head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

12/27/06

何がいい事なのか、誰にもわからない。

 他サポさんの話を見聞きしたりすると、降格した時や、昇格できなかった時、ゴール裏までやって来て頭を下げる社長がいたり、定期的にサポーターとチームが話し合いの場を持っているところがあったりして、羨ましいなと感じる時がある。

 その一方で、サポーターとチームが接近しすぎると、方向性がグダグダになったりもする。そのさじ加減は本当に難しいと思う。協力し合っているのか、馴れ合っているのかなんて、当の本人達には判らない。


 私は今、良かれと思う事をしている。チームにとっても、サポーターにとってもいい効果が出るような事。しかしそれが本当にいい事なのか、その確証は持てない。絶対の自信なんて、全く無い。


 それでも行動しなくてはいけない。それだけは判る。放っておけばこのチームは沈む。どの方向かはともかく、強いベクトルで引っ張らないといけない。

 だから私は、方法はともかく、行動する人を批判する気は無い。一番不味いのは、鍋が焦げ付きそうなのに、自分で鍋をかき混ぜようとしない事だ。

 もし私の行動を快く思わない人がいれば、それを邪魔していただいても一向に構わない。それもまた行動だと思うから。口をはさむくらいなら、どんどん先に進ませてもらうよ。


posted by 西中島南方 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。