head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

Sun 23 Oct 2005

広島1VS2C大阪 勝利の対価。

 勝つには勝った。球団新の7連勝。広島には6試合ぶりの勝利。しかもアキ、モリシのアベック弾。本来ならもっと喜んでいいはずの試合…。しかしチームの柱が二人も負傷したことで(しかも一つは明らかなレイトタックル)その喜びも半減してしまった。

 西澤、ゼ・カルロスの出場停止が明け、今の時点でのベストメンバーが揃った。

Field-2005-10-23-01.gif


 二人とも休養十分といった様子で、特にゼ・カルロスは野に放たれた猟犬が如く左サイドを疾走する。


 ところが先制は広島。前半早々の一本目のコーナーキックを森崎和幸にバックヘッドでそらされゴール。狙っていたのなら素晴らしいゴールだし、コースを変えようとしていただけだとしてもファインプレー。

 開始8分で追う立場になったセレッソに、さらに試練が待っていた。左サイドからペナルティエリアに侵入、グラウンダーのクロスを入れたゼ・カルロスにジニーニョがタックル、そのままゼ・カルロスが負傷退場してしまった。

 ジニーニョはこの後も西澤に体当たりを食らわせたりとダーティーなプレーを続け、しかも主審はそれにカード一枚出さなかった。

 チーム事情なり、個人の力量なり、疲労なり、弁解する余地が無いわけではない。しかしそれを二度三度と繰り返している選手に対しては普通に非難したい。

 セレッソで言えばブルーノやファビーニョ、前田、下村といった面々は、決して相手を「壊す」ようなプレーでボールを奪ったりしない。もちろんカードをもらう時も有る(下村に関してはあまりに意義申し立ての類が多いのが残念なのだけれど)、しかし最低限のスポーツマンシップを持ってプレーをしている。それが今日のジニーニョには感じられなかった。


 結局ゼ・カルロスの位置には徳重が緊急投入された。

Field-2005-10-23-02.gif


22min



 ここからの展開は一進一退。両者が意図したチーム戦術でゴールに迫る。

 広島は前田俊介と佐藤寿人のスピードで、前がかりになったセレッソの裏を狙う。二人とも単純にスピード勝負をするだけではなく、キチンとラインのギャップやサイドのスペースを突いていた為対処に非常に苦慮していた。リ・ハンジェのスルーパスを前田が受けて一対一の場面も有ったが、ここは吉田が落ち着いて対応。

 対するセレッソはいつものコツコツと長短のパスを繋ぎ、サイドを広く使う攻めが見られない。徳重の左サイドは古橋、柳本との関係作りに暫くの時間を要したし、何より久しぶりに先制点を許した事でチーム全体に焦りの色が見て取れた。広島がそれを見越した上で前の二人にある程度攻撃を任せて守備に人数をかけていたことも有り、苦戦する。それでもいくつかのチャンスを作って見せたのだから、驚く。


 そしてこの構図のまま終了するかと思われた前半ロスタイムに、広島が一番恐れていたであろうミスが生まれた。

 古橋が右サイドにまで回りこんでセンタリング、これを森島がヘッドであわせる。ところがこれはキーパー佐藤の守備範囲。

 普段どおりなら何気なくセーブされていたであろうこの場面、しかしこのJ初スタメンの若いゴールキーパーは、僅かにボールをジャッグルしてしまう。西澤が素早く詰めて同点に戻した。ファインゴールでのリードをミスでかき消された広島の焦りと、連勝を続けるセレッソの余裕が、精神的優位を逆転させる。


 後半のセレッソは全てが上手くいっていたわけではなかったが、前半のような焦燥感は無かった。キープすべきところはキープ、スペースを見つければそこにボールを回していく。守備も前半よりばたつかなくなった(それでも前田俊介は脅威で有り続けた。運動量を考えると交代は止む無しかも知れないが、下がった時は安堵した)


 そして後半20分に、この優位を決定付ける一撃が生まれる。ファビーニョの正確な右クロスがゴール前に、それにあわせたのは僅か168pの森島。180pオーバーの巨人達の間をすり抜け、ボールをゴール左隅に叩き込んだ。逆転。


 こうなるといつものパターン。堅実に、確実に相手の攻め手を読み、硬い守備陣を引く。ボールが保持できれば手数をかけずに速攻。時間稼ぎもしたたかに。


 ところがここでもさらにアクシデント。今度は守備の要人前田。相手との競り合いの際に左足を痛めてプレーが不可能な状態になった。画面で見る限りは痛みに顔を強張らせるなどという様子は見られなかったが、それが逆に不安。

 交代はベンチで唯一の守備的選手だった藤本。前回に続き本業ではないストッパーでの起用。しかも広島はガウボンら高さの有るプレーヤーを投入し、ロングボールと空中戦に活路を見出そうとしていただけに、試合がわからなくなってきた。

Field-2005-10-23-03.gif


73min


 結果論で言えば、勝ち慣れたセレッソのしたたかさが相手の攻撃を封じたのだが、前田→藤本の交代はその堅実さを僅かばかり下げていた。これは別に藤本が悪いわけではないのだが、強い個が抜けた穴をチームの総合力で補う限界が近づいているように感じたシーンだった。


 小林監督の最後の、そして唯一戦術的な交代は森島に代えて宮原。前線の活性化によって後の負担を軽減する狙いが有ったものと解釈している。

Field-2005-10-23-04.gif


82min


 宮原は急激にチームとフィットして来ている。試合毎に新しいコンビネーションやプレーが生まれてくる。もちろん押しも押されもせぬ主力というわけではないが、チームに欠かせない存在になりつつある。


 タイムアップの瞬間は、この乱戦のラストシーンとしてはあまりにもあっけないものだった。着実な試合運びが板についたセレッソなぞ去年の今頃は予想もつかなかったが、実際そこにいる彼等は実に手堅く試合をまとめ、相手を確実に封じている。今日のような試合でさえ、だ。

 これで首位とは勝ち点差5。次節の鹿島戦はガンバへの挑戦権を賭けた死闘になるだろう。しかしこの「当たり前の事を当たり前にこなす」姿勢が変わらなければ、リーグ戦制覇も十分に有り得る。ゼ・カルロスと前田の怪我の程度は心配だが、今はただ軽症であると信じたい。



posted by 西中島南方 at 23:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fri 21 Oct 2005

鹿島戦とイベントがバッティングしている件について。

 今日、入稿してきました。入金してきました。もう後には引けん是…。

サイは投げられた02.jpg


証拠画像(名刺と領収書と最近買った本)



 名刺片手に長居を駆け回りますよ、ええ。頑張ります。


 ところで最近になるまで私、


鹿島戦とイベントの日が同じだという事に

気付きませんでした。




 アホやね、アホや、ホンマもんのアホ。

 でもイベントは新大阪で11:00〜15:00、試合は長居で15:00〜、イベントはいつ抜けてもいいので二つとも参加出来ます。ああ良かった。


 予定としては11:00〜13:30までイベント。長居までは地下鉄1本、一時間もあれば着くでしょう。14:30からは長居で試合観戦。17:30くらいから「のりを」か「きてや」で祝杯をあげる予定ですよ。ええ、「祝杯」をね。


 とにかく10/30は忙しい一日になりそうです。



posted by 西中島南方 at 20:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thu 20 Oct 2005

原稿ソロタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

今朝、


ついについに、


最後の原稿到着。



 嬉しいと言うか、ホッとしたというか…。

 後はこれを編集して出力見本を作ってCD-Rに焼いて発注書書いて印刷所に納入するだけだ!!

 …。


まだ仕事いっぱいあるやん。orz



 でも印刷や製本の苦労を知っているから、その辺りもキッチリしておきたいんですよ。せっかく作っても発注でミスがあればイメージ通りの本は出来上がりませんからね。ずっと昔印刷所で働いていた事が有って、お客さんが適当な発注をしたばかりに変な本が出来てしまう、というところを何度も見てきたんで、不安なんですよ。


 例えばカラーインクって透過性が有るんですね。つまり下の色、紙の地の色が透けて見えちゃう。色見本だと鮮やかなグリーンに見えても、紙がクリーム色とかレモン色だと黄緑とか浅葱色になってしまう。まだ髪の毛とか服の部分とかならいいんですが顔の色が変だとしゃれにならない。

 しかしそう指定したのは間違いなくお客さんなわけで、イメージと違うんだろうなぁなんて思いながらも、私達はそのまま作るしかなかった。よく2ちゃんの同人板なんかで印刷所の悪口を目にするんですが、お客さんの知識不足が原因のトラブルも決して少なくないですよ。

 とかなんとか言っちゃってるわりにお客さんとして、しかもデジタルで入稿は初体験なんですよね。一応ホームページに書いてあるような最低限の処理はしているんですが、はてさて上手くいくかどうか…。怖いな〜。失敗したらウン万がパーか…。


 内容には自信が有りますよ。サプライズゲストの皆さんも凄いリキが入っているし、入りすぎて原稿多すぎてレイアウト変更連発するくらい!(涙 いやいや、これは嬉し涙。泣く泣くボツにした原稿も有ります、こちらは本当に悲しい涙。

 とにかく最初から最後までパンパンの、クドイぐらいの本になるはずです。重ねての宣伝になりますが初出は今月末、10月30日の関西コミティアです。もしよければいらしてくださいね。「西中島本舗」というサークル名です。11/3には試合の前後に名刺持って本持って長居の街を走ります。よろしく!



posted by 西中島南方 at 12:45 | Comment(2) | TrackBack(1) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wed 19 Oct 2005

ブログ個性化の時代?

 最近ブログの管理人さんが胸の内を吐露している記事が立て続けにエントリーされました。「サッカーのある幸せ」さんのこの記事を読んでいただけると判りやすいかなと。

 私がブログを始めた丁度1年前くらいから、新しいブログが沢山立ち上がりました。私も最初の頃はそうした他の方のブログに負けまいと、ひたすらひたすら記事を書きまくっていたわけですが、さすがに1年もやっていると、ちょっとした話題でも記事にするのはがっついているかなとか思うようになったり、ビッグニュースでも「他の人とは記事の主旨がかぶらないようにしよう」なんて注意してしまうようになりました(そういう考えの人は他にもいたりするので、丁度同時期に瓜二つのエントリーが並んでしまうなんて事もあるんですが)。

 それは「ブログをより良く見せたい」という欲求が「自分が感じた事をそのまま伝えたい」という立ち上げ当初の気持ちを上回ってしまっているからなのだとおもいます。それもまた「感じた事をそのまま伝えている」のかも知れませんが。


 時を同じくするようにサポティスタさんのタレコミ掲示板が一時閉鎖となりました。バッシングブログの存在が有ったりしたみたいですが、それを退けても最近は自分のサイトやブログのアピールの場になってしまっていたり、はたまた業者の宣伝が貼り付けられまくっていたりと、かなり荒れてしまいましたから、管理人さんの判断はやむをえないとは思います。ただあのページは多くの人が情報源として訪れていた事でしょうから、少し悔やまれる気もします。


 そういう内外の変化というのは、やっぱり私自身であったり、私が管理しているブログにも影響を及ぼしています。

 それが良い事なのか悪い事なのかは判りませんが、ここも含め、これから多くのブログがかなり偏向したエントリーを発表していくのではないでしょうか。「差別化」なんて言葉がよく使われていますが、共通の情報源を持たず(というと言いすぎか。「情報の共有率の低下」?変な言葉)、今まではわりと目立たなかった管理者の意思や環境がエントリーの内容に大きく影響するようになれば、おのずとそういう事になってしまうでしょう。


 この変化が良い方向に進めばより個性豊かなブログが沢山生まれてくるのでしょうが、誹謗中傷やバッシングで埋め尽くされた不快なブログや、無味乾燥でアフィリエイトがべたべた貼られただけのブログも沢山出てくるでしょう。「見なけりゃいい」といってもサーチエンジンの検索に引っ掛かる事もあるわけで、やっぱり捨て置けない話です。


 もう一年もすれば環境もより変化し、もう少し潮流がはっきり見えてくるのかも知れませんが、今はさしずめ「混乱状態」といったところですかね。



posted by 西中島南方 at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tue 18 Oct 2005

ゲスト原稿が揃ってきました。

 「さくらのきのしたで」でコラムを依頼していた方達の原稿がほぼ揃ってきました。何とか期日中に印刷所に入稿できそうです。


 ゲストの方達の原稿を校正したりレイアウトしたりしている時、ついつい読み込んだりしてしまうのですが、原稿を寄せていただいたどの方も、サッカーが好きで、セレッソが好きで、それを誇りに思っているのだということを、改めて実感させられました。

 よくサポーターの友人から「本を作るなんて大変だね」と言われることがあります。でもサポーターである限り、自分が出来る範囲でチームを応援していきたい、というのは当然の心理なわけで、イラストレーターだのフォトショップだのを(上手い下手は別にして)使うのが好きで、過去に同人誌の製作経験が有った私が、セレッソにできる貢献が、たまたま大変っぽく映ってしまうような分野であっただけなんですよ。

 私はアウェーにはあまり行けませんし、ダンマクをガンガン作ったり、大旗を振ったり、声を枯らしてコールを続けたりも出来ない、だから私は、そういったことが出来る人達のことをとても尊敬しています。

 今回はそういう方もゲストとして寄稿して頂いています。原稿は、やっぱり熱いものでした。行間からそういう熱意がにじみ出てきて、瞳を焦がす程でしたよ。


 またゲストの中には、仕事としてセレッソに接して頂いている方もいらっしゃるのですが(勘の鋭い方ならピンと来られているかも知れませんね)、その方も上辺ではなく、本当に心底セレッソというチームを愛し、頑張っていらっしゃるのだということを、原稿を拝読し、再確認させて頂きました。


 そうしたいろんな人の熱意が、チームを支えていると実感出来た。それは私にとって、とても素晴らしい体験でした。そうした感覚を僅かでも、この本を通じて感じていただければ幸いなのですが…。

「さくらのさくころに」完成までもう少しお待ちください。



posted by 西中島南方 at 13:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sun 16 Oct 2005

フクアリ綺麗だなー。

 まあ当然テレビ観戦だったわけですが(笑 いいスタジアムが出来ましたね。屋根も大きい、ピッチとスタンドまでの距離、角度も申し分なし、屋根つきスタジアムに有りがちな芝枯れも無く、むしろ青々としていた(雨のせいもあったでしょうが、多分屋根とスタンドの間、一階席と二階席の間に風が通る空間があるのが要因なのでは)。これでスッキリ勝てればジェフサポも大満足だったのでしょうが。


 オシム監督は談話

「すごく多くの記者の方が来ていますが、何をしに来たんですか?スタジアムを見に来たのか、試合を見に来たのか。」


 なんてコメントを残していますが、カシマスタジアムの例を挙げるまでも無く「いいスタジアムがサポーターを呼び、育む」と思っている私としては、よそのチームのこととはいえ、こんな素敵なスタジアムが生まれたのが嬉しいのです。


 関西のスタジアム事情は、正直言ってあんまり良くないですよね。ウイングは専用だけれど芝の状態に問題が有るし、他の3球団は陸上競技場だし…。万博はサイドスタンドを改築するよりトラックに仮設席を設けた方が距離も近くなるし良いように思うんですが、どうなんでしょ?(国内では例がないですが、外国ではそういうところも有るみたいです)

 まあガンバは高槻、サンガは城陽に専用スタジアムの計画が有るらしいので、そこに期待しています。ガンバにはスタ(ハード)だけではなく運営(ソフト)も頑張っていただきたいですけれどね。極真のガードマン増やすとかじゃなくて…。


posted by 西中島南方 at 20:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | スタジアム、施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sat 15 Oct 2005

今日はお留守番。

 今日は仕事です。雨もふっとりやす。風邪が治ったら一緒に行こうねと言っていた娘の微熱もひかず、私も朝から腰痛です。つまりその、試合観に行けません(涙


 大宮戦は不思議と縁が無くって、J2時代も観てないんですよね。今年も観られずじまいか…。


 布部は下村の穴を埋めてくれるのか。

 酒本くんは左サイドでどう生きるのか。

 久しぶりの黒部スタメン。

 チーム史上初の6連勝はなるのか。


 ああっ!見所が一杯有るじゃないか!!観たいぞ!早退していいっすか!?

 なんてな、言えるわけない…。とりあえずJ's GOALとにらめっこです。

 
posted by 西中島南方 at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fri 14 Oct 2005

茨の道だよ天皇杯。

 トーナメント表でましたね。普通にキツイ道のりのような…。というかセレッソがあまり相手にしたくない相手が続くというかなんというか…。もっと押せば口から毒っ気がダラダラと出てくるんですが、やめ。そもそも




 一つ一つ大事に勝ち上がらないとね。「ピークは決勝に」なんてぬるい考えは、やめ。

 まずしょっぱなはHONDA FC、古橋の古巣ですね、ちゃんとホームページまである、しかもカッコイイ。「次の試合まで」のカウントダウンなんかいいアイディア。去年のザスパより強そうな感じがするのはネガティブな思考のせいなのか。

 それに勝ったとしても順当に来れば次は千葉戦ですわ。しかも会場鳥取ですわ。遠いっちゅうねん。どないやっちゅうねん。


 そして、


 そしてそして、


 それに勝ち上がれれば次は。



柏戦。



 え?違う?



神戸?




 えーっ。



まさか横浜FC?




うん?見えんな〜。

私には他のチームなぞ見えませんな〜。



 うそうそ、こんなん書いとったらまたサポティスタに書き込まれるっちゅうねん。

 いい加減食傷気味ですが、やっぱりダービーしたいですよ。選手のやる気も違うでしょ。

 ところでこちらのブログの方がおっしゃっておられますが、そうなった時の長居ってホームになるの?アウェーになるの?むー。



posted by 西中島南方 at 12:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thu 13 Oct 2005

東欧遠征まとめ。

 最近の代表の国内戦はどうも興業的な色が濃くなって、ショーを見ているような感覚に襲われる事がある。そこにいるのは調整不足のまま乗り込んできた欧州組と、彼ら有名選手見たさに足を運んだ「観客」だけ。そこに熱い熱気をほとばしらせる「サポーター」の姿は少ない。試合の内容も、そんなぬるま湯のような空気に流されてしまうのか、あまり良いとはいえない。

 ただアウェーの地で行われる試合は、例え相手が格落ちであっても、観客が少なくても、そして協会に落ちてくるお金が少なくても、価値があるものだと思っている。結果としては物足りないというか、消化不良の二試合であったけれど、それなりに収穫はあったと思う。


 中盤では松井が「黄金の中盤」にひけをとらない働きをした。彼の動きは他のどのMFよりも独特で、アクセントとしてだけでなくスターターとしても十二分に働けるということをアピールした。サイドに流れる動きやちょっとしたリズムの「転調」で相手を切り裂く姿を見ていると、アテネ世代も捨てたものではないと思わせた。

 また中田、中村を中心とした今までの中盤もかなり成熟してきている。攻撃もさることながら守備においても献身的な動きを見せた。今回の二試合は共にダイヤモンド型を採用していたが、今の中盤であるならばどのタイプの組み合わせでもある程度機能するだろう。ラトビア戦で見せたほころびを修正すべくバックラインと密にコミュニケーションをとる中田の姿を見て、少し安心した自分がいた。


 「通用しない」のが確認できた。というのもやや悪い表現かも知れないが、収穫には違いない。4バックにすると、やはり両サイドのバランスが悪い。特に三都主のところを狙われると辛い。ウクライナ戦では相手の攻撃の基点が右サイドバックだった事も有って、それがより顕著に現れた。では4バックの左サイドは誰が適任なのか、と聞かれてもなかなか答えに窮するのだけれど、やはり左から崩されると怖い。


 嘉人は、この2試合で「不合格」の烙印を押されてしまったのだろうか。ラトビア戦はともかく、ロスタイムに放り込まれたウクライナ戦は評価のしようが無い。せめて45分は見られないものなのだろうか。他のFW陣と比べて、あまりにも時間が短すぎた。


 最後に今回一番の収穫を。やはり「審判」に触れずにはいられないだろう。あからさまに悪意の有った(日本人なら普通にそう感じられるだろう)ウクライナ戦の審判でも、主審は主審であり、ピッチ上での裁定は絶対なのだ。中田浩二の退場、箕輪のPK等は「不可抗力」と言えなくも無いが、頭の片隅にでも審判の傾向を置いていれば、もう少し前の段階で悲劇を防げたかも知れない。そういう試合がW杯でも有るという可能性は、02年の韓国の「怪」進撃で証明済みなわけだから、そこまでケアが出来るチームを06年までに仕上げていってほしい。



posted by 西中島南方 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wed 12 Oct 2005

本当にラストだよ!!

 オールスターは見てないです、丁度娘の運動会だったので。終わって帰宅したのが丁度後半開始直後だったのですが、「森島に代わって…」というアナウンスを聞いてテレビ消しました。絶対後半から出てくると思っていたのに…。


 ラトビア戦は、しっかり見ました。最後の方は見たくなかったですが。見たかったモリシが見れなくて、見たくないお粗末な失点シーンだけ見てしまうのは日頃の行いが悪いからなのか?どうなんだ?

 もしロスタイムの中田浩二のバックパスが無かったら、なんて仮定はしない方がいいかなというのが個人的感想。もし精神状態、肉体の疲労度、メンバーが同じなら何度やっても中田浩二は同じパスをするでしょう(それにしても中田浩二は時々凄い事するなぁ)。

 改善しなければいけないのはメンタリティなんだと思いますよ。あの時に冷静さを保つようお互いが意思疎通していれば、せめてそれが率先して出来るプレーヤーが守備陣の中にいれば、ボールホルダーはしっかりキープ、周りは少なくとも二つパスコースを作る為に動く、なんてごく基本的な事が出来ないなんて状況にはならなかった。そういう意味では宮本の存在は大きいのかな。


 攻撃に関しては嘉人に期待していたのですが、空回りしていましたね。飛び出しで一つ良い所が有りましたけれど(結局ハンドの判定になりましたが)それ以外はちょっと辛いシーンが多かった。

 例えば入ってきた時のシチュエーションを考えれば、嘉人に与えられた役割は運動量の落ちた中盤のカバーとドリブル突破や飛び出しによる相手守備陣の撹乱、押し下げだったはずで、もう少し下がってみたり、サイドでポイントを作ったり、プレスに参加してもよかった。でも結果を求めるあまり前に前に行ってしまい、ボールを貰う機会が激減した。共に遠征に参加している松井が中盤に新しいバリエーションを加えたのとは対照的でした。


 それだけに、今日のウクライナ戦には期待しています。ラトビアよりも格上だけに、もう少し押し込まれる時間が増えるでしょうが、それはつまり相手の背後にスペースが生まれる可能性が有るという事。嘉人も心に期すものが有るでしょうし、このままで終わってほしくないですからね。


追記

 あと個人的には解説と実況にももう少し頑張ってほしいですね。お義父さん(サッカーはあまり興味なし)が「ウワーとかばっかりで全然様子がわからんがな」と申しておりました。



posted by 西中島南方 at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする