head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

05/11/05

killerbees

 阿倍野の駅に着くと大阪市職員募集のポスターが。起用されているのはモリシとフル。早速一枚パシャリ。

050511_190005.jpg


 でも家に帰って2ちゃん見たらもう紹介されてました。ちとガッカリ。

 ガッカリといえばもう一つ。折角構図が3トップなのに、真ん中がロボットってどういうことだ(怒 ここは当たり前にアキが入るだろうが!!それともあれかな「アキの代わりはロボットぐらいタフじゃないと務まりませんぜ」ということかな。


 ただこのポスター作った人はちょっとはサッカー観てるんでしょうね。労を惜しまずピッチを駆け回る二人は、最近イメージダウンの激しい大阪市の汚名返上にうってつけのキャラクターですよ。モリシみたいな人区役所の窓口に普通にいそうだし。

 思えばセレッソが好調な時って必ずこういう「働き蜂」役のプレーヤーがいますよね。しかも一人二人とかじゃなくてもっとたくさん。

 ファンセが得点王になった99年、優勝争いをした00年にはモリシ、ノさん、マサ、田坂さん、眞中さんがいました。「身体能力はあまり無いけれどスタミナが有って泥臭い仕事を黙々とこなせる選手」セレサポが一番好きなタイプの選手が余るほどいた。


 今年もそういう「働き蜂」がたくさんいますよね。粒はあまり大きくないですが、モリシ、フル、ヨネ、ノンピ、シャケ、徳さんと選り取りみどり。特にヨネがスーパーサブ化しているのは嬉しい。それに加えて「体がでかい上にスタミナが有って泥臭い仕事を黙々とこなせる」前田やトミーといった「新種」まで現れだした。

 こういった「働き蜂」達が、格上の相手にきつい一撃を与える瞬間がたまらなくいい。このシチュエーションが好きでセレサポやってる人もいるんじゃないかな。


 お昼の記事でも紹介しましたが、某監督は「格の違いを見せ付けてやろう」と息巻いているそうです。あんまりセレッソのことよく判ってないなあ、判られてもいやだけれど。

 セレッソは相手が強ければ強いほど燃えるチームなんですよ。慢心している連中には、チクリと一撃加えてやりましょう。





posted by 西中島南方 at 20:40 | Comment(6) | TrackBack(2) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛り上げ企画その3。燃料多すぎです。

 試合は土曜日だっていうのにもういろんなニュースやらコメントやらが出まくっていてどうやってまとめようか迷うくらいです。


 まずは監督同士の舌戦から。爽やかな笑顔で気に入らない人間を飼い殺し、放逐、洗脳する事にかけてはワールドクラスの某監督が次節の試合に向けてこんな事を申しております。

日刊スポーツなにわWEB

西野ガンバ猛ゲキ「力関係見せつけろ」

 決着をつけろ! G大阪西野朗監督(50)が10日、14日の大阪ダービーC大阪戦に向け、練習前の円陣で猛ゲキを飛ばした。 「力関係をはっきり見せつけろ」と大阪の盟主としてのプライドを鼓舞した。攻めの西野、守りの小林とチームカラーそのままに両監督の舌戦も火ブタが切られた。

 同じ1勝でも大阪のライバル相手なら重みも違う。G大阪西野監督は10日、ダービーマッチに向けて選手に猛烈なハッパをかけた。

 「シーズンの34分の1とはいえ、やっぱりダービーは違う意識でこだわらなきゃいけない。力関係をはっきり見せつけようじゃないか!。この1週間、やつらよりいい準備をしよう」

 順位は1つ上(6位)に立つG大阪だが、チーム力でも負けないプライドがある。西野G大阪としてリーグ戦は3勝1敗。第2Sは7−1で粉砕するなど昨季の年間3位が、ギリギリでJ1残留した相手にやられるわけにはいかない。早くも先週「ガツンといわしてやるよ」と舌戦を仕掛けた指揮官は、前節名古屋に快勝した勢いでサクラ軍団を蹴散らしにいく。

 某監督の発言には腹立たしい部分も有りますが、過去ダービーで好成績を残した吉原選手を飼い殺し中なんで正直言ってありがとうございますって感じです。さすが50にもなってディシプリンも築けないような監督だけのことはある。そら味方サポからも嫌われますわな。

 さらに小林監督からお返事が届きました。

小林セレッソ余裕「調子いいんだもん」

 14日の大阪ダービー、ホーム長居でG大阪を迎え撃つC大阪小林伸二監督(44)は「調子に乗るなって言われたって、調子いいんだも〜ん」と余裕? の構え。攻めの西野、守りの小林とチームカラーそのままに両監督の舌戦も火ブタが切られた。

 C大阪小林監督は、独特の言い回しでG大阪西野監督に応戦した。「調子に乗ってるんじゃないよ」と西野監督が発言したことに対し、10日の練習後に「調子になんか乗っていないですよ。だって本当にチームの調子がいいんやもん。仕方ないやん」とニヤリ。チームは現在クラブ史上初の8戦不敗と好調なため、舌戦にも冷静さを装う形で相手をおちょくった。

 コバさんテンパっている時もわけわからんこと言いますけれど、調子良いともっとわけわからんです。

 まあ両監督ともこうやって自らを追い込む事でチームの勝利に対する姿勢というものを示したいという狙いが有るんでしょう。いや、そうあってほしい。さもないと単なる子供同士の口ゲンカにしか見えないから。


 もう一つニュース。3万人のガンバサポーター御一行様の為に席割りを変更いたしましたよ。

CEREZO OFFICIAL

大阪ダービーでのAアウェイ自由席のエリアについて

5月14日(土)15時キックオフ(11時開門予定)の対ガンバ大阪戦におきまして、「Aホーム自由席」と「Aアウェイ自由席」のチケット販売状況から、「Aアウェイ自由席」のエリアを以下の通りに変更いたします。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
なお、ゴール裏スタンドにおけるアウェイチームを応援する横断幕などの掲示も、このエリアのみとなります。あわせてご理解・ご了承くださいますようお願いいたします。


 で、変更された座席というのがこちら。

05derby_a.jpg


うわっ、せまっ!!


 セレサポの私ですら狭いと思う席割りですよこれは。もう一列くらい広くても良いような。まあ気に入らなければS自由席買ってアウェー側に陣取ればいい話なんですが、まさかチケット代をケチったり、あまつさえ「突破」などとかこつけて無銭入場なんて無粋でおバカな事はしないですよね。


 真面目に話をするのであれば、この席割りは去年の万博でのダービーの報復みたいな意味も有ると思います。チケットがすごく売れているらしいですから100%そうとは言えませんけれど。

 万博での席割りはその前の長居でのダービーでの席割りの報復らしいと聞きましたけれど、去年はどのチームが来てもああいう席割りだったんですよ。浦和が来た時はさすがに1、2列広げましたけれど、それ以外はだいたい同じ。

 それを「嫌がらせ」と誤解されたのは悲しかったですね。スタンドがすし詰め状態になっていて「狭いぞコラ!」ってなっていたなら話は違ってくるんですが、空席も有ったようですし。

 だから個人的には、来年のダービーのアウェー席は通常通りでやってほしい。そういうのが大人の対応だと思うんですよ。確かにダービーは特別ですが、むしろそうだからこそ、こういうところは紳士的に振舞うべきでしょう。



posted by 西中島南方 at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。