head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

05/27/05

これが私達の選んだ道だから。

 日本0-1ペルー、日本0-1UAE。この二試合ではずみをつけてバーレーンに向かうはずだったジーコジャパンの算段は完全に狂ってしまった。二連敗。しかも無得点。おまけに両試合とも課題に挙げていたカウンターからの失点。ここまで何もかも裏目に出ると言葉も出ない。


 大黒には本当に感謝しなくてはいけない。柳の下といってもそうそうドジョウは隠れていないという事を身を持って教えてくれた。

 動き出しのうまさ、速さは特筆すべきものが有ったが、プレーの精度が悪く、ゴールの匂いを感じたシーンは後半の一度きりだった。シンデレラボーイも時計の針が回ってしまえば魔法がとけてしまうのだろうか。


 コンビを組んだ鈴木はボールに絡めずあまり見せ場が無かった。途中交代の玉田や本山はスピードで突破を図ったが打開策にはならず、高原に至っては怪我でベンチにも入れない。FWは壊滅状態といっていい。

 だからと言って怪我明けの久保をいきなり使うなんて事はあまりお奨めできないし、ましてマジョルカに情けを請う電話を入れるなんてのもみっともない話だと思うが、さてどうするのか。


 DFも不安定。坪井の不振が目立つが、それに至るまでの守備の連携が不味いから最終ラインにシワ寄せがいくのであって、こちらについては個人のバッシングはしない方がいい。小野が攻撃でいい動きをしている分バランスの悪さに目をつぶらざるを得なかった部分も有った。

 それにしても、ペルー戦ではテストした三浦淳のウラを使われ、今回も小野のウラを突かれている。これは偶然だろうか。私は多分必然だと感じているのだけれど。


 今の日本代表は、音楽でいうとジャズに近い。決まった譜面が無く、お互いの即興で生まれる意外性だとか、個々のテクニックがキーになる。小野が入っただけでリズムが良くなったというコメントが聞かれた事、中澤が抜けただけで守備があれだけバタバタするようになった事が何よりの証明だと思っている。

 これを解決するには、きっちりとした「日本代表」という曲の譜面を監督が用意するか、素晴らしいセッションが出来るだけのメンバーを揃えるか。ただ譜面を用意する時間などもう残ってはいない。メンバーを揃え、軽い音合わせをするのが精一杯だろう。


 この状況を批難したり、怒ったり、ましてブーイングをするなんて辞めておいたほうがいい。代表をこの状態にしたのはジーコや代表のスタッフ達かも知れないが、それを黙認したのは私達なのだから。

 北朝鮮戦を見ても結果オーライで大黒をヒーロー扱い。バーレーン戦ではオウンゴールの1点に歓喜した。そのツケが今になってやって来ただけの話。サポーターに残されたことと言ったら、それこそ祈るぐらいのことだろう。





posted by 西中島南方 at 22:05 | Comment(2) | TrackBack(4) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セレッソの本が作りたい!!

 桜舞うころさんのところでも書かれていますが、今日はセレッソとセレサポにとって特別な日です。あの日の事は意外と覚えています。

 ちりめん亭西田辺店でラーメンを食べ、ホーム側A席のメインよりにかろうじて席を見つけ、選手が練習の為にピッチに姿をあらわした時の拍手に驚き、アキのスーパーゴールに絶叫し、そして…。

 試合が終わった時から暫く、私は動けませんでした。というか、席をたちたくなかった。だって「席をたつ」時って「試合が終わったと自分が認めた時」じゃないですか。だから、たちたくなかった。


 あれからいろいろな事が有りましたけれど、相変わらずセレサポを続けています。


 ここから、今日の本題。

 ご存知の方も多いかと思いますが、私はマンガも描きます。文章も書きます。それを本にして、即売会で売ったりしています。いわゆる同人描きです。

 今までは同人誌を取り巻く環境をテーマにして本を作っていたのですが、そろそろサッカー関係、セレッソ関係の本も作りたいなと思っています。

 ターゲットは「今までサッカーを生観戦した事が無い人」、コンセプトは「初心者にも優しいセレッソ観戦ガイドブック」にする予定です。

 サッカーの試合っていつ、どこでやっているの?とか、どこの席が観やすいの?とか、誰がすごい人?みたいな、本当に何も知らない人に向けたガイドが作りたいなと。

 「判る人だけ笑ってください」的な本も作れるんでしょうけれど、どうせ作るのなら観客動員に貢献したいじゃないですか。


 次のコミティアというイベントに出すので、多分10月中旬が締め切りです。中綴じ本(ホチキスでとめる本)なので多分36ページが限界ですが、出来るだけ中身の濃い本にする予定です。


 それから、出来るならこの本作りを、私一人ではなく沢山の人でしていきたいと考えています。肩肘はったものでなくても結構。何かしらの文章を寄稿して頂いても有り難いですし、「こういう企画はどう?」というご意見も大歓迎です。もし我こそは、という方がいらっしゃいましたら、是非メール下さい。

 また原稿の進捗状況はちょくちょくここに書きますので、いつでもご参加下さい。


posted by 西中島南方 at 13:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。