べられないのだ。牛の肉なんて、庶民には手の届かないものなのだ。そんな世界が来るなんて、俄かには信じられなかったけれど、何気に書かれたこのセリフだけは、脳の片隅にへばりついていた。


 その感覚が、何年かぶりにフラッシュバックしてきた。今日は映画の日だし、天皇杯も無関係だし、以前から観たかった「パプリカ」がまだやっているというので、なんばまで出掛けた帰りの事だった。

IMG_258401.jpg


 よい映画を見た後独特の余韻に浸りながら映画館を出て、遅い夕食をとろうという話になった。以前家内が義父と行った某ステーキチェーンの事を思い出し、丁度映画館の近くにあったその店で、ステーキを食べる事にした。

 食券を買って席につくと、あっという間に熱く熱せられたプレートが出てくる。ご飯と味噌汁、それに大量の焼き野菜と結構な量のステーキ、これで980円とは安い。

 ただ、このステーキを食べていて、妙に思うことが二つあった。

 一つは肉の形、妙にまとまりすぎているのである。イラストレーターなどのソフトを使われている方なら判ると思うが、まるでペジェ曲線のように滑らかで、人為的な形をしていたのだ。

 もう一つは食感、周りのスジが入っている部分は固いのに、赤身の部分は奇妙なほど柔らかく、しかし味気ない。噛めば噛むほど味が出るでもなく、かと言って口の中でとろけるでもなく、不思議な感覚だった。

 勿論980円以上の値打ちがある料理だと思う。ただ食べた時の違和感はなんとも言いがたいものだった。


 店を出て家内にその話をした時、違和感の種明かしをしてくれた。その肉は赤身肉の中に牛脂を、さも霜降りの様に注入していたのだそうだ。確かに牛肉と牛脂であるから、原材料にかわりはない。しかしあまりにも人の手が入っているその肉のステーキを、「本物のステーキ」と呼ぶ事は、私には出来ない。二十数年ばかりの間に、手塚治虫が書いていた未来の世界が、現実のものになってしまったわけだ。


 人間とは業が深いものだと、つくづく思う。科学が進歩すれば、人の営みは豊かになっていくと教えられたが、十分すぎるほど科学万能の世界になった、現在の私達の暮らしぶりはどうだう。とても裕福とは言えない。そのうち本当に「本物のステーキ」など食べられない世界が来るのかもしれない。
posted by 西中島南方 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

01/01/07

初詣に行ってみた。

 あけましておめでとうございます。今年一年が私にとっても、家族にとっても、そしてセレッソと仲間にとってもよい一年になるように、今さっき家内と二人で初詣に行ってまいりました。

IMG_249601.jpg


 目指すのは近所の御幸森神社、コリアタウンの近所ですな。

IMG_250401.jpg


夜のコリアタウンを疾駆するバカ(家内撮影)


IMG_251201.jpg


神社到着。もう既にポン酒と串カツで出来上がっているオッサン多数。


IMG_251401.jpg


ユニ姿で賽銭を取り出し。


IMG_251501.jpg


おりゃ〜!!(なんでこんなところから投げているんだろう)


IMG_252201.jpg


必勝J2!!
(家族の事は祈らなくていいのか?)


必達J1!!!
(仕事も大事だぞ俺!)


勝利!勝利!!勝利!!!
(あーもうどうでもいい、とりあえずセレッソだ!!!)



 帰りにおみくじをひいてみました。

IMG_252801.jpg


IMG_253101.jpg


 大吉!よっしゃ!!

願望:苦悩の日々も去り御恵の御光がさしそい叶う


 いいんじゃないですか?なかなかですよ。今年はいい年になりそうだ、というかいい年にしよう!
posted by 西中島南方 at 03:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。