head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

05/08/05

ヨネゴール。

 OFFICIALに載っている試合速報だと「くそっ勝ちきれなかったぜ!」となるのだけれど、清水のOFFICIALを見ると「うわ〜、よく引き分けたよ」という気持ちになる。何はともあれ守備の堅いチームに対して点がとれた事、負けなかった事は悪くないでしょ。

J's GOAL 小林監督のコメント

J's GOAL 長谷川監督のコメント

J's GOAL 両チーム選手のコメント

 両監督のコメントを見合わせると、フィニッシュの精度が悪かったり、凡ミスが多かったりしたみたいです。さすがに4連戦の4戦目ともなるとそうなるでしょう。


 小林監督のコメントに

久藤もいちばん疲れている選手なので、思い切って古橋を下げて、カードを2枚代えた。そういうところがうまく機能してくれたと思う。


 とあるので、後半の米山、黒部投入時に古橋はボランチにまわったみたいです。古橋のコメント。

(ボランチは)ふだんはやったことがないけど、チームが勝つためにはやるしかないと思ってやった。


 ぶっつけ本番だったのか。怖いな。


 他には下村のコメントの

 (同点ゴールの起点になったパスは)狙った通り。僕が持ったら走るから出してという話をハーフタイムに廣さん(廣山)としていたので、あそこから得点が生まれてすごくうれしかった。


 というのが目をひきました。一人でプレーしている様子だった廣山もだんだん連携がとれだしたみたいなんで。廣山と米山に下村が絡むといい感じになるだろうな。


 速報だとニッカンスポーツしか記事がありません。

C大阪サブの活躍で8試合負けなし/J1
<J1:清水1−1C大阪>◇第11節◇8日◇日本平

 C大阪は交代選手の活躍で引き分けに持ち込み、8試合負けなし。後半27分に交代出場し、直後に同点ゴールを挙げた米山は「状況や時間帯で難しさはあるけれど、負けていない流れを止めたくなかった」と胸を張った。

 後半から出場した広山のクロスをGKがはじくと、このボールを奪ってDFをかわし、つま先でゴール右にけり込んだ。派手ではないが貴重な得点に「どんな形でも入ればいい」と喜んでいた。


 ヨネ今期初ゴールが貴重な同点弾になりました。二重の喜び。


 ともかくこれでダービーまで暫く休息をとることが出来ます。勝てば2日、負ければ1日オフだったらしいですがドローの時はどうする取り決めなんでしょうか?





posted by 西中島南方 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛される人、愛されない人。

 ダービー前に相手の粗探しというわけではないが、吉原の話題は触れずにはおられない。ただ問題自体に関してはガンバサポの方達の方がずっと詳しいだろうし、切り口を変えてコラムを書いてみたい。


 昨日6日は千葉オシム監督の64回目の誕生日だった。チームスタッフはもちろん、取材に来ていた記者や、練習を見学していたサポーター20人まで、いつもは入れない監督室に招いてケーキなどを振舞ったらしい。ニッカンスポーツに詳しい記事と写真が掲載されている。オシム老の子供のように愛らしい笑顔が印象的だ。


 「名将」の誉れ高いオシム監督ではあるが、ジェフ千葉の監督となってからタイトルを獲得しているわけではない。それでもオシム監督に対する評価は揺ぎ無い。

 西野監督とてけして凡庸な指揮者ではない。99年には柏を率いてナビスコカップを獲得している。後一歩及ばないものの、リーグ戦では何度も優勝争いをしている。経歴だけを見ればむしろ良い監督の部類に入る人物。それでもそれに見合うだけの評価を得られないでいる。

 もちろん今回のように特定の選手を冷遇したり放逐する事も評価を下げる一因だろうが、これに関しては弁護される余地はある。吉原は以前から練習態度に問題があったようだし。


 オシムと西野、二人を分けているのは監督としての力量とは別のもの、本来監督業とは関係の薄い人間性とか、そういったもののように思う。


 私事になってしまうが、私も以前「結果だけは残す」上司に当たった事がある。確かに会社としての利益は出るのだが、極端なストレスで同僚同士のコミュニケーションは非常にギスギスしていて、その雰囲気に嫌気がさしてリタイアするものが続出した。

「俺のやり方についていけない奴はどこに行ってもだめ」

 辞職届を受け取るたびに、その上司はそんな事を言っていたが、今でも各人がそれぞれの分野でそれなりに活躍している。私一人を除けば。


 チーム成績は確かに一番大事な要素では有るが、それに固執するあまり選手に過度のストレスを与えてはいないだろうか。日本人監督は特に自身のフィロソフィーに選手を押し込む傾向が有る。それがエゴと呼ばれるほどに肥大化してはいないだろうか。64歳の老将の方が思考が柔軟かもしれないというのはなんとなく寂しい。



posted by 西中島南方 at 11:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。