head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

12/25/05

Living legend

 「フィールド・オブ・ドリームス」という映画はご存知でしょうか?舞台はアメリカのトウモロコシ農家。ある日天啓を受けた主人公は周囲の反対を押し切って自分の畑の一部を野球場に変えてしまう。ところがそのフィールドに次々と過去のスター選手達の霊が現れて…。

 実は霊になっている選手達の殆どは実在の人物達。"シューレス"ジョー・ジャクソンなど八百長事件に巻き込まれ、球界を追われた選手も数多く登場します。


 セレッソも歴史こそ浅いですけれど、印象的な選手、チームが沢山有りますよね。昇格した時の5バックで固く守ってモリシとマルキーニョスの速攻にかけたスタイルから、一転してファンセ、モリシ、アキ、眞中さん、マサ、ノさんが怒涛の様に攻め上がった99年、そしてユン・ジョンファンという優秀なコンダクターを得てさらに攻撃的になった00年。

 寂しいのはこれらのチームのきらめきが、いつも一瞬で終わってしまっているところ。ファンセやアキが移籍すると、チームはまた1からシステムを作らなくてはいけなくなってしまって、開幕の時に他チームよりも出遅れてしまう。


 今日は久藤と布部に移籍の可能性が有ると報じられました。私の知っている限り、移籍の噂があったりレンタルを延長しない可能性が有る選手は(噂程度も含めれば)こんな感じになっています。

DF
千葉

MF
ファビーニョ
鶴見
中井
廣山
久藤
布部
宮原
濱田

FW
黒部
西澤


 全員で11人、最大1/3の選手が入れ替わってしまうわけです。全部の噂がそのまま実現するなんてことはないですが、これだけ噂が立つだけでも異常なんじゃないでしょうかね。


 確かに今のチームには「高齢化」という大きな問題が有って、思い切って大ナタを振るわなくてはいけない時期なのかも知れません。でもファビーニョが下村を「覚醒」させたように、せめてベテランから若手へと、何かしら引き継ぐ時間が無いといけないんじゃないかなんて思っています。

 また年齢に関わらず、活躍している選手もこの中に沢山います。わざわざ自ら戦力ダウンさせているような行為は、得策なんでしょうか。


 今年はリーグ戦であと一歩というところまで来ました。詰めは甘かったかも知れないけれど、十分"伝説"になる資格を持ったチームだと思います。

 でも、まだ博物館に飾るような時期じゃないでしょう。このチームにはやり残した事が、まだ沢山有りますから。とりあえず元旦、国立で勝ちましょう。


 


posted by 西中島南方 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SB事件に関する私見。

 まず最初に数点確認していただきたい事があります。

 最初に、当たり前なんだけれど、私はセレッソサポーター全てを統べる存在ではないということ。一サポーターにすぎないわけです。

 それから、私がキライなのは暴力という「行為」であって、一部のサポーターの存在を憎んでいるわけではないということ。他サポであれセレサポであれ、違いは有りません。

 最後に、今回私は試合を現地で見ておらず、多くの方からの情報をまとめて話をしているという事。それらを踏まえて、このエントリーを見ていてください。


 いつもはSBで観戦しているんですが、今回はそこがフロントラインとなってしまったわけで、すごくショックを受けています。今日たまたま長居にいっていた知人が何人かいまして、試合後の顛末を微細に聞く事ができましたが、やはり後味が悪いものでした。大筋ではネットに流れているとおりなのですが、事がかなり大きくなったのにはいろんな要素が絡んでいたようです。

 結論から言うと、ガンバサポーターを煽りに行った二人は申し開きの余地無く「有罪」です。ダービーという異常な空間で感覚が麻痺していたとはいえ、弁護の余地は有りません。警備員(スタジアム運営側とガンバサポーターの周りにいた極真系の人)の静止も聞かず、またガンバサポーター側からの非難の声も無視した挑発行為は酷いものです。

 ただネットで流れているその後の両軍のサポーターによる乱闘には、行き違いという要素も有ったようです。ガンバサポーター側から来た人間にも、現場に駆けつけたセレッソサポーターの中にも、この騒動を止めようと行動していた存在が有ったそうなんです。

 しかしここで問題だったのは服装。ガンバ側から黒いシャツを着た集団が来れば、セレサポにすれば「援軍」ととられてもおかしくないわけですし、逆にセレッソのレプリカを着た人間をガンバサポーターが見つけても同じ反応をしたでしょう。双方が入り乱れての乱闘になったのにはそういう背景が有ったわけです。


 今後、私が注視しているのは、セレッソの球団としての自浄能力です。該当者の割り出しと処分、お詫び文の掲載。これらを出来るだけ早く行う。これが大人の企業としての責務では。


 
posted by 西中島南方 at 00:43 | Comment(11) | TrackBack(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。