head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

12/07/06

土がダメだとダメなんだ。

 まだ次期監督が誰か決まっていない。噂では今札幌の監督をやっている柳下さんが候補に挙がっているとかいないとか。磐田の若手を育成し、J2の戦い方を知っていて、尚且つ攻撃サッカーを好む。予算を考えればベストな選択かも知れない。


 でも、もう身も心もガックリ来ている私は、どうにもネガティブな感情しか持てない。


 私は小林さんが好きだった。別に何を話したわけでもないけれど、外様に冷たいヤンマー閥の中で、あれだけ頑張ってくれた事に、今でも感謝している。「桜は今から必ず咲きます」という最後の言葉は、監督の座を辞してなお、セレッソを愛してくれた証拠と信じている。

 かと言って塚田さんを心底憎んでいるわけでもない。試合になるとテンパる悪癖はついぞ治らなかったものの、こと育成に関しては素晴らしい手腕を持っていた。そういう人とこんな形で縁が切れてしまったのは、よくない事だ。火中の栗を拾わせておいて、石持て追うような形になったのは寂しい。

 セレッソにとって一番の痛手は、J2に落ちて緊縮財政をしかざるを得ない状況になった事でも、まして関係する人達のプライドが傷ついた事でもなく、不釣合いな場所に引き出したり、満足な援護もしないまま、二人の能力有る指導者を迷走のスケープゴートに仕立て上げ、パイプまで切ってしまった事だと思っている。


 どんなに素晴らしい種でも、土が腐っていれば芽が出ることは無い。どんなに努力を惜しまぬ者でも、砂地の上に米を作る事は出来ない。来年は環境まで厳しくなる。日向から日陰へ、風も強く、冷たいだろう。そんな中でも実りを求めるのであれば、私達は新しい開拓者の為に、少しでもいい土を用意しなければいけない。

 今日この日まで、セレッソという土地は、まだ力があると思っていた。表層さえ削げば、まだまだやれると思っていた。しかしこのページを見てその考えが心底甘いものだと思い知らされた。この土地は深く深く掘り下げないとダメだ。


 次の仕事はキツイ。8000人に紙を配るよりずっとキツイ。でもやらなきゃいけない。実りを望む気持ちを、行動で表そう。


posted by 西中島南方 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。